月別 アーカイブ

HOME > 宮崎興治の日常 > アーカイブ > 経営

宮崎興治の日常 経営

働くことの本質


先日、

生徒たちの何人かが

「くしゃみが出ます」

「鼻水がめっちゃ出ます」

などの症状を言ってきた。


花粉が飛んでいるし、

季節が変わろうとしているので

その辺りが原因かと思ったけど、

少しでも環境を良くしてあげたくて、

早朝からガッツリ塾の掃除をした。


いつもはスーツなのだけど、

掃除モードということでジャージで挑んだ!


まずは窓を開け放ち、

掃除機で塾中の細かなホコリを撲滅!!



戦闘中(その1)↓↓↓




戦闘中(その2)↓↓↓





果てしない戦い↓↓↓




掃除機が終わったら

絞ったぞうきんでひたすら拭く!!!



戦闘中(その3)↓↓↓




こんな感じで塾のすべての席(約100席)や、

廊下や階段などをくまなく掃除した!



掃除をしながら思っていたことは、

『生徒たちのくしゃみや鼻水が止まったらいいな』

だ。


暑くて汗だくだったし、

筋肉がピクピクしていたけど、

誰かのために何かをしているときは

とても楽しい。


働く(はたらく)の語源は「はた・らく」で


はたをらくにするという意味。

つまり、

周りの人を楽にさせるというのが

本来の意味だ。



掃除をした後、

15分だけ仮眠をして

通常業務に戻ったのだけど、

今日はたくさん働いたから

すがすがしかった♪



生徒たちのくしゃみや鼻水が

少しでも止まりますように( ̄人 ̄)





少しずつ日常を取り戻しつつある宮崎塾


6月1日から塾を通常運営に戻したので、

やっと生徒たちと対面で話せるようになった。


とはいえ、

やっぱり対策はきちんとしないといけないので、

できる限りのことをやっている。


まず、塾に来たら、

消毒液の塗布と検温。




検温は非接触のものを用意し、

1秒で測れるようにした。






各自習室や授業室には

除菌シートを設置し、

自分が使った座席やドアノブを

全員で拭くようにしている。





在庫が尽きてはいけないので、

一カ月はもつように

少しだけ備蓄をした。





生徒たちと話していると、

しばらく家でじっとしていたため

学校に行って授業を受けることが

体力的にしんどいみたいだ。



しばらくすれば

学校や塾に通う日常に

慣れてくるから、

大丈夫だからね。



自習室の席は

できるだけ間隔をあけて

座ってもらうようにしている。

あと、

基本的に窓はずっと開けている。










このような感じで、

少しずつではあるけど

宮崎塾にも日常が戻ってきた。


直接顔を合わせて

質問に答えたり

相談に乗ったりすることができるので、

ただそれだけで嬉しい!


みんなで気をつけながら、

そして

直接顔を見て話せることに感謝しながら、

一緒にガシガシがんばっていこうね٩( ''ω'' )و




【連絡】6月1日(月)から通常に戻します


最近の広島県における新規感染者数が

ほとんどいないことと、

尾道北高校が6月1日(月)から

ほぼ通常に戻ることを鑑み、

宮崎塾の授業や自習室などを

6月1日(月)から通常に戻します。


自習室の利用時間について、

5月30日(土)までは15時~20時30分

5月31日(日)は休館

6月1日(月)以降は通常に戻します。

(通常)
平日 14時~21時50分
土・日・祝 8時~21時50分



授業については、

学校よりもかなり進んでいる
(数学は2分野先をやっています)

ことと、

生徒たちが学校に通うための

体力を戻すことを考えて、

5月31日(日)~6月6日(土)

の期間の授業はお休みにします。

(1カ月の内、3週間が授業週であるため)


授業動画の復習をしたり、

学校の課題をしたり、

模試の勉強をしたり(高2)、

自分の勉強時間に充ててください。


授業はお休みにしますが、

6月1日(月)以降は自習室を使えますので、

思う存分利用してもらえればと思います。

もちろん、質問も大歓迎です。


ただし、

まだまだ気は抜けませんので、

マスクの着用、

うがい・手洗い、

塾に来たら検温と消毒液の塗布を

お願いします。



少しでもご不明な点がございましたら、

遠慮なくご連絡いただければと思います。




(追伸)

やっと、

やっと生徒たちと対面で話せて

心から嬉しいです(^^)

