HOME > 宮崎興治の日常 > アーカイブ > 受験

宮崎興治の日常 受験

国公立前期試験の合格発表


3月6日~3月10日の間で、

国公立前期試験の合格発表があり、

それぞれの大学を受けた生徒たちが

報告に来てくれている。


報告に来てくれて本当にありがとう。


大学受験はとてもシビアなので、

良い結果の生徒もいれば、

そうでない生徒もいる。


思うような結果が出なかった人へ、

ある先輩からメッセージがある。


去年、

残念ながら前期試験に受かることができず、

後期試験で受かった大学へ行った、

Oさんという生徒がいた。


Oさんは受験直前のオープン模試でA判定を取り、

センター試験でも高得点を取って、

このまま受験すれば受かるだろうと

Oさん自身も、私も思っていた。


ところが、

残念ながら・・・、

前期試験で第一志望大学に受かることができなかった。

ものすごく辛い中、

3日後に迫った後期試験の準備をし、

後期試験を受けて合格した。

そして、

その後期試験で合格した大学へ進学することを決めた。


宮崎塾で最後に集まった日も、

Oさんはずっと浮かない顔をしていたので

私はとても心配だった。


そしてOさんは大学へ進学した。


夏にOさんが宮崎塾に来てくれたとき、

「大学はどう?楽しい?」

と私が聞くと、

「はい、楽しいです!
 受験のとき、私は視野がとても狭かったです。
 第一志望大学でなければ意味がないと思っていました。」

とOさんは答えてくれた。

でも、第一志望大学じゃなくても、

自分次第でこれからの人生を切り開くことができる、

とも言っていた。

私はすごく安心したのをよく覚えている。



先日、

そんなOさんから

ハガキが届いた。

Oさんの許可を得たので、

ブログに載せようと思う。


Oさんからのハガキ↓↓↓




このハガキに書いてあるように、

「この時期が一番しんどい」。


そして、

今日、Oさんが宮崎塾に来てくれた。

「大学はとても楽しく、

 今の大学に進学してよかったです!」

と言っていた。

ただ、受験の話題になったとき、

「今でもあのときの気持ちになると涙が出ます・・・」

と言って、泣いていた。

本当にしんどかったです、と。


私がOさんに、

「後輩へ伝えたいことはある?」

と聞くと、次のように言っていた。


この言葉がものすごく心に響いたので、

伝えたい。



「もし、

 私のように前期試験がうまくいかなかった後輩がいたら、

 どうか、自信を持ってほしい。

 前期試験を受けることができたっていうことは、

 それだけセンター試験で点数が取れたっていうことだから。

 受験をすることができただけでも、

 それは本当にすごいことだと思う。

 だから胸を張ってほしいです。」

と。



中期試験は明日。

後期試験は5日後。

今は、次の試験に向けて

全力を尽くしていこうね。


心から応援しています。



国公立前期試験の次は、中期、後期


国公立前期試験を受けた高3のみんな、

試験が昨日だけだった人も、

昨日と今日だった人も、

本当によくがんばった。


遠くの受験会場まで行って、

そして慣れない場所で試験を受けて、

とても疲れたと思う。


ただ、

きびしいことを言うけど、

中期試験や後期試験を受ける人は、

まだ受験は終わっていないからね。

合格通知をもらうその瞬間まで、

受験は続いている。


長い受験期間を戦い抜いて、

息切れしている人が多いかと思うけど、

最後のひと踏ん張りをやり遂げよう。

これからあなたが受ける大学の受験生も

みんな息切れしている。

だからこそ、

最後まで踏ん張ろう。


国公立中期試験まであと10日、

国公立後期試験まであと14日。

中期試験や後期試験に数学が必要な人は、

添削を申し出ておいでね。

もちろん、

質問があれば

どんな質問にも答えるからね。


自習室はいつも通り、

朝8時~夜21時50分で開けているから、

家であまりはかどらない人、

息切れしてしまっている人、

どんどん自習室を利用してほしい。


42.195kmのフルマラソンで例えると、

今は陸上競技場に入ってきて、

最後のトラックを一生懸命走っているところだ。

本当にあと少しだからね。


最後の最後まで、

一緒に全力でやり抜きましょう!

