HOME > 宮崎興治の日常 > アーカイブ > 数学コーチャープロ

宮崎興治の日常 数学コーチャープロ

日本最高峰の数学研修会


今日は宮崎塾にて、

日本最高峰の数学研修会が行われた。


何がすごいって、

メンバーがものすごい。


フォーカスゴールドという

めちゃくちゃ丁寧でわかりやすい

数学参考書の著者、

名城大学教授の竹内英人先生。


↓↓↓フォーカスゴールド




毎年、東大に10人以上合格者を出す、

世田谷学園の数学科のトップ

大石隆先生。


数学インストラクターの代表である

数学エグゼクティブインストラクター、

河口正司先生。


他にもたくさんのすごい方が

全国から宮崎塾に来てくれ、

総勢12名での研修会だった。


大石先生、竹内先生に

宮崎塾の高2の生徒たちに

2時間以上も

授業をしていただいた。







最初は大石先生の授業。





東大などの入試問題を使った、

ベクトルの授業。






まさに王道の授業の最高峰。

説明のわかりやすさ、

しゃべりのテンポ、抑揚、間、

板書の色使い、

ひるむことなく放り込まれるギャグ、

とても引き込まれる授業だった。


次に竹内先生の授業。





来年度から始まる

新テスト(旧センター試験)に対する授業。





先生側も真剣に勉強。





思考力、表現力、判断力を鍛え、

How型からWhy形の学びをする授業で、

まさにアクティブラーニングの最高峰。


1つ1つの問題は典型問題なのに、

それが最後に有機的に結合する

全体で1つの芸術品を仕上げるような、

とても美しい授業だった。


教育は本当に奥深い。


その後、

生徒たちに退出してもらい、

先生たちだけでディスカッション。


私は得意の語呂合わせで

ちょっとだけ模擬授業をしたのだけど、

好評(?)だったので良かった。

まぁ、私が語呂合わせを叫んでいるときに、

何人か生徒たちが

廊下からのぞいていたけどね(笑)。


他にも様々な先生が色々な意見を共有し、

とても有意義な4時間だった。


↓↓↓研修終わりにパシャリ





そして場所を移して、

色々と意見交換。






ここには書ききれないほど、

本当にたくさんのことを学んだ。


印象的だったのが、

みなさんが口をそろえて

「宮崎塾の生徒はすごい!」

と言ってくれたことだ。


「生徒たちみんなが全員あいさつをしてくれた」

「たまたま居合わせた生徒がスリッパを用意してくれた」

「生徒というより、みんなで家族のようなあたたかさがある」

というように、

生徒たちをものすごく褒めてくれたのだ。


そこで私は

胸を張ってこう言った。







「でしょ!!

 本当にいい生徒たちなんですよ!!」








まぁ、親バカならぬ、

生徒バカなわけですが(笑)。


でも、私は心から思っている。

宮崎塾の生徒は本当に素晴らしい。

こんないい生徒たちが来てくれて、

感謝しかない。


私は生徒たちに幸せになってほしくて

塾を経営している。

そのためには、

私自身が成長し続ける必要がある。

だって、

私の数学力や人間力が上がれば、

それだけ生徒たちが幸せになる可能性が

高くなるからね。


こうして研修会を開くのは、

生徒たちの幸せのためなわけ。


色々な人から良いことを素直に学び、

もっと人を幸せにできる人になれればと思う。



東京や名古屋など、

遠方より宮崎塾に来ていただき、

そして素晴らしい研修会にしていただき、

本当にありがとうございました!





神さまに褒められた!!


あなたには好きな歌手がいるだろうか。

もし、その歌手があなたの家に来てくれて、

あなたの歌をほめてくれたとしたら、

どんな気持ちになる?

もう、この上なく嬉しいよね!!