感謝。

宮崎塾の現状のご報告


コロナ対策で

授業、自習室、面談、テスト

をすべてオンラインにしているけど、

何をやっているか

わかりにくいと思うので

現状をご報告します。


オンライン対応で

一番大切なことは、

生徒たちの状況把握だ。


撮影した授業を送るだけだと、

生徒によって見る人もいれば

見ない人もいるので、

全員に授業を見てもらうのは

とても難しい。


だから、

誰が見て、

誰が見ていないかを

それぞれに報告してもらって

状況を把握することが大切なのだ。


これはテスト、自習室、面談でも同じだ。


オンライン対応にするとき

阪田先生とガッチリ話したのは

「生徒を1人も取りこぼさず、全員で乗り切る!」

ということ。


だからまず、

学年ごとに

次のような表を作って、

毎日チェックしている。


ある学年のチェック表の一部↓↓↓



授業動画を見ていなかったり、

テストをやっていない生徒には

家に電話をしたり、

直接メッセージを送ったりして

ちゃんとやるように

伝えている。


また、

1週間に1回、

生徒たち全員と

オンラインで面談をするようにしている。


面談では色々な相談にのっている。


例えば、

「携帯電話で気が散って

午前中ダラダラしてしまいます」

という悩みには

「まずは携帯電話を視界にいれないこと。

別の部屋に置いて物理的に離れてごらん」

というアドバイスをして、

その生徒は午前中も

勉強がはかどるようになった。


他にも例えば、

「あまり勉強がはかどりません」

という悩みには

「前日に翌日の時間割を組んで

その時間割にそって勉強してごらん」

というアドバイスをして

その生徒は勉強に

集中ができるようになった。


他にもたくさんあるのだけど、

ここに書いていたら書ききれないので

雰囲気を感じてもらえればと思う。


人によって、

そして時期によって

悩みはいろいろと変わるのだけど、

これからも

1人1人に寄り添って

面談をしていくつもりだ。


少しでも

勉強に、そして日常に

前向きになってもらえたら嬉しい。



また、

数学も英語も

オンラインでテストをしている。

1週間前には

高2の生徒全員と

指数対数の60分のテストを行った。


その答案の一部がこれだ。










これで1人分。


高2は26人いるので、

このテストの答案の添削をして、

1人1人にアドバイスのメッセージを送り、

点数が合格点に届かない人には

再びテストを行い、

またアドバイスのメッセージを送り。


塾で対面でテストを行えば、

その場で1人1人にアドバイスができるので

そこまで時間はかからないのだけど、

ラインでメッセージを打つとなると

何倍もの時間がかかる。


これはほんの一例で、

それぞれの学年で

毎週のように小テストを行っているので、

テストの返答だけで何時間もかかる。


ものすごく大変だけど、

テストがあれば

生徒たちの勉強に張りが出るので

これからもテストを

やり続けていくつもりだ。


また、

質問にはラインで答えているのだけど、

口頭で答えればすぐに終わることも

文章にするとすごく長くなってしまう。

紙に書いて写メを撮って送ったり、

動画を撮って送ったりして

工夫して質問に答えているのだけど、

これがオンラインテストの提出と

重なることが多くて、

大体1日50件くらい

ラインがたまる。


これは私1人分なので、

阪田先生も同じくらい

ラインが来ていて、

それを丁寧に返してくれている。


例えば

数学の質問はこんな感じ↓↓↓




五月雨式に質問がくるのだけど、

それでも生徒が

一生懸命勉強してくれているのが

とても嬉しい。


だから、

1件1件、

一生懸命答えている。


これからも遠慮なく

どんどん質問してほしい。



また、

授業動画の最初に

モチベーションが上がる

お話をしている。


例えば

前回の動画で、

私は

「苦しいことを乗り越えた後こそ

もっと強い自分になれる」

というテーマで

私自身の経験談を話した。


これは結構反響があって、

「モチベーションが上がりました」

という意見をたくさんもらった。


生徒からのメッセージ↓↓↓




一生懸命話してよかった。


と、

こんな感じで、

通常の塾経営よりも

何倍も大変なんだけど、

毎日生徒たちと全力で向き合っている。



最後に今後について。


早く対面授業をやりたいし、

自習室も使ってもらいたいし、

生徒たちと直接話をしたい。

本当に。

心の底からそう思う。

ただ、

生徒たちの健康が最優先なので、

塾の再開は政府の指針次第。


現状、

政府は今後の方針を示せていないので

今は何とも言えないのだけど、

緊急事態宣言が緩和されて

学習塾が大丈夫になれば、

塾を再開できればと思っている。


そのとき、

万全の状態で

生徒たちを迎え入れたいので、

マスクや消毒液を

少しずつ備蓄する努力をしている。


そして、

ここからはお願いなのですが、

生徒たちの健康を守るためにも

塾の再開までに

ご家庭でマスクの準備をお願いできれば

ものすごく助かります。


もちろん私も準備の努力をします。


困難な状況ですが、

今の状況で

やれることを

全力でやっていきます。



みんなで乗り越えて

日常を取り戻していきましょう!