応援しています!!



国公立前期試験を受ける高3の生徒へ


いよいよ明日は

国公立前期試験だ。



緊張するかもしれないけど、

焦る必要はないからね。

センター試験と違って、

試験時間が長いからじっくり取り組もう。


わかる問題を確実に取ろう。

見直しをして確実にね。


捨てる問題は潔く捨てよう。

合格最低点から割り出した、

各教科の点数を取れば大丈夫だから。

満点を取る必要はないからね。



授業で何度も言ってきたけど、

『答案は採点者へのラブレター』

だ。

どれだけ勉強をしてきたか、

どれだけ努力をしてきたか、

採点者にラブレターを書くように、

想いを答案用紙にすべてぶつけようね。


大丈夫。

やるだけのことはやった。

あとはぶつけるのみだ。



どうか、あなたが実力を出し切れますように。

応援しています。



高3の国公立前期試験対策 最後の授業


宮崎塾では

センター試験が終わってから、

授業の内容が一気に変わる。

生徒たちに入試問題を解いてきてもらい、

一斉授業で解説をして、

生徒たちから集めたすべての答案を添削し、

1人1人に個別指導をする形で

返却と説明をするという流れ。


約3週間、

この授業の流れで

1人1人の答案を添削し、

改善してきた。


そして、

今日は最後の一斉授業の日。

最後に行ったのは

「本番個別模擬試験」。

それぞれの大学の数学の過去問を、

本番と同じ形で、

本番と同じ時間で解いてもらった。


模擬試験中↓↓↓






解いてもらった答案を私が全部添削して点数をつけ、

1人1人に返却をして個別に解説をしていく。


生徒たちには

過去の合格最低点から計算してはじき出した

合格するための目標点数を決めてもらっているので、

今回の「本番個別模擬試験」で、

その点数に届いているかどうかがわかる。

もちろん、点数をつけるだけではなく、

答案の書き方をしっかり確認していく。


1つの大学の数学の試験時間が120分や150分など

非常に長く、

また、問題の難易度が高いため、

添削にはものすごく時間がかかる。

みんな違う問題だからね。


ちなみに、

みんなが一生懸命解いてくれた答案がこれだ。


魂が入った答案↓↓↓



上から見ると↓↓↓




ちなみに生徒たちが解いた問題がこれ↓↓↓




この添削を約10日でやり切りつつ、

それと並行して

生徒1人につき1時間ほどの返却と解説をしていく。


当たり前だけど、

高1や高2の生徒たちもいるので、

いつもの仕事をやりながらね。


だから、

これから国公立前期試験までは、

寝る時間すらない。

いつもの仕事以外の時間を

ぜんぶ添削に充てないと、

到底間に合わない。

体力的にも精神的にも相当きつい。


でもね、

それで生徒たちの合格の可能性が

確実に上がるわけ。


宮崎塾に3年間通ってくれて、

生徒たちにはものすごく感謝している。

だから、私もみんなと一緒にがんばるよ。

これが私がみんなにできる、

最後のことだからね。


一生懸命やった合格と、

たまたまできた合格は、

人生における意味が違う。

ちゃんと、

自分はこれ以上できないっていう努力をして、

合格しよう。

それが受験で学ぶ一番大切なことだからね。


あと少し、

一緒にがんばろうね!!



