HOME > 宮崎興治の日常

宮崎興治の日常

文化祭に行ってきた!(その3)


(前回のつづき)


生徒たちの演奏を聴き終わって、

体育館から出たときに

「あ、宮崎先生」

と声をかけられた。

その人が、

な、な、なんと!!!













北高の校長先生!!




実は、

今の北高の校長先生とは

何度かお会いしたことがあり、

本当に素晴らしい先生だと私は思っている。

なんというか、

器がとても大きいのだ。



5分ほどの立ち話だったのだけど、

話した内容が素敵だった。

何を一緒に話したかというと、


『もっと生徒たちを伸ばすには』


ということ。


一般的に、

学校は塾のことを嫌がり、

塾は学校のことを嫌がる傾向にある。

ただ、

これっておかしなことだと思う。

だって、

「生徒たちを育てる」

という目的は

学校も塾も同じなんだからね。


同じ目的をもっているのに、

それぞれの足を引っ張り合うのは

とてももったいないことだと思うのだ。


家庭も、学校も、塾も、

役割はそれぞれ違うけど、

目的はみんな一緒。

子供たちに幸せな人生を歩んでほしい

ということ。

それぞれの立場で

助け合いながら

一緒に進むのが理想だと思う。


そ・こ・で!

さきほどの校長先生に話を戻すけど、

塾の経営者である私に、

どうすればもっと生徒たちを伸ばせるか

ということを真剣に話してくださるのだ。

一緒に生徒たちを伸ばしていきましょう、と。

まさに理想だ。

ほんと、器がものすごく大きい。


具体的な内容はここでは書けないけど、

「〇〇していきましょう!」

ということで話がまとまった。



前回、校長先生とお会いしたのは

半年前のセンター試験の会場でだった。

そのときも、

「一緒にもっと話を詰めていきましょう」

ということを

一緒にお話させていただいた。


あれ、

なんか文化祭のことを書いていたのに、

全然違う方向に話しが行ってしまった(笑)。



これからも

北高さんと共に、

生徒たちをハッピーにしていければと思う。

校長先生、ありがとうございました!


そして生徒のみんな、

文化祭おつかれさまでした!!



文化祭に行ってきた!(その2)


(前回のつづき)


北高の文化祭2日目は一般公開の日。

朝10時30分に北高の正門前で、

阪田先生ご一家と待ち合わせて、

みんなで文化祭を回った!


1年生、2年生のクラス展示や出し物、

部活の展示など

ぜんぶ回ったのだけど、

よくがんばっているなーと純粋に思った。

プラネタリウムなんて、

手作りとは思えないクオリティだった!


一番嬉しかったのは、

保護者の方や生徒たちが

たくさん声をかけてくれたことだ。


「〇〇の母です、いつもお世話になっています」

「せんせー、来てくれたんですねー!」

など、

ほんと、

50歩進むと声をかけてもらえる感じで、

ありがたかった(^^)


体育館では、

音楽部がバンド演奏していたり、

有志の生徒たちがピアノや歌を披露していたので、

少しだけ行ってきた。

(ここで阪田先生ご一家とはお別れした)

私も北高時代に音楽部だったので、

後輩たちが一生懸命演奏しているのを聞いて、

とても懐かしい感じがした。

まぁ、私は下手下手だったんだけどね(笑)。


あと、有志の演奏で、

宮崎塾の生徒が2人出て

バイオリンとピアノを演奏していたんだけど、

めっちゃ上手くてびびった!

なんか、

2人とも演奏しながら体が自然に揺れていて、

プロの雰囲気が出ていた!

演奏しながら体揺らすのって、

プロっぽくていいよね( ̄▽ ̄)

今度、数学の授業をしながら

体を揺らしてみようかなぁ。

「はーい、ここ、テストに出るよ~(ゆさゆさ)」

みたいな。

きもいか(笑)。


そして、

2人の演奏を聴き終わって、

体育館から出たときに

「あ、宮崎先生」

と声をかけられた。

その人が、

な、な、なんと!!!


