HOME > 宮崎興治の日常 > アーカイブ > 2018年5月

宮崎興治の日常 2018年5月

やってしまった・・・


昨日の夜、ヨーグルトを買った。

次の日の朝に食べようと思ってね!

で、ヨーグルトを家に持って帰ったんだけど、

別の用事があったから

後で冷蔵庫に入れようと思って、

そのまま机の上にポイと置いたわけ。


用事が終わった後、

冷蔵庫に入れるのをすっかり忘れてしまってて、

この蒸し暑い夜にヨーグルトを放置すること丸1日。。。


そして今朝。

朝ごはんと一緒にヨーグルトを食べようと思って、

ウキウキ気分で冷蔵庫を開けてみると・・・

『ない!!ヨーグルトがない!!』

なぜか冷蔵庫の中にヨーグルトがない!!

『あーーーーーーっ』

そういえば机に置いたままだ・・・、

そう思って机の上を見てみると、

ヨーグルトが寂しそうにたたずんでいた。

すまん、ヨーグルト。。。

一応、ヨーグルトにそっと触れてみると、

昨日買ったばかりのヒヤリとしたその体温は、

見事に常温になっていた。


がくぜんとしながらも、

一応、ふたを開けてみて、

においをかいでみた。

すると、なんか大丈夫そうな感じ。

で、もう一歩踏み込んで、

ちょっとだけ食べてみた。

あれ、ぜんぜん普通・・・。

いけるんじゃね、これ。

そう思って、結局すべて完食!

うまし!


満足した朝を終え、

塾に来て仕事をしていたのだけど、

昼前にナゾの腹痛が・・・。

そして、夕方になった今も、

微妙に腹痛の波が押し寄せている。

この波、まさにy=sinθ のグラフ!

などと思いながら、

今もお腹を押さえながらブログを書くのであった。


良い子のみんなは

常温のヨーグルトは食べないようにね!

とほほ。



北高の文化祭に行ってきた!


今年も北高の文化祭へ行ってきた!





私は北高の卒業生なので、

堂々と入場できるのが良いところ♪

仕事の都合で高1、高2の合唱は観れなかったのだけど、

高3の『SHOW TIME』を観てきた。


約2週間前、

文化祭の準備が始まる頃から、

生徒たちが私に色んな話を聞かせてくれた。

どんなことをやって、

どんな役で出て、

ダンスはこんなのを踊って、

などなど。

クラス内で意見が対立することもあったみたいで、

涙を見せる生徒がいるくらい、

みんな真剣にやっていた。

あと、これは「宮崎塾あるある」なんだけど、

『文化祭、体育祭前になると、

 生徒がテラスで踊りだす』。

宮崎塾生ならわかるでしょ(笑)

今回も、

生徒たちがよくテラスで踊っていた。


で、そういう過程をぜーんぶ見たり聞いたりしていたので、

そりゃ、見に行くよね。

生徒たちが一生懸命がんばってきた証を。


1組から6組まですべて観たけど、

どのクラスも素晴らしかった。

飛んで跳ねて、歌って踊って。

みんな楽しそうにやっていたので、

嬉しいのと同時に、何か安心した。

無事にできて良かったって。

こういうのを観ると、

前職である学校の先生もいいなって思うんだよね~。


高3の『SHOW TIME』は、

高3自身があまり観ることができない。

自分のクラスを観ることができないのは当然で、

準備のために自分のクラスの前のクラスも観ることができない。

せっかく一生懸命準備してきたんだから、

自分のクラスも含めて、

すべて観たいよね。


なので、

普段は授業を録画しているビデオカメラをもって行き、

高3の『SHOW TIME』をぜんぶ録画してきた!

そして、

宮崎塾の授業教室にて、

高3の生徒たちだけに上映会を行う。

ぜひ、自分たちの努力を、

自分たちの目で観てほしい。


というわけで、

明日 5月19日(土)16時

から、授業教室にて上映会を行うので、

みんなおいでね~♪



あ、ちなみに、

今日は高2の授業日だったんだけど、

当然いつも通り授業をした。

ただ、みんな相当疲れているだろうから、

前もってアイスを買っておいた。


↓↓↓アイース♪



というわけで、

今日の授業は特別に、

右手にシャーペン、左手にアイスという

斬新なスタイルで授業をした(笑)。



みんな、文化祭おつかれさまでした(^^)



