HOME > 宮崎興治の日常 > 人生 > 試験結果や模試結果以上に大切なこと

宮崎興治の日常

< 試験を乗り切るために!!!  |  一覧へ戻る  |  高1の前期第二中間テストの結果 >

試験結果や模試結果以上に大切なこと


生徒たちは

学校の定期試験が4日間あり、

そのまま

ぶっつづけで記述模試があった。


何人かの生徒に結果を聞いたり、

高2の生徒たちには

授業で点数を書いてもらったりした。


まぁ、まだ学校の定期試験は

全部のテストが返ってきたわけではないので、

いつものように塾内平均を出すのは

もう少し先になりそう。



今日、

高2の授業で話したことなんだけど、

点数よりも大切なことがあると

私は思う。


いい点数を取った人もいたし、

そうでない人もいたけど、

点数よりも大切なことは、

どれだけ努力することができたか、だ。


胸に手を当てて

自分自身に聞いてみてほしい。

前回の定期試験から

今回の定期試験までの約2カ月間、

全力で努力することができただろうか。

もうあれ以上はできなかった、

そう思うことができただろうか。


もし、

全力で努力することができた、

そう思えたなら、

どのような点数であってもいいと

私は思う。


逆に、

まだ努力することができた、

そう思うなら

それは改善しないといけないよね。


なんでこんなことを言ったかというと、

勉強を将来へ繋げてほしいからだ。


勉強が大好きだという人は

そんなにいないと思う。

じゃあ、

そんなに好きではない勉強を、

全力で努力したとするよ。


努力は、

最初はすごくしんどい。

努力する習慣がないからね。


でも、

努力を続けていくうちに、

勉強のやり方がわかってきたり、

点数が上がってきたり、

解ける問題が増えてきたりして、

勉強が楽しくなってくる。

少なくとも、

努力する前よりは

楽しくなってくる。


すると、

最初は100の努力で10しかできなかったことが、

次第に100の努力で50できるようになり、

100の努力で100のことができるようになってくる。

習慣化されることによって、

どんどんしんどくなくなってくる。


楽しくないことであっても、

しんどいことであっても、

努力を続けることで、

楽しくなってきたり、

しんどくなくなってくるわけ。


そういう経験を

勉強を通して積んでほしいのだ。


みんな、

いつかは社会へ出る。


社会へ出たばかりのときは

右も左もわからくて、

誰だってしんどいことが多い。


そんなとき、

『勉強をあれだけ努力できたんだから大丈夫!』

『勉強もどんどん楽しくなったから大丈夫!』

そんな風に思えたなら、

どんなにしんどいことに直面したとしても、

前向きに乗り越えることができると思うのだ。


まさに私がそうだからね。

受験も、

サラリーマン生活も、

起業も、

経営も、

いろいろなことに努力してきた。


でも、

何に一番努力をしたかというと、

私は受験なのだ。

受験勉強がピークのときは、

1日20時間やっていたからね。

あんなに努力した経験は、

後にも先にも

受験しかない。


だから、

私が何か困難に直面したとき、

「あんなに努力できたんだから大丈夫!」

そんな風に思って、

どんなことでも乗り越えることができたし、

これからも乗り越えることができる。


せっかく勉強できる環境があるのだから、

そう思えるように努力していこうね。


点数も大事。

進学先も大事。

それはよくわかっている。

でも、

それ以上に

自分で自分を信じることができる努力を積んで、

卒業してほしいなと思う。


大丈夫、まだ時間はある。

高3はあと7か月。

高2はあと1年7カ月。

高1はあと2年7カ月。


自分の精一杯の努力を

重続していきましょう!




カテゴリ:

< 試験を乗り切るために!!!  |  一覧へ戻る  |  高1の前期第二中間テストの結果 >

同じカテゴリの記事

想い続けること


私には、

こうなりたいという目標をまとめたノートがある。

そのノートに最初に書いていることは、

「自分のお葬式のときに、

周りの人たちからどんな言葉を言われたいか」

ということだ。


「宮崎は〇〇だったよな」

という〇〇の部分を、

7個決めている。


そして、その〇〇を言われるために、

自分はどう生きるのか、

ということを

自分のお葬式からさかのぼって、

今から7年後の目標、

今から1年後の目標

今から1か月後の目標、

今週の目標、

今日の目標、

というふうに決めているわけ。


大人が夢や目標をもったときに、

それが叶わなくなる一番大きな原因は、

設定した夢や目標を忘れてしまうことなのだ。


例えば、元旦に

「今年は◇◇な年にするぞ!!」

と決めて、

それを夏までに覚えている人がどれくらいいるだろうか。

人間は忘れる生き物だから、

いろいろなことが起こる毎日の中で、

次第に忘れていってしまう。


だから私はノートに夢や目標を書いて、

常に持ち歩いている。

そして、時間があるときに眺めているわけ。
(↑気持ち悪がらないでね(笑))