高3の添削


インフルエンザから復帰。

本当にご迷惑をおかけしましたm(_ _)m


さて、

高3は国公立二次試験まで

あと24日となった。


そこで、

高3の数学が必要な生徒たちに入試問題を解いてもらい、

1人1人添削をしている。


というのも、

センター試験と二次試験では、

採点者が違うからだ。

センター試験は機械が採点を行うが、

二次試験は人間が採点を行う。

だから、

同じ解法であっても、

字が読みやすいか、

グラフはポイントをおさえて書かれているか、

論理は通っているか、

などによって、

点数が変わってくるのだ。

採点者が人間だからね。


だから、

1人よがりな解答にならないように、

1人1人添削を行っているわけ。


これがかなりの量になるので、

朝早くから夜遅くまで

生徒たちの答案と向き合っている。

一言一句読み込んで、

この言い回しは良くない、

この書き方は良い、

など、すべての答案にコメントを書いている。


生徒たちの答案↓↓↓



これで一週間分。

1枚1枚、

B4用紙いっぱいに

ビッチリ答案が書かれているので、

読むだけでも大変。


でもね、

3年間教えてきた生徒の答案をじっくり見ていると、

これまでの3年間の積み上げが

答案から見えてきて、

嬉しくなるわけ。

あー、この生徒はこんな風に成長したんだなぁ、

この生徒はこんな解法を身につけたんだなぁ、

とかね。


今は、

授業と面談と添削しかしておらず、

修行僧のような生活なのだけど、

高3との残り最後の1カ月、

生徒たちの数学をしっかりと仕上げていこうと思う。




どうか、みんなが受験本番で力を出しきれますように。




センター試験は通過点でしかない


2日間のセンター試験が終わった。

高3のみんなは体も心もヘトヘトだと思うけど、

センター試験は通過点だから、

次の私立試験、国公立前期試験に向けて

気持ちを切り替えて勉強しようね。


そのために大切なことは、

少しでも早く現実を受け止めて、

次へのスタートを切ること。


だから、

今日はセンター試験が終わった当日だけど、

夜8時50分から

宮崎塾で自己採点をしてもらった。


そして、

1人1人、点数を書いてもらって、

面談をした。

すべての面談が終わったのが夜11時40分だったので、

迎えに来てくださった保護者の方に

本当に感謝しています。

夜遅くに、

本当にありがとうございました。


センター試験の結果については、

良い結果の人もいれば、

なかなか思うような結果ではなかった人もいた。



それでも、みんながどんなにがんばってきて、

どんなに努力してきたかを、

私は良く知っている。

だから、どうか胸を張ってほしい。

どれだけがんばってきたか、

自分自身が一番よくわかっているよね。


もし、思うような結果ではなかったとしても、

それは将来、

必ずあなたの人生の糧になるからね。


まだ受験は始まったばかり。

あきらめることはない。

何度も言うけど、

大切なことは、

次のスタートを早く切ることだからね。


すぐに私立試験が来て、

すぐに国公立前期試験が来る。

マーク脳から記述脳に変えなければいけないので、

時間はまったくない。


私にできることは何でもするから、

あと少し、

一緒にがんばっていこうね。


受験が終わったとき、

宮崎塾を卒業したとき、

みんなが笑顔でありますように。



高3のみんなへ


今日のことは忘れよう。

今日がどのような結果であれ、

明日の試験をフラットな気持ちで受けようね。

今、変えることができるのは、

明日の理科と数学の点数だけ。


だから、

今やるべきことは、

理科と数学の総復習をすることと、

明日のためにしっかり休むこと。


もし、気持ちが今日の試験に引っ張られそうになったら、

どうすればいいか具体的な方法を教えたよね。

それを実行して、

明日に備えよう。


あなたが力を出し切れますように。

全力で応援しています!


センター試験前日


ついに明日はセンター試験だ。

センター試験前日である今日も、

高3の生徒たちは

自習室で最後の追い込みをしている。


センター試験前の最後の授業で、

大切なことはすべて伝えた。


だから、

今日は最後に一つだけ伝えておこうと思う。


「どうすれば緊張はなくなりますか?」

何人もの高3の生徒たちに聞かれることだ。

はっきり言うけど、

緊張がなくなることはないよ。

大なり小なり、

緊張はみんなする。


だから、

緊張はするものだと

あらかじめ思っておこう。


では、どうすればいいか。


緊張はなぜするのかというと、

たくさんがんばってきたからなわけ。

めちゃくちゃがんばってきたから、

緊張するんだよ。

まったく勉強をしてなくて、

どうでもいい試験だったら、

緊張なんてしないでしょ。


緊張したら、こう思おう。

『こんなに緊張するくらいがんばってきたんだ』

って。

緊張は敵ではない。

緊張とは、

あなたが努力してきた日々が、

思いとして溢れ出たものなんだよ。


大丈夫。

緊張するくらいやったんだから。


今までやってきたことを、

マークシートにぶつけようね。

あなたの力が出し切れますように。

応援しています。


元旦マーク演習


あけましておめでとうございます。

さて、1月1日は何の日か?