 

宮崎塾の現状のご報告


授業、テスト、自習室を

オンラインにして

約1週間。


どんな形で

授業、テスト、自習室を

やっているか

お届けしたいと思う。



まず、授業についてだけど、

私と阪田先生で

ひたすら授業動画を

作っている。


普段は生徒の方を向いて

授業をやっているけど、

現在は

カメラの方を向いて授業を

やっている。


今日は阪田先生が

高1の授業を撮影していたので、

その様子を写真に

撮らせてもらった。


それがこちら!



↓↓↓カメラに向かって授業をする阪田先生




生徒たちが動画に飽きないように、

授業動画は

ホワイトボードに書く動画と、

iPadを使った動画の

2種類を作っている。


iPadの動画は

どこでも作ることができるので

私は基本的に

iPadの動画は家で作っている。




その様子がこちら!

↓↓↓iPadで授業動画作成中




授業動画を作るのは

もちろん1人だけで

孤独なんだけども、

この動画を生徒たちが

見てくれると思うと、

授業ができるだけで

ありがたいなと思う。



いつも授業をやっていた

曜日と時間になったら、

作った動画を

生徒たちに送っている。



また、

授業ではテストをやっていたので、

それもオンライン対応にした。

問題を提示して、

それを解いてもらって

答案を個別にラインで

送ってもらっている。


その様子がこちら!

↓↓↓小テスト





さらに、

自習室は

zoomというアプリを使って

学年ごとに

オンラインでやっている。


曜日と時間を決めて、

みんなで自習をしているわけ。


もちろん質問オッケーだ。


zoomの機能の中に

個別に話しをすることができる

機能があるから、

毎週1人1人と面談をしている。


なかなか自分一人で

モチベーションを保つことは難しいと思うので

面談では

そこをサポートしたいのだ。


↓↓↓オンライン自習室の様子




大変な状況ではあるけど、

すべてオンラインにすることで

塾に来ることと

ほぼ同じような環境は作れたと思う。


全力でサポートしていくので、

ぜひこの期間に

自分を成長させてもらえればと思う!


みんなでがんばっていきましょう!!!





【連絡】3月23日(月)から授業を再開します


各ご家庭に文書を

送付させていただきましたが、

以下の通り

授業を再開させていただきます。


これまで、

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、

文部科学省が全国の小中高に

臨時休校を要請した状況を受け、

塾生の皆さまの安心安全を第一に考え、

オンライン対応での

授業とさせていただいておりました。


オンラインでの対応にかかわり、

様々にご面倒ご迷惑をおかけいたしました。



つきましては状況を鑑み

3/23~から通常スケジュール通り

授業を再開いたします。

今回はひとまず授業のみということで、

自習室利用に関しては

4/1~を予定しております。

(状況を見てまたHP等で告知させていただきます)



塾内においては感染拡大防止のため

消毒・換気を徹底し、

感染防止に努めますので、

ご理解の上ご参加いただければと思います。


また、従来どおりの対応ではありますが、

今後も極力すべての授業を動画収録いたしますので、

ご不安な方は

ご自宅でもオンラインにて

学習を進められるようにする予定です。



また、何かご要望ご相談などあれば

細かい点でも結構ですので

ご連絡をお願いいたします。



塾内の様子をご報告します


コロナウイルスのため、

苦渋の決断で

授業と自習室の使用をやめた。


閑散とした塾内は

とても寂しいのだけど、

生徒たちの健康が第一だ。


さて、

今日のブログでは

塾内の様子を届けようと思う。


対面授業や自習室の使用ができないので、

状況が落ち着くまでは

すべてオンラインに切り替えると決めた。


ということで、

授業はすべて録画をして

ネット配信をする。


今日は生徒たちが誰もいない中、

本来やるはずだった授業をした。


↓↓↓無観客授業をする宮崎




色々と試していたので、

なんだかんだで6時間は収録した。


収録した録画をラインで配信して、

生徒たちが授業を見たかどうかは

ラインのアンケート機能を使って

確認している。


↓↓↓確認の画面




授業動画をアップして

2時間しか経ってないけど、

すでに4人が見てくれて、

1人が半分見てくれている。

いいね!