・・・実はそれが起こったのである。


一つ前のブログに書いたけど、

数学教育のレジェンドである

名城大学の竹内教授が

先日、宮崎塾に来て生徒たちに授業をしてくださった。

生徒たちも引き込まれていて、

圧巻、の一言だった。


そして、その竹内教授が、

なんとなんと、フェイスブックで私のことを

記事にしてくれたのである!!



以下、フェイスブックから引用。



-----------------------------

土曜日に研修の場を、提供してくださった

尾道の宮崎興治先生主宰の数学専門塾

「宮崎塾」


地元No.1高校の尾道北高校生憧れの塾で、

以前の申し込み制では一瞬で定員締め切りになってしまうので、

数年前から入塾試験を実施し、

各学年26名の生徒さんが入塾するというシステムにしたらしい。


26名というのは宮崎先生が一人で見ることの出きる限界の人数とのこと。


この入塾試験に通ることが、

尾道北高生の一つのステータスとなっているようだ。



ということは、

必然的に尾道北高校のトップの生徒さん達が入ってくることになる。


この塾の素晴らしいところは、

単に難関大学への高い合格率だけではなく、

生徒一人一人の学びの姿勢にある。



生徒全員が宮崎先生を「数学の神様」と尊敬し、師として信頼しているのだ。

全員というのが凄い!


その様子は、生徒の合格体験記や後輩へのメッセージを読めば直ぐに分かる。



では、その宮崎先生の魅力とは何か?


高い数学力と指導力はさることながら、

その秘密は、

限りない生徒への愛情と、常に自ら向上しようという姿勢にある。



その人柄と宮崎先生自身の学ぶ姿勢が生徒に、伝わっているのだろう。


飲み会でも僕の隣に座り、どんどん僕に質問し、

飲み会が終わり、

ホテルに戻る道中も、

宮崎先生は全く反対方向なのに、

ずっと僕の横に並び、

歩きながら次から次へと質問をしてきました。


最後は余りにも、遠くまで歩いてついて来るので、

申し訳なくなり、

「続きはメールで何でも質問してください」とお開きにした程。



実はある相談を受けたとき、


「先生が本当に目指したいゴール地点は何なのか?単に難関大学への合格率が高い塾にしたいのか?」


「それとも、自分自身が全国で有名な数学の先生として名を挙げたいのか?」


と聞いたとき、


「生徒達が数学を好きに成って、数学が得意になり、全国の高校生達が皆、ハッピーになること」と仰ったので、


僕も


「分かりました。ならば、その夢が叶うように僕も考えるし、アドバイスもします」


と言っていくつかのアドバイスをさせて頂きました。



宮崎先生に会うのは今回で二回目ですが、

初対面の時、既に


「この先生は尾道だけで留まる先生じゃない。いずれ全国区になる先生だな」


と感じていたので、

どのようにしたら宮崎先生にとってベストなのかを自分なりの考えを提案させて頂きました。



まだまだ、

全国には宮崎先生のような素敵な先生が沢山いるのでしょうね。


そういう方が、

一部の生徒さんのためだけに、活躍されているというのは大変勿体無いことです。


そういう方をどんどん発掘して、

その素晴らしい能力を、

一人でも多くの生徒さんに還元出きるような場やシステムを作ることも、

大事なことだと思います。



そう考えると、

このような素晴らしい先生を全国から発掘されている


日本理数センターの河口 正司先生と、

日本数学検定協会の高田 忍さんの

スカウティング力は素晴らしいですね。


今後、

お二人が育成されている

数学インストラクターがどんどん日本全国で活躍することは間違い有りません。


是非、全国の皆さんも宮崎先生のお名前を覚えておいてくださいね!


-----------------------------


こんなことを書いていただいて、

本当に感無量だ。


私の中の成功の定義は

『自分が死ぬまでに、どれだけ多くの人を幸せにできたか』

だ。

目の前の生徒たちを大切にするのはもちろんのこと、

もっと全国の先生、生徒がハッピーになるように、

尽力していこうと思う!


竹内先生、本当にありがとうございました!!



未来を創る数学講座を行いました!!


