HOME > 宮崎興治の日常 > アーカイブ > 2018年4月

宮崎興治の日常 2018年4月

卒業生たちが来てくれた♪


「GWに塾に行っていいですか?」

先月卒業した生徒たちから、

数日前にメールがきた。

で、今日、その卒業生たちが来てくれて、

いろいろと話すことができた♪


ついこの前まで高校生だったのに、

いきなり大学生の雰囲気になって帰ってくるので、

いつもこの時期はビックリする。

髪の色の威力ってすごいね(笑)。


大学の授業、サークルや部活、バイトなど、

内容は多岐に渡ったのだが、

まぁ、一言でいうと

「大学たのしぃ~~~~♪♪」

という感じだった。

楽しそうで何より(^^)


大学生は時間がたくさんあるので、

やりたいことをどんどんやったらいい。

失敗も経験。

成功も経験。

でも、行動しなければ何も生まれない。

だから動いたもん勝ち。

まぁ、これは人生すべてに言えることだけどね。


今日は3人来てくれたのだけど、

みんな一様に同じことを言って、

ご当地のおみやげをくれた。

その同じ発言とは、

「新しく高3になった後輩たちにあげてください!」

というもの。

もうこれは、

宮崎塾の文化になっている。

本当に素敵な文化だ。


私はいつも、

勉強と共に人間性も高めないといけないよ、

と生徒たちに伝えている。

どれだけ素晴らしい学力や才能があっても、

使う側の人間性が低いと、

せっかくの学力や才能が使いこなせない。

使いこなせないばかりか、

逆に世の中の迷惑になってしまうことさえある。

だから、人間性を高めることは本当に大切。

そのことが生徒たちに伝わっているから、

さっきのような素敵な文化が生まれたのかな、

と思っている。

まぁ、本当にありがたいことに、

もともと人間性が高い生徒たちが集まってくれている

というのもかなりあるんだけどね。

これは保護者の方々の愛情や教育のおかげなので、

もう感謝しかない。



後輩たちのために、

本当にありがとう。

ばっちり配っておくからね!


↓↓↓お茶大ゴーフル




↓↓↓法政コロンバン




↓↓↓岡山ラングドシャ&ショコラ




あと、

「お茶の水女子大学は本当にいい大学なので、

 もっと後輩たちにお茶の水女子大を勧めてください!」

と言って、

掲示用にクリアファイルをくれた。


↓↓↓クリアファイル




さすが女子大!

かわいらしい!!

ちなみに、学生証はピンク色らしい!!


最後に、後輩へメッセージを書いてもらった。

↓↓↓メッセージ




今日は来てくれて本当にありがとう。

いつもあなたたちを応援しています!


あ、私のテンションが上がりすぎて、

コーヒーを大量にぶちまけてしまってごめんよ。

数時間経った今も、

教室中がまるで喫茶店のような香りじゃ~(笑)。







おみやげありがとう!!!


今日の北高は、

高1はオリエンテーションセミナーという合宿、

高2は遠足で倉敷、

高3も遠足で宮島、

という日だった。


夕方くらいに

高2、高3の生徒たちが帰ってきて、

「どうじゃった?」

と聞くと、

「めちゃ楽しかったです!!」

「食べまくりました!!」

「おいしかったです!!」

「帰りのバスで爆睡でした!!」

「帰りのバスでモノマネ大会しました!!」

などなど、

とにかく楽しかったとのこと!

みんな楽しかったみたいで何より(^^)


そして、

本当にありがたいことに、

生徒たちがたくさんおみやげを買ってきてくれた!


嬉しかったので1つ1つ紹介したいと思う♪

まずはコチラ!!

きびだんご~~~~~!!!

岡山といったらコレ!!


さぁ、どんどんいきましょう♪


桃太郎ベイクドショコラ!!

桃太郎が凛々しい!!


桃子のひと時!!

ステキなひと時を過ごせそう!!



フルーツスティックゼリー!!

フルーツ大国岡山を堪能!!



むらすずめ!!

すずめじゃないよ、焼き菓子だよ!!



もみじまんじゅ~~~~!!





宮島といったらコレコレコレ!!



フランボワーズ!!

インスタ映え!!ばえるね!!



