HOME > 宮崎興治の日常 > 試験 > 高2の前期期末テストの結果

宮崎興治の日常

< 日本最高峰の数学研修会  |  一覧へ戻る  |  高1の前期期末テストの結果 >

高2の前期期末テストの結果

今日は高2の授業の日。
 
生徒たちに前期期末テストの

点数を書いてもらった。
 
 
今回の数学のテスト範囲は
 
「微分積分」、「平面ベクトル」。
 

英語のテスト範囲は

単語や教科書など。

英語って

明確な範囲がないから困るよね。


 
ちなみに、

学校の平均点は、

講座によってかなりバラつきがあるので

何を基準にしていいのやらわからんし、

そもそも最近は平均点を出してくれない。


学校の数学の平均点は

マジで不明。

どの講座も教えてくれなかったらしい。。。

ショック!

まぁ、何となくだけど、

全体平均が55点くらい?

わからんけど。



次に、

学校の英語の平均点は

これまた不明。

平均点を出してくれぇぇぇー!(絶叫)


ただ、唯一、

コミュニケーション英語の平均点を

言ってくれた講座があったみたい!


学校の上から3番目の講座が

39点だったとのこと。


全体平均は、

なぞ。


ほんとなぞ。


果たして、

学校平均がわからんのに、

塾平均を出す意味があるのか。

うーむむむ(-_-)
 
 
まぁ、気を取り直して、
 
宮崎塾高2前期期末テストの

数学と英語の結果を発表します!
 
 
ダカダカダカダカダとカダカダカダカ(←ドラムロールの音)
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダンっっ!!
 

(数学)
 微分積分  75.7点


 平面ベクトル  82.3点
 


(英語)
 コミュ英  64.1点

 英語表現  64.4点


 


点数だけを見ると

本当よくがんばってくれている!

ただ、学校平均がまったくわからんので、

どうなのかわからん!!


うむむ。


今回点数が良かった人も、

そうではなかった人もいると思うけど、

私は結果よりも

過程に意味があると思っている。


つまり、

どれだけ努力できたか。


自分の胸に手を当てて、

『これ以上できない』

と思えるくらいまでできた人は、

点数が良くてもそうでなくても、

それだけで素晴らしいと思う。


その積み重ねこそが、

将来のあなたの

努力できる素地に繋がるからね。


今回、

限界まで努力することができなかった人は、

次回のテストでがんばりましょう!


勉強で努力する過程を通して、

あなたが幸せな人生を歩めるように。



ちなみに、

高3は理系も文系も、

講座によってもテストがぜんぜん違うので、

割愛です。


高1は集計中なので、

しばしお待ちをm(_ _)m




カテゴリ:

< 日本最高峰の数学研修会  |  一覧へ戻る  |  高1の前期期末テストの結果 >

同じカテゴリの記事

高1の前期期末テストの結果

高1の生徒たちに

前期期末テストの点数を書いてもらい、

今日、点数の集計が終わった。
 
 
今回の数学のテスト範囲は
 
「論理、場合の数」、「確率」。


英語のテスト範囲は

単語や教科書など。

教材もたくさんあって、

数学のような明確な範囲がない。

うむむ。
 


ちなみに、

学校の全体平均点は、


(数学)
論理、場合の数 65.4点

確率 53.7点


(英語)
コミュ英 70.0点

英語表現 不明


だったらしい。


英語表現の全体平均は

言われてないみたい。

 
 
では、宮崎塾高1前期期末テストの

結果を発表します!
 
 
ダカダカダカダカダとカダカダカダカ(←ドラムロールの音)
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダンっっ!!
 


(数学)
 論理、場合の数  78.9点

 確率  63.2点
 

(英語)
 コミュ英  73.2点

 英語表現  75.6点


 

難しい問題が多い中、

生徒たちはよくがんばってくれた。

特に、

数学の確率のc講座問題は

大学入試で良く出る

確率の最大値が出題されていて、

おそらく北高の1年生は

ほぼ壊滅だったと思う。

それくらい

確率は難しいテストだった。



今回のテストで

思うような点数が取れなくて、

涙を流している生徒がいた。


それはとても尊いことだと私は思う。

だって、

必死にやったから、

悔しいという気持ちが

生まれるわけだからね。


手を抜いている人は、

悔し涙なんて絶対に流さない。


もし思うような点数が取れなかったとしても、

涙を流している時点で、

あなたはすごくがんばってきたんだよ。

その努力と悔しい気持ちは

次回のテストにきっと活きてくるし、

あなたの人生にきっと活きてくるからね。


今回のテストで、

そして、

最近返却された模試結果で

みんないろいろ思うことがあると思う。


でも、

魔法のように成績が上がることはない。


一歩一歩積み上げて、

少しずつ成績を上げていくしかない。


努力できる環境は整えてあるから、

またみんなで一緒に

がんばっていきましょう!