私は数学インストラクターという資格を持っており、

日本数学検定協会さまのバックアップをいただき、

様々な活動をさせていただいている。


昨日、数学インストラクターの活動の一つとして、

宮崎塾にて、

未来を創る数学講座を行った!


日本各地からすごい先生方が宮崎塾に来てくれた。

その中でも特にすごかったのが、

名城大学教授の竹内英人先生だ。

数学教育にご尽力されていて、

フォーカスゴールドという、

ものすごい参考書を書かれている。


↓↓↓フォーカスゴールド



これが超絶わかりやすいのだ。

私も愛用している♪


さて、そんなすごい先生方をお招きして、

宮崎塾の高1難関大クラスで、

整数の授業をしてもらった。

内容はユークリッドの互除法、不定方程式。


まず、竹内教授に整数の概念をご指導してもらった。



整数の概念を日常生活に結びつけた、

オリジナリティあふれる素晴らしい授業だった!

生徒たちも活発に意見を言っていて、

目をキラキラさせていた。


次にグループワーク。

生徒10人に対して、

先生12人という、

めちゃくちゃ贅沢なグループワーク(笑)。

どの先生も指導力がすごいので、

生徒たちも楽しそうだった。





















グループワークが終わった後は、

数学エグゼクティブインストラクターの河口先生による、

整数を利用した暗号の授業。





どのグループが一番早く暗号を解けるか競い合い、

生徒たちはみんな必死で解読していた!

解読したワードがまたおもしろく

「〇〇〇〇〇○〇 〇〇〇〇」

これじゃぜんぜんわかんないか(笑)。

生徒も先生も大いに盛り上がった!


そして、最後にたくさん教えてくださった先生方にお礼。




生徒たちも楽しく授業を受けてくれ、

私たち先生の方も大いに学びになった。

授業力を高めることに終わりはないのだけど、

高め続けていくことが大事だ。


そして、授業力が高ければ高いほど、

目の前の生徒たちがもっともっとハッピーになる。



目の前の生徒たちを幸せにしていくこと、

そして、日本の数学教育をよりよくしていくことに、

私にできることを全力でやっていこうと思う。



では、最後に、

4名の生徒たちの感想を載せて終わろうと思う。


生徒の感想↓↓↓














授業を受けてくれた生徒のみんな、ありがとう!!

遠方から宮崎塾に来てくださった先生方、

本当にありがとうございました!!


本が増刷されました!


数学検定1級という資格は、

合格率が10%以下という超難関。

日本数学検定協会様のホームページを引用すると、

2017年4月~2018年3月の受験者データで

数学検定1級は

受験者数 1,134人
合格者数 74人
合格率 6.5%

という、ものすごい低い合格率。


何が難しいかというと、

1級はとにかく時間が足りないわけ。

例えば、センター試験の数学1Aは

試験時間が60分だけど、

これを20分で解きましょう!

みたいな感覚なのだ。


そして、私が数学検定1級を受験していた当時、

1級の対策本がほぼなかった。

だから、どのように対策をしたらいいのか、

ものすごく悩んだ。

で、出た結論が、

何度も受験して試験に慣れるというもの。

3年ほどかけて、

合計で8回は受けた。

そして、ようやく合格できたのだ。


そのときにずっと思っていたことがあって、

「数学検定1級の対策本がほしい!」

ということ。

で、合格した後にこう思った。

世の中にないのだから、

自分で書いてしまおう、と。

だって、手元に過去問はたくさんあったし、

それを私は解き続けてきたわけだからね。


そうやって出版した本が、

「実用数学技能検定 完全解説問題集1級」

なのだ。

自分が書いた本が世の中に出た感動は

今でもよく覚えている。


本当に本当にありがたいことに、

これまで2度、増刷されたのだけど、

この度、3度目の増刷が決まった!

みなさまに愛され続けて、なんと第4刷に!!

もう、感謝感謝だ。










これからも

「実用数学技能検定 完全解説問題集1級」

をよろしくお願いします!!