(つづく)



文化祭に行ってきた!


昨日、今日と北高の文化祭があったのだけど、

なんとなんと、

私は2日間とも行ってきた!!

皆勤賞ですよ♪


北高の文化祭↓↓↓




1日目は内部公開で

保護者の方しか入場できない日だったけど、

私は北高の卒業生なので

入ることができたのであーる( ̄▽ ̄)


なんで1日目に行ったかというと、

高3の「Show Time」という出し物が

1組から6組まで

全クラスやるからだ。

(2日目は上位2クラスしかやらない)



せっかく一生懸命準備してきたのだから、

全クラス見てあげたい!

そう思って

1日目にも行ったわけ。


「Show Time」を観た感想は、

『おーもしろいーー!!!!』

だ!

構成もセリフもしっかり考えられていて、

笑いやダンスもしっかり練習されていて、

クオリティが高かった!

(なんか感想が審査員みたいだな( ̄▽ ̄))


あと、

普段、塾では見ることができない

生徒たちの表情がたくさん見れて、

純粋に嬉しかった♪


そして、

全クラス分の「Show Time」を

ビデオカメラで録画した!


録画した理由は、

塾で上映会をするためね。

当たり前だけど、

高3の生徒たちは

自分が演じているところを自分で見れない。

一生懸命やってきたんだから、

自分で見たいじゃん。


だから、

塾の電子黒板で

高3の生徒たちのためだけの

一夜限りの上映会を行う。

上映会は毎年やっているんだけど、

これが超盛り上がる!!

一緒に舞台に立った

友達同士で見るから、

お互いに突っ込みまくるわけ(笑)。


勉強ももちろん大切だけど、

楽しいこともあった方がいい。

普段がんばっている分、

40分だけみんなで

存分に楽しんでほしい♪


さて、

文化祭の2日目は一般公開の日。

北高の長い歴史の中で

文化祭の一般公開はなかったから、

この改革は本当にすごいと思う。


2日目のことは、、、

また次回書くねー。

(つづく)




阪田先生への感想~その3~


(前回のつづき)


では、

「阪田先生への感想その3」

8人分をご覧くださーい♪
















以上、高1全員、26人分の感想。

この感想を見てもらえればわかる通り、

阪田先生の授業はおもしろい!



目の前のテストの点数を取ったり、

志望大学に合格したり、

もちろんそれは大切なことなんだけど、

「勉強っておもしろい!」

そんな風に思って、

一生勉強を続ける人になってもらいたい。


大学生になっても、

大人になっても、

勉強をするのが楽しくて

勝手に勉強をできていれば、

そりゃ、何をやってもうまくいくよね。

むしろ、

大人になってからの勉強の方が、

競争相手が少ないから、

うまくいきやすい。



私は生徒たちの幸せを願っている。

それは一時的なものではなく、

卒業してからもずっとだ。

そのために宮崎塾を作った。



阪田先生は、

その根幹である

「勉強っておもしろい!」

を伝えることができる

素晴らしい先生だ。


これからも

阪田先生と一緒に

素敵な塾にしていきたい!



高1のみんな、

たくさん感想を書いてくれてありがとね!

ほんと、感謝です(^^)



阪田先生への感想~その2~


(前回のつづき)


では、

「阪田先生への感想その2」

10人分をご覧くださーい♪



阪田先生への感想↓↓↓
















(次回へつづく)



阪田先生への感想~その1~


阪田先生が宮崎塾に来てくれて約2カ月。

同じように、

新高1の生徒たちが

宮崎塾に来てくれて約2カ月が経った。


新高1について、

私は春期講習の数学を教えただけで、

あとはスーパー講師・阪田先生に

英語も数学も教えてもらっている。


まぁ、とはいえ、

毎日の英語の音読は

私も高1の生徒たちをみているし、

数学の質問にも答えているので、

阪田先生がメイン、

私がサブという形で、

高1を育てている感じだ。


高1の生徒たちが

だいぶ塾に慣れてきたようなので、

宮崎塾の宝・阪田先生への

感想を書いてもらった!