定期テスト終了!!


長かった

前期期末考査が

今日、やっと終わった!!


生徒たちに

テストについて聞いて感じたことがある。

それは、

全学年とも、

数学はテストを作る先生によって

問題の難易度がかなり変わる

ということだ。


A先生は標準的な問題を出すけど、

B先生は最初から応用問題ばかり出す、

みたいに。


だから、

同じ数学であっても、

A先生のテストと

B先生のテストでは、

平均点にかなり開きが出るわけ。


何が言いたいかというと、

点数だけを見て

絶対的に判断してはいけないということ。


同じ80点であっても、

平均点が70点のテストで80点なのと、

平均点が30点のテストで80点なのでは

意味合いが変わる。


点数だけを見て、

一喜一憂しないようにね。



何度も書いているけど、

私は生徒たちに幸せになってほしくて

塾を経営している。


テストとか、受験とか、

周りと比べられるから

ある程度は仕方ないけど、

周りと比べるのではなく、

過去の自分と比べてほしい。


昨日の自分と比べて成長したか、

1週間前の自分と比べて成長したか、

1カ月前の自分と比べて成長したか、

それに「yes!」と答えられるなら、

それだけで素晴らしいと思うのだ。


だって、

努力する経験をするために、

自分を磨くために、

勉強しているんだからね。


試験1週間前から

試験が終わる今日まで、

みんな本当によくがんばったね。


まずは自分を褒めてあげましょう。


そして、

今日の自分を超えるために、

また努力を始めようね。



生徒たちは一様に疲労気味だけど、

今日も塾の自習室で

勉強をがんばっている。


こうした努力をする経験が

将来、あなたの役に立つからね。


さて、

今回の試験が終わったから、

次の試験に向かって

またみんなでがんばっていきましょう(^^)




試験勉強開始!!


ついに前期期末考査の1週間前!

ということで、

ガッツリ試験対策開始だ!




試験対策中↓↓↓





今週は3連休があるとはいえ、

先週まで生徒たちは体育祭に向けて

一生懸命だったため、

早めに頭を勉強へシフトしなければならない。


ということで、

勉強量を確保するために、

3連休も毎日対策をやっていきましょう!

もちろん、

3連休の自習室はいつも通り

朝8時から夜21時50分まで開けるので、

どんどん利用してほしい。


さて、

いつもブログは宮崎が書いているのだけど、

今回は阪田先生に登場してもらいましょう!


拍手~~~~!!




(ここからは阪田先生が書きます)

英語に関しては、

1学期まではまずコミュ英の長文対策を

日々の音読を通して鍛えていくことに

重点を置いていました。


みんな毎日英語トレーニングをがんばってきたので、

Loqlogでの徹底的な反復演習や音読を繰り返すことで、

少しずつ

「解ける!」

という感覚が体感できたかと思います。


徐々に余裕ができてくると思うので、

今度はワークや構文、文法まで

しっかりと手をつけていき、

盲点のない学習へとつなげていきましょう!


日々の継続的な学習は決して自分を裏切りません。

これまでしっかりがんばってきた人も、

体育祭などのイベントや

部活でなかなか手が回らなかったという人も、

定期テストをまずは目標への一里塚として、

継続的な努力を身に付けていきましょう!


ひとまずあと2週間、

一緒にがんばっていこうね。



(ここからは宮崎に戻ります)


阪田先生、

素敵な文章をありがとう(^^)


阪田先生が書いている通り、

毎日の音読を通して、

確実に英語力はアップしている。


ある高2の生徒と

模試の結果について話していたとき、

英語の偏差値が爆上がりしていた。

理由を尋ねると、

「毎日の音読の効果です!」

と胸を張って答えていた。


筋トレと同じで、

日々の積み上げが

すごい効果を生んでいるのだと思う。

(宮崎に筋肉は少ししかありませんが)


さて、

今回の試験も

みんなでバリバリがんばっていきましょう!!