この運用で

ひとまず授業は大丈夫!



次に自習室だ。

阪田先生が色々と調べてくれて、

なんとオンラインで

その環境を整えてくれた!!

その名も

『オンライン自習室』!!!


今日は阪田先生が

高1の生徒たちと

試しに1時間だけ活用してみたのだけど、

すげぇ、、、なんだこれ。

もう、自習室じゃん。

隣で見ていたのだけど、

参加してくれた高1の生徒たちは

みんなバッチリ集中していた。


↓↓↓オンライン自習室を監督中の阪田先生



次は

オンライン自習室の機能を使って、

オンラインでテストが出来るかどうか。

理論的にはできるんだけど、

とりあえず試してみないとね。


ということで、

オンライン授業と

オンライン自習室はできたから

あとはオンラインテストだけだ。


生徒たちが勉強しやすいように

試行錯誤の毎日だけど、

何とか形になってきて良かった。


私1人では絶対にできなかったことだから、

阪田先生の存在は本当にありがたい!

『ほれてまうやろーー!!』

と心の中で叫んでいる(←ガチで)。


最後に、

高3の生徒たちの自習室利用はOKだから、

高3の生徒は入れ替わり来てくれるのだけど、

今日は

「これまで自習室にお世話になったので」

と言って、

勉強の合間に掃除をしてくれた。


↓↓↓掃除をしてくれる生徒たち








ありがとう。


消毒した塾内が

もっとキレイになって

ほんと感謝です!


勉強はもちろん大事なんだけど、

人間性も大切だ。

その両方が高まってこそ、

幸せな人生を歩める確率が高くなると

私は考えているから、

掃除をしてくれている

生徒たちを見て、

とても嬉しくなった。

ありがとね(^^)


さて、

生徒たちのために

まだまだやることは山積みなので、

1つ1つ終わらせていこう。


大変な状況だけど、

大変な状況だからこそ、

みんなで乗り越えていければと思う。


コロナが落ち着くまで

あと数週間、

一緒にがんばりましょう٩( ''ω'' )و



保護者懇談会、その後、感涙の出来事


7月13日(土)に、

高1、高2の保護者の方を対象に、

保護者懇談会を行った。


内容は、

・4月からの進度や成績など、1学期の総括

・夏期講習について

・センター試験に変わる共通テストについて

・個別相談

だ。


高1、高2の保護者の方だけが対象だったのは、

今年度から英語の音読を新しく始めたことと、

共通テストが来年度から始まるから

その説明のため。


高3の保護者の方は、

冬に進路個別面談を行う予定です。



今回、

保護者懇談会を行ったのは、

保護者の方に

少しでも安心してほしかったから。


今年度から阪田塾と合併したこと、

センター試験が共通テストに変わることなど、

ご不安なことが多いだろうと思い、

私たちにできる精一杯を

お伝えさせていただいた。



正直に言うと、

保護者の方がどのように思われるのか、

どのように受け止められるのか、

私も阪田先生も

内心ではかなり緊張していた。


そのため、

懇談会の前日の

7月12日(金)は、

私と阪田先生の2人で

深夜24時近くまで話し合った。


資料を作ったり、

どのような話をするか考えたり、

役割分担したり。


どうすれば、

保護者の方が

安心して下さるだろうって。


まぁ、、、

懇談会本番は、

会場が直前まで開かなかったり、

プロジェクターを写すスクリーンが壊れたり、

個別相談の時間が押しまくったりと、

私たちの至らないことが多くて

本当に申し訳なかったです。。。


そんなこんなで

4時間にわたる懇談会を終え、

いろいろなご意見や、

たくさんの感謝の言葉をいただいた。

とてもありがたかったです。



懇談会が終わって

さすがにヘロヘロになり、

「今の我々には糖分が足りない・・・」

と言って、

コンビニのチョコクレープを

阪田先生と食べた。

(↑2人とも甘いの大好き)



そして

懇談会が終わった3日後、

なんとなんと、

ある生徒の保護者の方から

お手紙をいただいた!!