で、そのおかげもあって、

最近、少しずつ思い描いていたことが叶ってきている。


例えば、本紹介はずっとやりたかったことで、

それはホームページを改良することでできるようになった。

本紹介をするペースが遅くて申し訳ないけど(ノД`)


他にも、

日本数学検定協会の理事の高田さんが来て下さり、

私が思い描いていたことをやろうと言ってくれたりと、

少しずつノートに書いてあることが実現してきている。


もちろん、

仕事における最優先は、

宮崎塾の生徒たちだ。

生徒たちを大切にしながら、

そして、

周りの方々に感謝しながら、

まだまだ色々なことにチャレンジしていこうと思う。


私は単語帳に、

気に入った言葉などを書いている。

最後に、

その単語帳の1ページ目を載せて、

このブログを終わろうと思う。








傷ついた分だけ


日々、たくさんの生徒たちが、

私に相談をしてくれる。

勉強、部活、友達関係、家族関係、恋愛、将来、など、

内容は多岐にわたる。

その都度、

私なりに一生懸命答えさせてもらっている。


生きていると、

傷つくことだってあるよね。

もちろん、そのときはすごくしんどいと思うけど、

その経験が人間性を厚くしていくのだと思う。



私はこんな風に考えている。

人間は、内側から光を出している。

人は何かで傷つくことによって傷口ができ、

そこから光が漏れ出る。

だから、傷つけば傷つくほど、

内側から出る光はどんどん外に漏れだす。



もちろん、傷つきたくて傷つく人なんていない。

でも、何かに一生懸命になればなるほど、

超えるべきハードルが高くなればなるほど、

傷つく可能性は高くなると思うのだ。


だから、思うような点数が取れなくて落ち込んでいる人。

勉強と部活の両立に悩んでいる人。

友達関係に悩んでいる人。

今、悩んでいる人。

それは、

あなたが何かに一生懸命になっている証拠なんだよ。

今はしんどくて

誰に何を言われても聞けないかもしれないけど、

きっとその経験が、

あなたの内側の光を外へ出す

一筋の道になるんじゃないかなって思う。


今を乗り越えれば、

もっと成長した自分に出会えるから、

まずは、今できることを一歩ずつやっていこうね。




自分に合う進路や仕事


生徒たちから、よくこんな相談をされる。

「やりたいことがわかりません」

「どの学部に行けばいいかわかりません」


卒業生からも、よくこんな相談をされる。

「やりたい仕事がわかりません」

「就職活動はどの方面でやればいいかわかりません」



わからなくて当然だと思うのだ。

何事もそうだけど、

実際にやってみないと、

自分に合うか合わないかなんてわからない。


例えば、

目の前に食べたことがないフルーツが

たくさん置いてあるとする。

「一番おいしいフルーツはどれですか?」

って聞かれたときに、

「コレです!」

って即答できる人なんていないよね。

見た目や色や匂いなどで、

なんとなくおいしそうなフルーツはわかるかもしれないけど、

でも、それだけでおいしいとは断言できないよね。

じゃあ、どうすれば一番おいしいフルーツがわかるか。

当たり前だけど、食べてみればいいのだ。

とりあえず、おいしそうなフルーツから食べてみたらいい。

おいしくなかったら、次においしそうなフルーツを食べればいいのだ。

そうすれば、

自分にとっておいしいフルーツがわかる。



進路についても、

就職活動についても、

仕事にしても、

これと同じだと思うのだ。

まずはやってみないとわからない。

ただ、何となく自分が興味がある方面はわかるでしょ。

だから、そっちの方に行ってみる。

それで「自分には合わないな」と思ったら、

方向転換すればいい。



私は色んな仕事をしてきた。

宮崎塾の前は学校の先生で、

学校の先生の前は塾の先生。

2つ前の仕事で塾の先生をやっていたとき、

私はどうしても学校の先生になりたかった。

塾の先生は生徒たちの勉強という側面しか見れないけど、

学校の先生だったら、部活とか、学校行事とか、

生徒たちのいろんな側面を見れると思ったから。

でも、そのときは教員免許を持っていなかったから、

塾の仕事をやりながら、

通信制の大学で2年かけて教員免許を取った。

そして学校の先生になった。


ずっとなりたかった学校の先生になってみて思ったのは、

想像していた仕事とかなり違うということだった。

もちろん、生徒たちのいろんな側面を見れたし、

他の先生たちと一緒に何かをしていったり、

いろんな先生と飲みに行ったり、

たくさんの楽しいことがあった。

学校の先生でしか味わえない、

とても有意義な時間を過ごすことができた。

ただ、生徒たちに数学を教える時間が