その努力する過程こそが、

あなたの人生の糧になるからね(^^)



高2の前期第二中間テストの結果

今日は高2の授業の日。
 
生徒たちに前期第二中間テストの

点数を書いてもらった。
 
 
今回の数学のテスト範囲は
 
「指数対数」、「数列」。
 

英語のテスト範囲は

単語や教科書など。

昨日の高1のブログと同じく、

英語って

数学のような明確な範囲がないよね・・・。


 
ちなみに、

学校の平均点は、

講座によってかなりバラつきがあるので

何を基準にしていいのやらわからん。


学校の数学の平均点は

「指数対数」「数列」

の順に、


(学校の理系の1番上の講座)
66.4点  70.8点


(学校の文系の1番上の講座)
48.0点  50.0点


文系の一番下の講座は

20点台かもしれないので、

学年の全体平均予想は

45点  47点

くらいかなぁ。



次に、

学校の英語の平均点は

「コミュ英」「英語表現」

の順に、



(学校の上から2番目の講座)
43.0点  45.0点


上から2番目の講座平均が

全体平均と同じくらいだとしたら、

学年の全体平均予想は

43点  45点

くらい?


なぞ。


 
 
では、宮崎塾高2前期第二中間テストの

数学と英語の結果を発表します!
 
 
ダカダカダカダカダとカダカダカダカ(←ドラムロールの音)
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダンっっ!!
 

(数学)
 指数対数  66.1点


 数列  71.9点
 


(英語)
 コミュ英  68.0点

 英語表現  67.6点


 


試験直前に

「数列」を一気に仕上げたにも関わらず、

生徒たちはよくがんばってくれた。


嬉しかったことは、

英語の試験で

前置詞や和文英訳をする際、

音読をしていたおかげで

リズムで答えがわかりました!

と何人もの生徒が言っていたことだ。


模試のリスニングについても

以前よりはるかに聞き取れるようになりました、

とも言っていた。


毎日の音読効果、すげぇ。



思うような点数が取れた人、

そうでなかった人、

色々な想いがあるだろうけど、

前に進み続けるしかない。


1つ1つは

小さな一歩だとしても、

踏み出し続ければ、

必ず目的地に到着できるからね。


また次の試験に向けて、

そして、

大学受験に向けてがんばりましょう!!


ちなみに、

高3は理系も文系も、

講座によってもテストがぜんぜん違うので、

平均点にほぼ意味がない。

よって、割愛です。


高1の前期第二中間テストの結果

今日は高1の授業の日。
 
生徒たちに前期第二中間テストの点数を書いてもらった。
 
今回の数学のテスト範囲は
 
「数と式」、「2次関数」。


英語のテスト範囲は

単語や教科書など。

英語って、

数学のような明確な範囲がないよね・・・。


数学も英語も、
 
前回の試験よりも

範囲が格段に広くなったので、

いよいよ高校の試験本番という感じだった。


ちなみに、

学校の平均点は、


(数学)
数と式 60点

2次関数 60点


(英語)
コミュ英 65点

英語表現 68点


だったらしい。

 
 
では、宮崎塾高1前期第二中間テストの

数学の結果を発表します!
 
 
ダカダカダカダカダとカダカダカダカ(←ドラムロールの音)
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダンっっ!!
 


(数学)
 数と式  75.9点

 2次関数  80.4点
 

(英語)
 コミュ英  77.5点

 英語表現  73.9点


 


今回のテストは範囲が広かったので、

生徒間の点数差が大きかった。


当たり前のことなんだけど、

点数が取れている人は

普段からの勉強量が多い。

つまり、努力の基準が高いのだ。


Aさんは

10やったことに

「めっちゃ努力した!」

と思うことに対し、


Bさんは

10やったことに

「まだまだ努力が足りない。」

と思うような感じだ。


当然、

Aさんは手を止めるのに対し、

Bさんは手を動かし続ける。


毎日それが積み重なると、

数か月でものすごい差になる。


Bさんのような生徒はすぐわかる。

そういう生徒は、

自習室で黙々と勉強しているからね。


友達が給湯室で話していても、

友達がコンビニに買い物に行っていても、

自分は黙々と勉強をしている。


なので、

もっともっと向上したい人は

できるだけ手を動かし続けようね。



次回の定期テストまで約2カ月半、

努力を積み上げていきましょう!



このページのトップへ