高1の生徒26人分、

全員の感想を見てもらいたいので、

3回に分けてお届けしようと思う!


では、

「阪田先生への感想その1」

8人分をご覧くださーい♪



阪田先生への感想↓↓↓











(次回へつづく)



7年越しの報告!


私が宮崎塾を作った最初の年に、

つまり、約7年前に、

ある高校の校長先生から電話がかかってきた。

確か、9月の最初だったと思う。


その内容は、

「急きょ数学の先生が必要になったので、

 半年だけでもいいから高校で数学を教えてほしい」

というものだった。


宮崎塾を作ったばかりで超絶忙しかったので、

お断りをしようと思っていたのだけど、

結果的に引き受けることにした。


理由はいくつかあって、

その校長先生が、私の高校時代の国語の先生だったこと。

学校の授業の時間割を組み替えて、

私の授業を午前中だけに集中してくれたこと。

その校長先生が、

「生徒たちが本当に困っているから、どうか助けてあげてほしい」

と生徒たちのことを想ってのお願いだったこと。




もちろん1限目からの授業もあったので、

深夜2時、3時くらいに寝て、

朝6時くらいに起きる

というようなことも多々あった。


担当は高校1年生1クラスの数学。

確か週6コマ?

最初の授業に入る前に、

そのクラス全員分の模試結果を確認させてもらったのだけど、

まぁ、、、勉強面はだいぶしんどい感じだった。


ただ、授業をしてみると、

みんないい生徒たちばかり!

活発で素直な感じで、

私がギャグを言ったら

ちゃんと笑ってくれるわけ(笑)。


半年間、全力で数学を教えた。


定期テストで高得点を取ってくれたり、

模試の偏差値が伸びたり、

勉強が好きになってくれたりと、

スタートがしんどかったクラスだった分、

急激に伸びていく生徒たちがたくさんいた。


ただ、さすがに

午前中に学校の仕事をし、

午後から深夜まで塾の仕事をする、

という生活には無理があったので、

半年間でその学校の仕事は辞めさせてもらった。


そして約7年が経ち、

なんと昨日、

そのときの学校の生徒が来てくれたのだ!

しかも、お礼を言いたいと言って。


半年しか教えていないのに、お礼?

と思っていたんだけど、

とりあえず話を聞いてみることに。


「先生に見せたいものがあるんです!」

と言って、見せてくれたのが、

その子が高3のときの全統模試の結果。


「数学のところを見てください!」

と言われたので、見てみると、

次のような結果が!!


模試結果↓↓↓





す、数学で満点取ってる・・・。

偏差値79.2!!


もう、めちゃくちゃ驚いた!

だって、

赴任した最初に見た模試では、

確か偏差値50すらなかったはずだから。

それがこんな偏差値に!

すごすぎる。



ただ・・・、

ものすごく嬉しいんだけど、

これは高3の模試で、

私が教えたのは高1の後半だけだ。

だから、私がどうのというより、

この子がたくさんがんばってきた

結果でしかない。


そう思っていたら、

思いもよらない言葉をくれた。


「この模試の数学が満点という結果を見たとき、

 まっさきに宮崎先生のことを思い出したんです!

 これは宮崎先生のおかげだって!!

 だから、ずっとお礼を言いたかったんですが、

 なかなか会いに行くことができませんでした。

 今日、お礼を伝えることができて本当に良かったです!」

と。



・・・ありがとう。

たった半年しか教えていないのに

そんなに感謝してくれて、

こちらこそ感謝だ。


私のおかげだと言ってくれたけど、

99%はその子の努力だと私は思う。

本当によくがんばったんだなって思う。


そして、

お礼にと言って、

なんとメロンをくれた!