お手紙↓↓↓




このお手紙を読んで、

嬉しくて涙が出そうになった(T_T)


ブログ掲載の許可をいただいたので、

プライバシーの部分はふせて

お手紙の内容を載せようと思う。



いただいたお手紙↓↓↓






もうね、ほんと感動。。。



私が宮崎塾を創業したのは、

『1人でも多くの人を幸せにしたい』

という想いからだ。


目先の点数や成績ももちろん大事だけど、

何より、

生徒たちに幸せな人生を歩んでほしい。


ただ、

塾を創業して8年目になるけど、

教育に絶対的な正解なんてないから、

未だに手探りなわけ。


生徒たちのことを想って

授業も、

自習室の環境も、

テスト対策や受験対策も、

一生懸命やるんだけど、

うまくいくこともあれば

うまくいかないことも多い。

8年間、

毎日毎日試行錯誤の日々なわけ。


そんな中、

「宮崎塾の塾生はみんな幸せそう」

というお手紙をいただいたので、

そりゃもうね、

めちゃくちゃ嬉しいよね!


だって、

私は生徒たちを幸せにしたくて

塾を作ったわけだから。

最高の誉め言葉だ。


素敵なお手紙を

本当に本当に

ありがとうございました。

これからも

試行錯誤の日々ですが、

ご期待に添えるよう、

尽力致します。






10連休中もフルで開塾!!


明日からゴールデンウィークが始まる。

ご存知の通り、

今年はなんとなんと10連休!


まぁ、世間は10連休なわけだけど、

宮崎塾にそんなものは関係ない。

人が休んでいるときこそ、

がんばるチャンスだからね。


人と同じことをしていたら、

人と同じような結果しか出ない。


イチローは普通の人よりも

はるかに多く野球をしたはずだ。

羽生ゆずゆずは普通の人よりも

はるかに多くスケートをしたはずだ。

だから、

人よりも野球ができ、

人よりもスケートができる。


だとしたら、

人よりも成績を伸ばしたかったら

どうすればいい?


人よりもたくさん勉強すればいいよね。

当たり前だ。


ただね、

頭でわかっていても、

なかなか勉強ができない。

よくわかる。


だから、

10連休もフルで自習室を開ける!!

家で勉強ができない人でも、

自習室に来たら勉強ができる。

先生がいるし、

誘惑がないし、

周りの友達もみんな一生懸命勉強しているわけで。


ということで、

10連休中は、

毎日 朝8時~夜21時50分

で自習室を開けるので、

どんどん利用してほしい!!


もちろん、

授業はいつも通りあるからね!


せっかくの自由な10日間、

終わったときに

「あーー、よくがんばったぁぁーーー!」

と思えるものにしよう。


10連休ではなく、

10連自習室にしようね!

お待ちしております!!


保護者の方から!!


な、な、なんと、

先月卒業した生徒の保護者の方から

「ぜひ、宮崎塾の感想を書きたいです!」

という申し出をいただいた。


もうね、

ものすごーーくありがたい。

本当に感謝感謝です。


お兄ちゃんと弟くんが

2人とも高1のときから通ってくれて、

先月、弟くんが宮崎塾から卒業した。

お兄ちゃんと弟くんを合わせると、

合計5年ものお付き合いになる。


しかも、

私が塾を開けられないときなど、

この保護者の方が

自習室を開けて下さっていたのである。

(他にも何名かの保護者の方が
 自習室を開けて下さっていた)



では、

保護者の方からの

ありがたーーい感想をどうぞ!!


感想↓↓↓






弟くんが大学の新生活を始めるにあたって、

机とイスを買うことになったそうだ。

そのとき、

この感想文の中に書いてあるように、

塾の自習室と

同じ色の、同じサイズの机、イスがいい!

と言って、

できるだけ塾の自習室と同じものを買ったらしい。


ちなみに、

塾の自習室の机はコレ↓↓↓





全面白色で、

これより大きすぎても小さすぎてもダメで、

ほんと塾の自習室そのままのものを

購入したと保護者の方にうかがった。

大学生になっても

塾の自習室と同じ環境で勉強したいから、と。


もうね、

そんなに自習室を気に入ってくれていたんだと思うと、

むちゃくちゃ感動だ・・・。

保護者の方からお話を伺いながら、

塾の机とイスを

1セット送ろうかと思ったくらいだからね。


3年間勉強しまくった

宮崎塾の机・イスのセットで、

大学生になっても

ガシガシ勉強してね!



保護者の方、

大切なお時間を使って感想を書いてくださり、

本当にありがとうございました!





1234567891011

« 生徒 | メインページ | アーカイブ | 考えていること »

このページのトップへ