淡雪花!!

しゃり、ふわ、ぷるん、淡雪花(新感覚おまんじゅうみたいな感じ)!!


柿の種!!

柿の種だけに牡蠣味!!



む~に~ず!!

あのカワウソがメモにっ!!



絶対合格しゃもじ!!

縁起がいいっっ!!



安芸の宮島人形!!

宮崎塾のゆるキャラに決定!!



みんなありがとう!!




そして、

遠足に行く前の高3の授業で

「宮島の揚げもみじは激ウマじゃけー、絶対食べるんよ!!」

と言って送り出したのだが、

な、な、なんと、

その揚げもみじを直で買ってきてくれた生徒も(笑)!






あげもみじーーーー!!


数年ぶりに食べたけど、

激うま・・・。

しかも私の大好きなクリーム味・・・。

うまし(゚∀゚)


みんな、本当に本当にありがとう!!

感謝の気持ちは数学で返すねヽ(^o^)丿





生徒からの感想を追加しました!


宮崎塾では、

生徒たちが卒業するときに、

「宮崎塾の感想」を書いてもらっている。


ずっと一緒に過ごしてきた生徒たちが

書いてくれたものだから、

読んでいるといつも目頭が熱くなる。


先月卒業したばかりの

生徒たちが書いてくれた宮崎塾の感想を

「生徒の声」というページに載せたので、

ぜひぜひ見てみてほしい!!