遠いところ、ありがとうございました!

今日は東京や大阪から宮崎塾に

すごい方々が来て下さった。

日本数学検定協会専務理事理事局長の高田さん、

数学エグゼクティブインストラクターの河口さん、

啓林館の岡村さん、佐藤さん、濱崎さん、の5名。



詳しいことは書けないけど、

もっと数学を良くしていくためには、

という内容の会議。


世界規模の数学の話であったり、

日本全体の数学の話であったり、

もっと数学を良くしていくための

具体的な意見がたくさん出て、

すごい会議だった。


世の中の数学教育がもっと良くなれば、

学校の先生もハッピーになり、

生徒たちもハッピーになり、

日本の幸せ指数は少なからず上がるはずだ。


100年後には、

私はもうこの世にはいないと思う。

であるならば、

私が学んできたことを

出し惜しみせずにあとに続く人たちに伝えていき、

少しでも数学教育が良くなってくれればいいなぁと思う。

もちろん、私はまだまだ未熟なので、

私自身がもっともっと成長しないといけないんだけどね。

インプットしてはアウトプットして、

それを繰り返しながら、

らせん階段を上がるように成長していきたい。


win-winの関係とよく言うけれど、

win-win-win-・・・-win-・・・∞
(↑数学っぽいでしょ笑)

となれるように、

できることは何でもしていこうと思う。


遠いところから、本当にありがとうございました!

これからもよろしくお願いします!










成長あるのみ


子育ての格言に、

こんな言葉がある。

「子供は親の言うことは聞かないけど、

親のやっていることはやる」


子供に本を読んでほしければ、

まずは自分が本を読む。

子供に勉強をしてほしければ、

まずは自分が勉強をする。

子供に親孝行してほしければ、

まずは自分が親孝行をする。



私はいつも、

生徒たちに勉強をするように伝えている。

それが生徒たちの未来を

よりよいものにしていくことを知っているから。

ただ、やっぱり口で言うだけではダメで、

生徒たちにガンバレって言うのであれば、

まずは自分がガンバらないと筋が通らない。


生徒たちには生徒たちのフィールドがあり、

私には私のフィールドがある。

なので、私は私のフィールドでガンバっている。

先日、

数学の仕事の幅を広げるために、

ある資格を取りに東京に行って研修を受けてきた。

合格、不合格がシビアに判定されるものだったのだけど、

無事にその資格を取ることができた!


それがこちら↓↓↓




すぅ~がくいんすとらくたぁ~!
(ドラえもん風に)


生徒たちがガンバっているので、

私もガンバらんとね!!

私は経営者なので、

自分の責任において何でもすることができる。

これからもっと仕事を加速させていく予定だ。


私は仕事を、

生徒たちは勉強を、

みんなでガンバっていこうね!!!



日本の数学を変えるために


今日は、日本数学検定協会の

専務理事事務局長の高田忍さんが

宮崎塾に来てくれた。


まだ内容を公にすることができないので、

ブログに具体的なことを書くことはできないのだが、

宮崎塾で約1時間、

尾道でランチを食べながら約1時間、

いろいろなお話をさせて頂いた。


まぁ、大まかに言うと、

日本の数学をもっと良くしていくための、

今後の具体的な取り組みに関する内容だ。

相変わらずスケールが大きい話ばかりだったのだが、

そこに私が仲間として参加できることは本当に光栄だ。


もちろん、宮崎塾の生徒たちはすごくすごく大切だし、

これまでも、これからも、一生懸命数学を教えていくつもりだ。

ただ一方で、宮崎塾以外のところでも、

もっと数学のことや教育のことを伝えていかないといけない

使命感のようなものが私の中にある。


人生は短い。

その人生の中で、

「自分が幸せになること」

そして、

「人を幸せにすること」

この2つが、人生を生きる意味だと思っている。



目の前の生徒たちを大切にしつつ、

もっと世の中にも貢献していきたい。


高田さん、

今日は遠いところまで来ていただいて、

本当にありがとうございました。

一緒に日本の数学をもっと良くしていきましょう!