メローン↓↓↓




本当にありがとう(^^)




私は料理全般が苦手なので、

女子力の高い生徒にお願いして、

メロンを切ってもらった。


ザ・女子力!!↓↓↓




授業中に今回のことを話し、

生徒たちにカットメロンを配ったら、

みんな大喜びして食べていた♪


ありがたいことに、

よく、

「宮崎先生のおかげです!」

とたくさんの卒業生が言ってくれるのだけど、

私はちょっとだけ背中を押しただけだ。

押された後にどれだけ努力できるかは、

その人次第なわけ。


だから、

何か結果が出た人は、

その人が努力したんだよ。



ただ、今回、

こうしてわざわざお礼に来てくれたのは、

とても嬉しかった♪

7年越しにお礼を伝えに来てくれて、

本当にありがとう。


こんなに律儀で、

感謝を忘れない性格なのだから、

きっと何をやってもうまくいくよ!

これからも応援しています(^^)






高1の前期第一中間テストの結果

今日は高1の授業の日。
 
生徒たちに

前期第一中間テストの点数を書いてもらった。

 
今回の数学のテスト範囲は
 
「データの分析、数と式」。
 
北高に入って初の定期テストなので、

ドキドキだ。


ちなみに、

テスト数日前に

学校の先生が言っていたらしいのだけど、

「今回のテストは難しいです!」

ということ。


学校の先生が解いても

難しかったらしい。


最近どんどん難化する、

北高の数学テスト。


学校の平均点はクラスごとに違うみたいで、

63.5点、63点、60.6点、60点

らしい。

まぁ、ざっくりと

全体で62点くらいかな?
 
 
 
では、宮崎塾高1前期第一中間テストの

数学の結果を発表します!
 
 
ダカダカダカダカダとカダカダカダカ(←ドラムロールの音)
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダンっっ!!


 

「データの分析、数と式」

 
   高1宮崎塾全体平均 78.6点



 

共分散や相関係数の利便性など、

難しい問題が何問か出た中、

みんなかなり頑張ってくれた!


90点以上の生徒が4人!

ほんと立派だ。







さて、次に高1の英語。

今回の英語の範囲は、

ほぼ中学英語の復習だった。


ちなみに、

学校の英語の平均点は

全体で78点。



では、宮崎塾高1前期第一中間テストの

英語の結果を発表します!
 
 
ダカダカダカダカダとカダカダカダカ(←ドラムロールの音)
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダンっっ!!


 

英語

 
   高1宮崎塾全体平均 84.0点



今回は高校英語の範囲がほぼなかったので、

みんな横ばいな形だ。

これからどんどん差がついていくので、

毎日の音読をしっかりがんばっていこうね。




あまり納得のいく点数が取れなかった人、

数学も英語も積み上げ型の科目なので、

普段からのやり込みが大切だ。


みんな毎日

音読で自習室に来ているので、

音読の前後の時間を使って

何度も何度も問題をやり込みましょう!


次回の前期第二中間テストは、

数学も英語もがっつり高校分野になるので、

みんなでがんばっていこうね!




ちなみに、

高3は理系と文系でテストが違い、

平均点にあまり意味がないので割愛です。


高2の前期第一中間テストの結果

今日は高2の授業の日。
 
生徒たちに前期第一中間テストの点数を書いてもらった。

 
今回の数学のテスト範囲は
 
「図形と方程式」。


この分野は範囲が広いのだけど、

なぜか学校の試験時間が50分。

いつもは80分なのに。

まぁ、授業時間との

兼ね合いがあるんだろうけどね。
 


学校のテストを解き終わった直後の

生徒たちに話を聞いたら、

口々に

「時間が全然足りませんでした」

と言っていた。


学校の数学の試験だと

いつも10分~20分余るはずなのに、

時間が足りないって・・・。

一番解くスピードが速い生徒に聞いても、

「最後まで解ききれませんでした・・・」

と言っていた(涙)。



で、今日試験問題を見せてもらったのだけど、

とても50分じゃ無理だ。

量がべらぼうに多いし、

しかも、

東京工業大学や関西大学の

入試に出た知識を使う問題が

最後に出題されていたし。


テスト返却のときに、

学校の先生が

「50分では解ききれませんね。

 65分設定の問題でした。」

と言っていたらしい。


学校の先生はとても忙しいし、

いろんな事情があってのことなんだろうけど・・・。

とりあえず今回のテストは

そんなテストだった(T_T)