もうね、

生徒たちには感謝しかない。

たくさん書いてくれて

本当にありがとう。



生徒の声↓↓↓
http://www.miyazakijuku.com/voice/





目的と目標の違い


目的とは、『何のためにするのか』

目標とは、『目的を達成するための手段』

似ているようだけど、

ぜんぜん違う。


この目的と目標をごちゃごちゃにしてしまうと、

人生につまずいてしまう。


例えば、

「多くの人を助けたいから医者になる」

というのは、

目的が多くの人を助けたい、

目標が医者になる、

ということだ。

この場合、

例えば受験がうまくいかずに医者になれなくても、

看護師になっても多くの人を助けれるし、

介護職について多くの人を助けることもできる。

だから、目的がしっかりしていると、

人生をぶれることなく進むことができる。


逆に、

「医者になる」

とだけ考えて、

目的と目標をごちゃごちゃにしていると、

もし、医者になれなかった場合、

人生につまずいてしまう。


だから、この『なんのために』という目的は

人生の北極星のようなものなのだ。


最近、色々な方にお会いするのだが、

「なんで宮崎塾はいつも満席なのですか?」

というご質問をいただくことがある。

複合的な要因がたくさんあるけど、

大きな要因の一つとして、

宮崎塾を作った目的がちゃんとあるからだと思う。


私の夢は

「1人でも多くの人を幸せにすること」

だ。

これが私の人生の目的。

生きる意味ともいえる。

そのための手段として、

数学を教えることを選んだ。

だから、宮崎塾を作った目的は

「生徒たちを幸せにすること」

なのだ。


では、生徒たちを幸せにするためにはどうすればいいか。

わかりやすい授業をしよう、

自習室を充実させよう、

休憩スペースを用意しよう、

どれだけ疲れていても笑顔で接しよう、

プラスの言葉をかけよう、

良くないことはちゃんと叱ろう、

私が学んできた成功や幸せの法則を伝えよう、

などなど、

やれることは山ほどあるわけ。

もちろん、いつもいつも理想的にできるわけではない。

失敗することなんてたくさんある。

でも、目指しているのだ。


私のその想いに共感してくださる方が、

ありがたいことに尾道には多くいらっしゃるから、

こうして宮崎塾は今も存続できているのだと思う。


たくさんの人を幸せにして、

私がこの世からいなくなるときに、

「ありがとう」

そう言ってもらえたなら、

私が生きた意味はあるのではないかと思う。


これからもブレることなく、

目的を持って、前進していくつもりだ。



オススメの数学塾


昨日、受験屋本舗阪田塾の阪田先生の紹介で、

啓仁館という広島市内にある学習塾の

鈴木先生、西野先生と食事をした。

1時間ちょっと話したのだけど、

お二人とも人間的な魅力の溢れる、

とても素敵な方だった。

話が弾みすぎて、

本当にあっという間の1時間だった。


さて、その素敵な鈴木先生、西野先生が、

尾道で

「尾道数楽考房」

という学習塾を開かれました。

高校生対象で数学がメインの塾です。

きっと素晴らしい塾なので、

ご興味のある方はホームページを見てみて下さい。

https://keijinkan-onomichi.amebaownd.com/



私は宮崎塾を1人でやっているので、

受け入れることができる生徒数に

どうしても限界がある。

毎年、生徒募集と同時に申し込みが殺到し、

現在はやむを得ず入塾試験という形をとっている。

そして、せっかく入塾試験を受けてくれても、

約半数の生徒さんを受けれることができないことに、

本当に本当に、ものすごく心が痛くなる。

何とかしたくても、

私1人では限界がある。


だから、鈴木先生や西野先生のような

素晴らしい方が尾道に数学塾を作ってくれると、

生徒たちはすごく助かると思うのだ。


主役は生徒たちだ。

その生徒たちの塾選びの

選択肢が増えることは、

尾道地区にとって確実にプラスだ。


もちろん、

私も一生懸命、経営努力をしないといけない。

私は経営者だからね。

そうして、地域の塾が切磋琢磨して、

生徒たちにプラスになっていけば、

もっともっと尾道が良くなる。


尾道が、さらには日本が

より良くなるよう、

私は私にできること精一杯やっていこうと思う。



宮崎塾生のバトン


「これから受験が大変だと思うので、

 これ、新しく高3になる後輩に配ってください!」


2週間ほど前、

受験を終えた生徒が来て、

私にそう言った。

そして手渡されたのは、

キットカットのファミリーパック3つ。


「ありがとね、みんな喜んでくれるよ。

 配っておくね。」

とキットカットの袋を受け取ると、

なぜかファミリーパックの袋が開いていた。


『なんで?』

と思って、袋の中を見てみると、

な、な、なんと、

たくさんのキットカット1つ1つに、

ぜんぶ手書きのメッセージが書いてあった!


後輩へのメッセージ入りキットカット↓↓↓




私「え!!これ全部メッセージを書いたの!?」

生徒「はい、全部書きました!」

私「大変じゃったじゃろ」

生徒「はい、でも、後輩たちを少しでも応援したかったので」

私「・・・本当にありがとね。」



実はこのキットカット以外にも、

受験を終えたたくさんの生徒たちが

「自分も先輩たちに色々してもらったので、

 これを後輩へ配ってください!」

と言って、

後輩たちに色んなものを持ってきてくれた。


後輩たちに配ると、

当たり前だけど、

みんな喜んでいた。


こうやって応援のバトンが繋がっていくのって、

本当に素晴らしいことだと思う。


いい生徒たちで幸せだなぁ~。



数学教育をより良くするために

昨日は大阪で、

名城大学教授
竹内英人先生、

日本数学検定協会専務理事事務局長
高田忍さん、


日本理数センター代表で数学エグゼクティブインストラクター
河口正司さん、
 

と、ある企画についての打ち合わせをした。


竹内先生とは初めてお会いしたのだけど、

とても魅力的な方で、

すぐに話に引き込まれていった。

素敵な方とお話できて、

すごく光栄だった。


『もっと世の中の数学教育を良くしていくためには』

ということを皆さんが本気で考えていて、

そして、

色々な視点からのお話を聞くことができて

非常に素晴らしい時間だった。

私も世の中の数学教育を

もっともっと良くしていきたいと常々思っている。

数学を教える現場に立っている一人として、

今回の企画に少しでもお役に立てれば嬉しい。


宮崎塾の生徒たちを大切に育てることと、

塾の外部の方とお会いして

もっと数学教育を良くすることと、

その両方が相互に影響し合って、

みんなに良い形になるようにしたい。


そのためにも、

私が人間的にも教育者としても、

もっともっと力をつけないとね。


まだまだ何でもできる年齢なので、

もっといろんなことに挑戦して、

私の夢である

「一人でも多くの人を幸せにしたい」

ということに一歩でも近づきたいと思う。



 


1

« 2018年3月 | メインページ | アーカイブ | 2018年5月 »

このページのトップへ