人生最良の日


私が塾を創業したのには理由がある。

その理由はここには書ききれないけど、

自分で塾を作ろうと思うきっかけをくれたのが、

ある人の本だったのだ。

それからというもの、

その人の本はすべて繰り返し読み、

DVDを買って何度も何度も何度も観た。

音声だけ抽出して、

歩きながら聞いたりもしたし、

車の中で聞いたりもした。

繰り返し聞きすぎて、

言っている内容をほとんど覚えてしまうくらい。

そうなると、

お会いしたことは一度もないけど、

私の中ではもうお師匠さまなわけ。


その方がどなたかというと、

超難関校合格者を多数輩出する進学塾において、

生徒からの支持率95%以上というものすごい実績をもち、

現在は「株式会社アビリティトレーニング」の

代表取締役としてセミナーを行われていて、

受講者が30万人を超えている、

木下晴弘先生。


↓↓↓株式会社アビリティトレーニング
https://www.abtr.co.jp/



↓木下先生が書かれた本



↓木下先生のDVD



ものすごーーーく良い本と、良いDVDなので、

ぜひぜひ見てほしい。

特に教育関係者の方は、

目からウロコが何百枚と落ちるはず!

私がそうだったので。



私はいつも、

もっと授業がうまくなりたいと考えている。

そうすれば、

目の前の生徒たちがさらにハッピーになるし、

私自身もハッピーになる。

そして、授業が一定レベル以上になれば、

世の中の数学を教えている先生方に

私の教え方を伝えて、

世の中がもっとハッピーになるかもしれない。


数学を教えるという仕事を、

学生時代のアルバイトを含めて

手探りの中16年以上やってきたけど、

最近は少し行き詰まってきていた。

どうにか打開しなければと思い、

2週間ほど前、

意を決して木下先生にメールをしたのだ。


そしてなんと、

本日、木下先生が宮崎塾に来て下さった!

もう、木下先生の懐の深さに感謝しかない。


すごく優しくて笑顔が素敵で、

お会いしてすぐに、

木下先生の魅力に引き込まれていった。


もっと授業がうまくなるためには、

もっと生徒たちが感動する話をするためには、

もっと生徒たちを幸せにするためには、

などなど、

私が考えていた質問に

木下先生がすべて的確に答えてくださり、

一気に道が開けた。

まだまだ私がやるべきことは山ほどあるな、と。

そして、やるべきことをやればやるほど、

目の前の生徒たちはハッピーになるな、と。


たくさんの気づきを与えて下さった木下先生に、

私がお返しできることは行動しかない。

答えてくださったことを素直に実行し、

目の前の生徒たちを幸せにしていくこと。

これが今の私にできる恩返しだと思う。


木下先生、

宮崎塾までお越しいただき、

本当にありがとうございました。

またお会いできる日を、

心より楽しみにしております。








高1の前期第一中間テストの結果

今日は高1の授業の日。
 
生徒たちに前期第一中間テストの点数を書いてもらった。
 
今回のテスト範囲は
 
「データの分析、数と式」。
 
初の定期テストなので、

生徒たちもドキドキ、

私もドキドキ。


ちなみに、

学校の平均点は全体で79点?

多分。
 
 
では、宮崎塾高1前期第一中間テストの

数学の結果を発表します!
 
 
ダカダカダカダカダとカダカダカダカ(←ドラムロールの音)
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダンっっ!!
 
 
   高1宮崎塾全体平均 92.6点

   高1難関大クラス平均 94.1点
 
   高1標準クラス平均 91.1点

 

ほとんどの生徒が90点以上だったので、

かなり頑張ってくれた。

ちなみに、

100点の生徒が3人!

ほんと立派だ。


思うように点数が取れなかった人は、

その大半が計算ミス。

計算ミスを防ぐには、

普段からどんなところで計算ミスをするのか、

自分で確認してクセを知っておくことが大事。

そうすると、

『あー、ここ計算ミスしやすいとこだわ』

って解いているうちにわかるようになるからね。

あとは、

試験問題を早く解いて、

しっかり見直しをすること。

そのためには、

繰り返し問題集を解いて、

スピードをつける。

これが大事。


みんな実力はすごくあるんだから、

次回はしっかり実力通りの点数を取ろうね!



