HOME > 宮崎興治の日常 > アーカイブ > 2019年6月

宮崎興治の日常 2019年6月

文化祭に行ってきた!(その3)


(前回のつづき)


生徒たちの演奏を聴き終わって、

体育館から出たときに

「あ、宮崎先生」

と声をかけられた。

その人が、

な、な、なんと!!!













北高の校長先生!!




実は、

今の北高の校長先生とは

何度かお会いしたことがあり、

本当に素晴らしい先生だと私は思っている。

なんというか、

器がとても大きいのだ。



5分ほどの立ち話だったのだけど、

話した内容が素敵だった。

何を一緒に話したかというと、


『もっと生徒たちを伸ばすには』


ということ。


一般的に、

学校は塾のことを嫌がり、

塾は学校のことを嫌がる傾向にある。

ただ、

これっておかしなことだと思う。

だって、

「生徒たちを育てる」

という目的は

学校も塾も同じなんだからね。


同じ目的をもっているのに、

それぞれの足を引っ張り合うのは

とてももったいないことだと思うのだ。


家庭も、学校も、塾も、

役割はそれぞれ違うけど、

目的はみんな一緒。

子供たちに幸せな人生を歩んでほしい

ということ。

それぞれの立場で

助け合いながら

一緒に進むのが理想だと思う。


そ・こ・で!

さきほどの校長先生に話を戻すけど、

塾の経営者である私に、

どうすればもっと生徒たちを伸ばせるか

ということを真剣に話してくださるのだ。

一緒に生徒たちを伸ばしていきましょう、と。

まさに理想だ。

ほんと、器がものすごく大きい。


具体的な内容はここでは書けないけど、

「〇〇していきましょう!」

ということで話がまとまった。



前回、校長先生とお会いしたのは

半年前のセンター試験の会場でだった。

そのときも、

「一緒にもっと話を詰めていきましょう」

ということを

一緒にお話させていただいた。


あれ、

なんか文化祭のことを書いていたのに、

全然違う方向に話しが行ってしまった(笑)。



これからも

北高さんと共に、

生徒たちをハッピーにしていければと思う。

校長先生、ありがとうございました!


そして生徒のみんな、

文化祭おつかれさまでした!!



文化祭に行ってきた!(その2)


(前回のつづき)


北高の文化祭2日目は一般公開の日。

朝10時30分に北高の正門前で、

阪田先生ご一家と待ち合わせて、

みんなで文化祭を回った!


1年生、2年生のクラス展示や出し物、

部活の展示など

ぜんぶ回ったのだけど、

よくがんばっているなーと純粋に思った。

プラネタリウムなんて、

手作りとは思えないクオリティだった!


一番嬉しかったのは、

保護者の方や生徒たちが

たくさん声をかけてくれたことだ。


「〇〇の母です、いつもお世話になっています」

「せんせー、来てくれたんですねー!」

など、

ほんと、

50歩進むと声をかけてもらえる感じで、

ありがたかった(^^)


体育館では、

音楽部がバンド演奏していたり、

有志の生徒たちがピアノや歌を披露していたので、

少しだけ行ってきた。

(ここで阪田先生ご一家とはお別れした)

私も北高時代に音楽部だったので、

後輩たちが一生懸命演奏しているのを聞いて、

とても懐かしい感じがした。

まぁ、私は下手下手だったんだけどね(笑)。


あと、有志の演奏で、

宮崎塾の生徒が2人出て

バイオリンとピアノを演奏していたんだけど、

めっちゃ上手くてびびった!

なんか、

2人とも演奏しながら体が自然に揺れていて、

プロの雰囲気が出ていた!

演奏しながら体揺らすのって、

プロっぽくていいよね( ̄▽ ̄)

今度、数学の授業をしながら

体を揺らしてみようかなぁ。

「はーい、ここ、テストに出るよ~(ゆさゆさ)」

みたいな。

きもいか(笑)。


そして、

2人の演奏を聴き終わって、

体育館から出たときに

「あ、宮崎先生」

と声をかけられた。

その人が、

な、な、なんと!!!


(つづく)



文化祭に行ってきた!


昨日、今日と北高の文化祭があったのだけど、

なんとなんと、

私は2日間とも行ってきた!!