重版になった本が届いた~♪

数週間前にブログに書いたのだが、

2年前に私が書いた

「数学検定1級完全解説問題集」

が増刷となった。


もう、本当に、

出版してくださった日本数学検定協会様や、

買ってくださった方に感謝感謝だ。


で、先日、

日本数学検定協会様から

最新の刷が届いた♪

なんか、自分の子供が成長して帰ってきてくれたみたいで、

ものすごーーく嬉しい!


↓↓↓ありがとうございます( ̄∇ ̄)/




↓↓↓ほんとにありがとうございます(TωT)ノ




これからも、

たくさんの人のお役に立てる本でありますように。


そして、印税は、

宮崎塾の給湯室のレモネードに変わり、

生徒たちのノドを潤すのであった(笑)。




増刷決定~♪

あまりブログが更新できなくて
 
 
ごめんなさい。
 
 
 
先週と今週が春期講習で、
 
 
それに加えて通常授業もあるので、
 
 
朝から晩まで授業授業の日々なのです。
 
 
時間が作れるようになったら、
 
 
また頻繁にブログを更新するので、
 
 
それまでしばしお待ちください。
 
 
 
 
さて、
 
 
私がこれまで出版している本の内、
 
 
実用数学技能検定1級[完全解説問題集] 発見【第2版】
 
 
の増刷が決まりました~~~!!!
 
 
 
 
コレ↓↓↓
 
 
 
 
 
今回の増刷で第3刷となります!!
 
 
 
本は自分の子供のようなものなので、
 
 
その本がたくさんの人から必要とされていて、
 
 
本当に嬉しい限りです。
 
 
感謝感謝です。
 
 
 
数学検定1級にご興味がある方はぜひ↓↓↓
 
https://www.amazon.co.jp/%E5%AE%9F%E7%94%A8%E6%95%B0%E5%AD%A6%E6%8A%80%E8%83%BD%E6%A4%9C%E5%AE%9A1%E7%B4%9A-%E5%AE%8C%E5%85%A8%E8%A7%A3%E8%AA%AC%E5%95%8F%E9%A1%8C%E9%9B%86-%E7%99%BA%E8%A6%8B-%E6%95%B0%E5%AD%A6%E6%A4%9C%E5%AE%9A-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%95%B0%E5%AD%A6%E6%A4%9C%E5%AE%9A%E5%8D%94%E4%BC%9A/dp/4901647512/ref=sr_1_3?s=books&ie=UTF8&qid=1490602566&sr=1-3&keywords=%E7%99%BA%E8%A6%8B%E3%80%80%E6%95%B0%E5%AD%A6
 
 
 

祝・増刷!!

数カ月前、2冊の本を出版させていただいた。
 
 
 
1冊は「実用数学技能検定1級の完全解説」。
 
 
この本はすべての執筆を担当させていただいた。
 
 
 
 
 
もう1冊は「実用数学技能検定準1級の完全解説」。
 
 
この本は、全7回の内、
 
 
第3回だけ執筆を担当させていただいた。
 
 
 
 
 
改訂版を含めると、
 
 
これで6冊の本を出版させていただいたのだが、
 
 
これも全て日本数学検定協会様のおかげなので、
 
 
本当に感謝感謝だ。
 
 
 
先日、担当の方から連絡があり、
 
 
「実用数学技能検定1級の完全解説」
 
 
が増刷されるとのこと!!
 
 
もう、めちゃくちゃ嬉しい( ノД`)
 
 
増刷されるってことは、
 
 
それだけこの本が世の中のお役に立っているということだから。
 
 
本当にありがたいことだ。
 
 
 
どちらの本もアマゾンで買えるので、
 
 
数学検定に興味のある方はぜひ!!
 
 
 
 
 
 
 

123

« 数学 | メインページ | アーカイブ | 日記 »

このページのトップへ