ちなみに、

高3は理系と文系でテストが違い、

講座によってもテストが違うので、

平均点にあまり意味がないので割愛です。

高2の前期第一中間テストの結果

今日は高2の授業の日。
 
生徒たちに前期第一中間テストの点数を書いてもらった。
 
今回のテスト範囲は
 
「複素数、図形と方程式」。
 
教科書が74ページ分という膨大な範囲で、

実際の試験問題が多かったのに、

なぜか試験時間が50分という

スピード勝負のテスト。


ちなみに、

学校の平均点は一番上の講座で74点?

多分。。。
 
 
 
では、宮崎塾高2前期第一中間テストの

数学の結果を発表します!
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ(←ドラムロールの音)
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダンっっ!!
 
 
   高2宮崎塾全体平均 82.9点

   高2難関大クラス平均 89.0点
 
   高2標準クラス平均 76.2点

 
膨大な試験範囲だったのに、

かなり頑張ってくれた。

ちなみに、

宮崎塾の模擬テストは160分という試験時間。

東大理系の試験時間を超えるというね。

それくらい広い範囲だった。


前半部分でも書いたけど、

今回のテストはスピード勝負だったため、

いかに早く、

計算を正確にするかが問われるテストだった。

そのために大切なことは反復。

どれだけ問題集を反復できたか、

そこが点数の分かれ目だった。


なかなか思うような点数が取れなかった人、

次回はリベンジしよう!

普段からのやり込みを、

普段からの反復を大切にしようね!

 
点数が取れた人、

反復が繰り返しできている証拠!

このままの調子で自信をもって勉強していきましょう!

 

生徒たちへ後方支援


いよいよ明後日は北高の定期試験!

というわけで、

授業教室での試験対策と並行して、

連日、生徒たちは自習室で一生懸命勉強している。


生徒たちが少しでも勉強しやすくなるように、

糖分を買ってきた!

それがこちら!!


どどーーん↓↓↓



あわだま1kg!

パインアメ1kg!

バルクチョコレート1kg!

合計3kg!!


ふっふっふ、我ながらいいチョイス( ̄▽ ̄)

まぁ、この量でも、

生徒たちにかかると

一瞬で無くなるんだけどね。

糖分を勉強量に変えて、

がんばってもらえれば嬉しい。


そしてもう一つ!

宮崎塾には飲み物をたくさん置いているのだけど、

長年の弱肉強食の時代を経て、

生き残った飲み物が固定化されているわけ。


ここ最近は、

コーヒー、牛乳屋さんシリーズ、

レモンのやつ、麦茶、緑茶、昆布茶、梅茶

しか置いていない。

だってね、

新作を買ってきても、

レギュラーメンバーに勝てる飲み物はほとんどなくて、

結局誰も飲まずに賞味期限切れになって、

泣く泣く廃棄するということが

これまで多々あったわけ。

だから、新しい飲み物を買うことには

勇気がいるんだよね。


しかし、

このまま停滞するのは良くない。

ウォルト・ディズニーも

「現状維持では後退するばかりである」

と言っている。


というわけで、

数カ月ぶりに新作を買ってきた!

それがこちら!!




ベタに、

レモンティーとアップルティー。

それにメモを添えて。





試験まで残り2日!

全力でやりきりましょう!!




ゴールデンウィーク終了~~~


長かったゴールデンウィークが終わった!

さすがに4日間連続、

フル試験対策はヘロヘロになった。。。


授業教室における試験対策以外の時間でも

生徒たちは自習室でガシガシがんばっていたし、

私も含めて、

ほんとによくやった。

お互いに褒めてあげよう。

えらいよ、君!

えらいよ、私!


今日は

高1難関大クラス、

高2難関大クラス、

高3理系難関大クラス、

の3つのクラスで模擬テストを行った。


↓↓↓模擬テスト解き中(高1)



↓↓↓模擬テスト解き中(高2)



高3の写真は撮る時間がなかった・・・。



各クラス、

それぞれの試験時間が

100分、150分、130分、

というかなりの長丁場。

生徒への熱い想いが強すぎて、

つい模擬テストの問題を

多く作りすぎてしまうんだよね(笑)。

それでも、

生徒たちは一生懸命、

がんばって解いてくれた。


まぁ、

逆にこれだけできれば、

学校のテストはほぼ大丈夫になるんだけどね。

出題されるであろう問題ばかりで

模擬テストを作っているわけで。


いつも通り、

模擬テストを解き終わった

生徒1人1人に対して、

個別に答案の書き方を添削していったのだけど、

これに時間がとってもかかる。

なんせ問題数が多い!