皆勤賞ですよ♪


北高の文化祭↓↓↓




1日目は内部公開で

保護者の方しか入場できない日だったけど、

私は北高の卒業生なので

入ることができたのであーる( ̄▽ ̄)


なんで1日目に行ったかというと、

高3の「Show Time」という出し物が

1組から6組まで

全クラスやるからだ。

(2日目は上位2クラスしかやらない)



せっかく一生懸命準備してきたのだから、

全クラス見てあげたい!

そう思って

1日目にも行ったわけ。


「Show Time」を観た感想は、

『おーもしろいーー!!!!』

だ!

構成もセリフもしっかり考えられていて、

笑いやダンスもしっかり練習されていて、

クオリティが高かった!

(なんか感想が審査員みたいだな( ̄▽ ̄))


あと、

普段、塾では見ることができない

生徒たちの表情がたくさん見れて、

純粋に嬉しかった♪


そして、

全クラス分の「Show Time」を

ビデオカメラで録画した!


録画した理由は、

塾で上映会をするためね。

当たり前だけど、

高3の生徒たちは

自分が演じているところを自分で見れない。

一生懸命やってきたんだから、

自分で見たいじゃん。


だから、

塾の電子黒板で

高3の生徒たちのためだけの

一夜限りの上映会を行う。

上映会は毎年やっているんだけど、

これが超盛り上がる!!

一緒に舞台に立った

友達同士で見るから、

お互いに突っ込みまくるわけ(笑)。


勉強ももちろん大切だけど、

楽しいこともあった方がいい。

普段がんばっている分、

40分だけみんなで

存分に楽しんでほしい♪


さて、

文化祭の2日目は一般公開の日。

北高の長い歴史の中で

文化祭の一般公開はなかったから、

この改革は本当にすごいと思う。


2日目のことは、、、

また次回書くねー。

(つづく)




阪田先生への感想~その3~


(前回のつづき)


では、

「阪田先生への感想その3」

8人分をご覧くださーい♪
















以上、高1全員、26人分の感想。

この感想を見てもらえればわかる通り、

阪田先生の授業はおもしろい!



目の前のテストの点数を取ったり、

志望大学に合格したり、

もちろんそれは大切なことなんだけど、

「勉強っておもしろい!」

そんな風に思って、

一生勉強を続ける人になってもらいたい。


大学生になっても、

大人になっても、

勉強をするのが楽しくて

勝手に勉強をできていれば、

そりゃ、何をやってもうまくいくよね。

むしろ、

大人になってからの勉強の方が、

競争相手が少ないから、

うまくいきやすい。



私は生徒たちの幸せを願っている。

それは一時的なものではなく、

卒業してからもずっとだ。

そのために宮崎塾を作った。



阪田先生は、

その根幹である

「勉強っておもしろい!」

を伝えることができる

素晴らしい先生だ。


これからも

阪田先生と一緒に

素敵な塾にしていきたい!



高1のみんな、

たくさん感想を書いてくれてありがとね!

ほんと、感謝です(^^)



阪田先生への感想~その2~


(前回のつづき)


では、

「阪田先生への感想その2」

10人分をご覧くださーい♪



阪田先生への感想↓↓↓
















(次回へつづく)



阪田先生への感想~その1~


阪田先生が宮崎塾に来てくれて約2カ月。

同じように、

新高1の生徒たちが

宮崎塾に来てくれて約2カ月が経った。


新高1について、

私は春期講習の数学を教えただけで、

あとはスーパー講師・阪田先生に

英語も数学も教えてもらっている。


まぁ、とはいえ、

毎日の英語の音読は

私も高1の生徒たちをみているし、

数学の質問にも答えているので、

阪田先生がメイン、

私がサブという形で、

高1を育てている感じだ。


高1の生徒たちが

だいぶ塾に慣れてきたようなので、

宮崎塾の宝・阪田先生への

感想を書いてもらった!


高1の生徒26人分、

全員の感想を見てもらいたいので、

3回に分けてお届けしようと思う!


では、

「阪田先生への感想その1」

8人分をご覧くださーい♪



阪田先生への感想↓↓↓











(次回へつづく)



1

« 2019年5月 | メインページ | アーカイブ

このページのトップへ