ちなみに、

学校の平均点は

理系の一番上のクラスで、

60点くらい。

一番下のクラスで、

30点くらいだったらしい。

学年全体だと、

45点くらい?

こんなに平均点が低いのは

ここ数年でトップクラスだ。

 
 
では、宮崎塾高2前期第一中間テストの

数学の結果を発表します!
 
 
ダカダカダカダカダとカダカダカダカ(←ドラムロールの音)
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダンっっ!!
 

 図形と方程式

   高2宮崎塾全体平均 69.2点

 

最高点の生徒が8 1点。



模擬テストで出題した問題が

結構出ていたのだけど、

いかんせん試験時間が足りない!


そんな中、

生徒たちはよくがんばってくれたと思う。



受験本番で

どのような問題が出るかはわからない。

超難しいかもしれないし、

ものすごーく量が多いかもしれない。

だから今回の試験は

その練習だったと思って、

あまり落ち込まないようにね。

大丈夫、

やった分だけ確実に力はついている!


次回の試験に向けて

また一緒にがんばりましょう!






 


試験期間中の宮崎塾


今回は、

試験期間中の

宮崎塾の様子をお届けしよう!


5月12日(日)に、

カメラ片手に塾内の様子を

撮影したので、

それを紹介していこうと思う!


授業教室では

学年ごと、教科ごとに

試験対策をしていて、

対策の最後に模擬テストを行う。

それがこんな感じ。


↓↓↓問題を解きまくり中



これは高2数学なのだけど、

がっつり3時間の演習!!




そして、

これが模擬テスト中の様子。

↓↓↓模擬テスト中



これは高1数学の模擬テストで、

試験時間120分、

大問数24問という、

学校のテストより

かなり量が多いテストだ。


例えば、

大問の8番目は

「因数分解せよ。」

という問題で、

小問が19問。

普通に多いよね(笑)。

しかも、

これまでの北高の定期テストを分析して、

すべての問題で

出題頻度が高い問題を選んでいるので、

この模擬テストができるだけで、

80点以上は確実に取れる。


で、模擬テストが終わったら、

1人1人、

模擬テストの答案の添削。


今回の高1の添削は、

阪田先生が4時間以上かけて

全員分をやってくれた!


↓↓↓個別添削の様子




で、授業の他にも、

自習室で勉強をしていたり、





テラスで勉強していたり、






給湯室で教え合っていたり、






こんな感じで、

みんなでガシガシ勉強している。

一生懸命勉強していて、

みんな本当に素晴らしい(^^)


この日、

阪田先生は、

12時から22時まで、

10時間ぶっ続けで対策をしてくれた!


阪田先生が宮崎塾に来てくれて、

生徒たちにできることが激増した。

いつも本当に感謝なので、

阪田先生の好きな

ブラックコーヒーを5本買ってきた!


そして、

その場にいた

何人かの高1の生徒たちに協力してもらって、

メッセージを書いてもらった。

高1の生徒たちも阪田先生が大好きなので、

ノリノリで協力してくれた♪♪

で、コーヒーを阪田先生の机に!


その写真がこちら。


↓↓↓感謝のブラックコーヒー5本



180度回転すると




↓↓↓メモをそえて





と、まぁ、

一生懸命がんばることと、

人を大切にすること、

宮崎塾の1日はこんな感じだ。


勉強もできるようになり、

人としても成長できる場所、

それが宮崎塾なのであーる( ̄▽ ̄)


さて、

学校の定期試験まであと数日、

バリバリがんばっていきましょ~!!




12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