誰がこんなに作ったんだ!!

って言いたくなる(笑)。

でも、これをやると、

1人1人の答案のクセがわかって、

ちゃんと点数が取れるように書き方を修正できるから、

大切な時間なんだけどね。



さて、

ゴールデンウィークは終わったけど、

まだ学校の定期試験が終わったわけではないので、

明日からもまた試験対策をがんばろう!


あなたも私も模擬テスト祭りじゃー(゚∀゚)



教育の楽しさ


ゴールデンウィーク中なので、

たくさんの卒業生が来てくれる。

ゴールデンウィーク中はずっと試験対策をしているので、

あんまり話せないのが申し訳ないのだけど、

それでもこうして帰って来てくれるのはすごーく嬉しい。


昨日は、なんと宮崎塾の1期生が2人来てくれた!

もう、23、24歳になっていて、

すでに就職して働いているとのこと。

1人はある会社の営業を経て事務職を、

もう1人は助産師さんをしている。


ついこの前まで

宮崎塾で数学を教えていた2人が、

こうして世の中のために働いていて、

色んな人に感謝されているって、

本当に感動だ。

教育の楽しさは、

まさにここにある。


私は生徒に数学を教えるために

塾を経営しているのではない。

生徒に幸せになってほしいから

塾を経営している。

その手段が、

たまたま数学を教えるってだけなのだ。


じゃあ、幸せって何かというと、

人に喜んでもらうこと。

人の役に立って、

「ありがとう」

って言われたら、

誰だって嬉しいよね。

その「ありがとう」を集めた数こそが、

幸せの総量だと、

私は思うのだ。


そして、

人に喜んでもらうには、

人より秀でた部分があるといいよね。

自分の強みを活かして、

人のお役に立つわけ。

そのために、勉強は必要なのだ。


「何のために勉強するの?」

というと、

「人を幸せにするために勉強をする」

というのが私の答えだ。


学生の間は土台作り。

そして、社会人になると、

人の役に立てる場面が一気に増える。

仕事というのは、

どれだけ人の役に立てるかってことだからね。


だから、

卒業生が社会人になって、

「事務として働いています!」

とか

「赤ちゃんをとり上げています!」

とか聞くと、

ものすごく嬉しくなるのだ。

あぁ、私はこのために、

この子たちに数学を教えたんだなってね。


ゴールデンウィーク中、

私はまったく休むことなく

ずっと生徒たちと一緒に試験対策をしたり、

せっせと模擬テストを作ったりしているけど、

ぜんぜん楽しい。

生徒たちの幸せの、

そして将来生徒たちが出会う人たちの幸せの、

土台作りをしているのだから。


何年か後に、

現在作っている土台の上に、

どんな花が咲くのか。

今はまだわからないけど、

楽しみに待っていよう♪

そして、とりあえず、

目の前の模擬テストを仕上げようと思う(笑)。



卒業生のみんな、

わざわざ時間を作って

会いに来てくれてありがとう。

あなたたちの進む道に、

キレイな花が咲きますように!

いつも応援しています(^^)





熱いGWがやってきた!


明日からゴールデンウィーク!!

いえーーーーーい(゚∀゚)

一般的には休みという考え方だろうけど、

宮崎塾は違う。

ノンノン。

ゴールデンウィークは、

勉強やり放題ウィークだ!

GWではなく、BW(Benkyou Week)。


以下の時間で自習室を開けるので、

ガンガン利用してほしい!!

5月3日(木) 8:00~21:50
5月4日(金) 8:00~21:50
5月5日(土) 8:00~21:50
5月6日(日) 8:00~21:50

ちなみに、

4日間フルに自習室を使うと、

13時間50分 × 4日 = 55時間20分!!

おぉ、なんて膨大な時間!

丸2日間以上勉強できる計算になりますな♪


試験対策をガッツリ組んでいるので、

全員でがんばりましょう!!!


では、明日からのBWに備えて、

おやすみっ!!!(^o^)ノ


1

« 2018年4月 | メインページ | アーカイブ | 2018年6月 »

このページのトップへ