想像よりもはるかに少なかったのだ。


塾の先生にも、学校の先生にも、

いい面もあれば、そうでない面もある。

どちらが良いかということではなくて、

自分にとってどちらが合うか、

それが大事だと思う。


私には、

「1人でも多くの人を幸せにする」

という夢がある。

学校の先生になって、始めの挨拶のときも、

先生方全員の前でこの夢を言ったくらい。


その夢を高い確率で達成できるのは、

最終的に自分で塾を作るというものだとわかった。

だから、宮崎塾を作った。


私は、塾の先生を経験してよかったし、

学校の先生を経験していてよかった。

実際にやっていなければ、

自分で塾を作るという道がわからなかったと思うし、

自分で塾を作っても迷っていたかもしれない。

本当にこの道で合っているんだろうか、って。


だから、

生徒たちにも、卒業生たちにも、

こう言っている。

「まず、やってみな」

と。

「実際にやってみないとわからないから」

と。


たくさん考えて悩んだら、

もうあとは進んでみるしかない。

進んでみればきっと何かつかめるからね。





壁の向こうの応援者

人は、自分のためだけに頑張るよりも、
 
 
人のために頑張る方がモチベーションを高く保つことができる。
 
 
自分のためだけに頑張ると、
 
 
甘さが出てしまうからだ。
 
 
少しくらいできなくても、
 
 
迷惑するのは自分1人だけなので、
 
 
「まぁ、いいか」
 
 
となってしまうのだ。
 
 
逆に、相手がいる場合、
 
 
相手に迷惑がかかってしまうので、
 
 
甘さが出にくい。
 
 
 
なので、
 
 
何かやらなければいけないことがあるとき、
 
 
未来を想像してみるといい。
 
 
 
例えば、勉強をしているとき。
 
 
この勉強をして何になるんだろう、
 
 
と考えてしまうと、
 
 
モチベーションが下がってしまう。
 
 
そういうときは未来を想像するのだ。
 
 
今の自分が勉強して自分を磨けば、
 
 
将来出会うたくさんの人たちが、
 
 
自分に出会うことで幸せになる確率が高くなる。
 
 
少なくとも、勉強する前の自分に出会うよりは。
 
 
そう考えると、
 
 
今の自分が勉強をすることで、
 
 
将来自分に出会う人たちが喜んでくれるのだ。
 
 
その人たちは、今の自分が頑張ることで幸せになる確率が高くなるので、
 
 
一生懸命、今の自分を応援してくれているはずだ。
 
 
ただ、将来自分に出会うその人たちは、
 
 
今の自分には見ることができない。
 
 
今と未来の間に、高く分厚い壁があって、
 
 
その壁の向こう側にたくさんの人がいて、
 
 
その人たちが一生懸命、今の自分を応援してくれている。
 
 
顔も見えないし、声も聞こえないけど。
 
 
だから、今の自分の頑張りは、
 
 
決して自分1人のためではなく、
 
 
将来出会うたくさんの人たちのためになっていて、
 
 
さらに、その人たちが壁の向こう側で応援してくれているのだ。
 
 
 
 
 
今、このブログを読んでくれているあなた。
 
 
もし、今、一生懸命がんばっていることがあるなら、
 
 
未来を想像してみてほしい。
 
 
 
将来あなたに出会うたくさんの人たちが、
 
 
今のあなたの努力を一生懸命応援してくれているから。
 
 
 
 
 
 

成功とは

成功の定義は人それぞれだと思う。
 
 
ある人は金銭的に裕福になることかもしれないし、
 
 
ある人は素晴らしい仲間に囲まれて生きていくことかもしれない。
 
 
10人いれば、10通りの考え方があると思う。
 
 
 
私が考える成功とは、
 
 
「どれだけ人から感謝されるか」
 
 
である。
 
 
つまり、自分がこの世から去るときに、
 
 
人から感謝された総量が多いほど、
 
 
自分は成功したといえるのではないかと考えている。
 
 
 
では、人から感謝されるためにはどうすればいいか。
 
 
それは、「まず自分が感謝する」ことである。
 
 
なぜか。
 
 
人は「ありがとう」と言われたら、
 
 
絶対に内心は嬉しい。
 
 
中には受け取り方が下手な人がいるかもしれないけど、
 
 
心の中は間違いなく喜んでいる。
 
 
だから、
 
 
感謝された人は、感謝した人を大切にする。
 
 
だって、心の中では嬉しいんだからね。
 
 
そう考えると、
 
 
自分が感謝した数と、自分が感謝された数は、
 
 
比例関係にあることがわかる。
 
 
 
たくさん感謝をして、
 
 
たくさん感謝をされて、
 
 
そんな風に人生を過ごせていけたら、
 
 
もうそれだけで成功者だと思う。
 
 
 
 

このページのトップへ