それは、

センター試験まであと18日の日だ。


世間はお正月かもしれないが、

受験生にそんなものは関係ない。


というわけで、

今日は高3の生徒全員で、

元旦マーク演習を行った。


センター試験本番を想定して、

ちゃんと60分を測って数学マークを解き、

即、自己採点をして、

そのまま解説。


センター本番演習↓↓↓






高3の授業では、

1回の授業につき、

必ず1つ話をするようにしている。

それはモチベーションが上がる話だったり、

私の過去の受験の話だったり、

センター試験に対する実用的な話だったり、

生徒たちのためになる話だ。


いつもは5分くらいなのだけど、

今日は元旦ということもあり、

特別に20分ほど話した。

心のど真ん中に響く内容だったので

泣いている生徒も何人かいた。

やりきることの重要さが伝わったと思う。


センター試験まで残り18日、

ここからまだまだ伸びるから、

受験が終わったときに胸を張れるように、

やりきってほしい。



さて、高3の生徒が全員塾に来てくれ、

なんとなんと、

高1の生徒が6人、

高2の生徒が7人も自習室に来て、

勉強していた!!


しかも、朝から来て、

最後(21時50分)までやる生徒もいて、

ほんとに素晴らしい・・・。

がんばる姿は本当にかっこいい。



普段はチョコなどのお菓子を

自習室にいる生徒たちに配っているのだけど、

今日は元旦ということもあり、

1人に1つ、もちを配った!


もち↓↓↓



宮崎塾にはトースターもあるからね!

えっへん( ̄▽ ̄)


ただ、焼いたもちだけを食べるのは味気ないので、

調味料を用意して自由に使ってもらうことにした。


調味料↓↓↓




授業後、

みんながもちを食べてるかな~

と思って給湯室をのぞいてみると、

興味を示してるぅぅ!!↓↓↓




焼いてるぅぅ!!↓↓↓



喜んでるぅぅ!!↓↓↓



きなこをかけてるぅぅ!!↓↓↓



食べてるぅぅ!!↓↓↓



食べさせ合ってるぅぅ!!↓↓↓




もちじゃない何かを食べてるぅぅ↓↓↓




ということで、

もちは喜んでもらえたみたい♪

よかった( ̄▽ ̄)


普段、勉強をめちゃくちゃがんばっているから、

もちでリフレッシュできてたらいいなぁ~。


元旦からよくがんばったね!

明日もあさっても、

朝8時から自習室を利用できるので、

どんどん使ってね!!


今日もいい1日だった♪

みんな、塾に来てくれてありがとう。


モチベーションアップ講座


センター試験まであと3週間。

高2にとっては、

あと1年と3週間後にセンター試験だ。


ということで、

今日は高2全員に対して、

通常授業を行った後、

ガッツリ2時間もモチベーションアップ講座を行った!



本当に志望大学に合格できるのか、

どのように勉強を行えばいいのか、

どれくらい勉強すればいいのか、

そういう不安を払拭できるような2時間。


モチベーションアップ講座がすべて終わったときには、

涙ぐんでいる生徒も何人かいた。


高3はあと2か月で卒業するし、

高2はあと1年2か月で卒業する。

そのときに、

『宮崎塾に来てよかった』

そう思って笑顔で卒業してもらいたいから、

一生懸命伝えた。


合格できるかどうかももちろん大切だけど、

私はそれ以上に、

どれだけがんばれたかが大切だと思う。

そのがんばった経験こそが、

生きていく上で必ず糧になる。

何か困難にぶち当たったとき、

『高校のときにあんなにがんばれたじゃないか!』

そんな風に思えたなら、

その困難を前向きに越えれるのだと思う。

まさに、大人になった私がそうだから。



最後に、

たまたま私がブログを書いているときに給湯室にいた

高2の生徒3人に感想を書いてもらったので、

それを載せて終わろうと思う。

書いてくれた3人、ありがとね(^^)










1234567891011

« 卒業生 | メインページ | アーカイブ | 塾の設備 »

このページのトップへ