HOME > 宮崎興治の日常 > アーカイブ > 2018年2月

宮崎興治の日常 2018年2月

前期試験の次は中期と後期


国公立前期試験を受けた人、

それぞれの受験地でよくがんばったね。


中期や後期を受験する人は、

まだ受験は終わっていないので、

気を抜かないようにね。


センター試験が終わった直後も気が抜けやすいけど、

前期試験が終わった直後も気が抜けやすい。

合格通知が届くその瞬間まで受験は続いているんだから、

まだ試験が残っている人は

最後までしっかりやりきろう。


学校がほとんど自由登校のような形になり、

しかも、前期試験で受験が終わった友達もたくさんいて、

なかなか今までのように

バリバリ勉強できる環境ではなくなってしまう。

だから、勉強する人は

宮崎塾の自習室をどんどん利用してほしい。

「〇〇時に自習室を開けてください」

って連絡をくれれば、

その時間に自習室を開けるので。

朝からでも開けるので。

私も最後の最後まで

できることは何でもするから、

受験終了まで残り約2週間、

一緒にやりきろうね。


あなたが自分らしい人生を歩めるように。



高3のみんなへ


国公立前期試験を受けるあなたへ、

私からのアドバイスは一つだけだ。

それは、

『取れる問題を確実に取ること』。

これまで何度も伝えてきたよね。


大学受験で満点を取る必要はない。

合格最低点を越えれば、

合格になる。

だから、

高得点を目指すことよりも、

自分が解ける問題を確実に得点にすることが大切だ。


そのために重要なのは、

『見直し』。

きちんと見直しをして、

着実に得点を積み上げていこう。

大丈夫。

今までの練習通りやれば大丈夫。

見直しの練習も

ちゃんとしてきたんだからね。


練習通り、

『見直し』をしっかりして、

『取れる問題を確実に取る』。

いいね。



あなたはここまで、

本当によくがんばってきた。

私はずっとずっと見てきたから、

よくわかる。

だから、胸を張っていい。

自分に自信をもって、

胸を張って

受験しておいで。

あなたなら絶対に大丈夫。


応援しています。





高1、高2は定期試験対策中

高1と高2は

今日から学校の後期期末テスト開始。

昨日、塾で高1の「三角関数」という分野の模擬テストを行い、

今日、学校で試験があった。

で、高1の生徒何人かに、

どうだったか聞いてみた。


私「今日の数学の試験、どうじゃった?」

生徒「先生!模擬テストとまったく同じ問題が出ていました!」

私「おお!数値も同じだったの?」

生徒「はい、数値も同じだったので、安心して解けました!」

私「それは良かった♪ 全体的に難しかった?」

生徒「んー、塾の模擬テストの方が難しくて量もあったので、
   塾の模擬テストに比べたら楽でした」

私「そっかそっか、ってことは、典型問題ばっかり出たってことじゃね」

生徒「はい、今回は難しい問題はなかったです」


と、まぁ、こんな感じで、

とりあえず高1の「三角関数」は

ほぼ模擬テスト通りだったみたいでよかった(^^)


明日は高2理系の「微分積分」があるので、

さっきまで模擬テストをしていた。


模擬テスト中↓↓↓



まぁ、これまでのテストの

出題傾向を分析して作成したので、

この模擬テストだけで、

少なくとも80点以上は取れるでしょう。


さて、あとは

高1の「式と証明、整数」

高2の「微分の応用」

の模擬テストを作って、

その模擬テストを解いてもらい、

生徒1人1人に答案の書き方を教えていけば、

今年度の定期テスト対策はすべて終わりだ。


今の学年で受ける最後の定期テスト、

みんなで全力でやりきましょー!!

をーーーーーーーヽ(^o^)丿


あ、自習室は

平日は11時~21時50分

土日は8時~21時50分

で開けているから

どんどん利用してねー!




高3は最後の授業

センター試験が終わってもう1か月。

国公立前期試験まであと10日となった。

もうすぐ、長かった受験が終わる。

それはつまり、

3年間教えてきた

高3の生徒たちとの授業が終わることでもある。


尾道北高校に入学する前から

春期講習で数学を教えて始めて、

とうとう今週が最後の授業となってしまった。


最後の授業は、

それぞれの大学の数学の過去問を

授業教室で本番に近い形で

ちゃんと時間を測って解いてもらうという、

最も実戦に近いものだ。

そして、

その答案を全て私が添削をして、

一人一人の点数を出し、

目標点に比べてどうかという話をして、

個別に考え方や答案の書き方を伝える。


生徒それぞれで数学の入試問題が違い、

しかも、

東大や京大や阪大などの難関大学の入試問題も

たくさんある。

それを1週間ほどで

全部添削するのはかなり大変なのだが、

私の持てる時間と力をフルに使って、

全力で添削をする。

前期試験直前は、

それぞれの大学で対策をした方が

絶対に合格率は上がるからね。


数日前に全員で試験をしたので、

あとは私が添削をして、

一人一人に個別に教えていくだけだ。


最後の最後、

みんなで全力でやりきろう!!


最後の添削↓↓↓







はっぴー


みんな、本当にありがとう。

もうね、

ほんと嬉しい。

その気持ちがね。

メッセージをくれた人もいて、

これからもみんなのためにがんばろう!

ってなったよ。


そして、

私は甘いものがだぁぁぁい好きなので、

一つ一つ味わっていただくね♪


感謝の気持ちは数学でお返しします(笑)!









先輩から後輩へ宮崎魂


文化って受け継がれていくじゃん。

その文化というか、

宮崎塾の熱さというものが、

受け継がれていっている。


例えば、

卒業生が帰省して宮崎塾に来てくれたとき、

ご当地のチョコとかお菓子とかを買ってきて、

「高3の後輩たちにあげてください!」

と言って、

色々なものを後輩にもってきてくれる。


そして、高3だった生徒たちが卒業し、

自分たちも先輩にしてもらったからといって、

また後輩たちにお菓子を買って帰ってきてくれるのだ。


宮崎塾では、

それが代々続いていっているわけ。


誰から始まったのか、

いつから始まったのかわからないけど、

本当に素敵なことだなと思う。



そんな中、

去年、大阪大学に進学した

ある卒業生からメールがあった。

その内容は、

「今年の高3で大阪大学を受験する人の

 人数と学部を教えてください!」

というものだった。


で、私が返信をした数日後、

その卒業生が宮崎塾に来てくれて、

こんなことを言ってくれたのだ。

「先生、大阪大学に学部ごとの消しゴムが売られていて、

 後輩たちの励みになればと思って買ってきました!

 渡してあげてください!」

と。

そう言って、

消しゴムを手渡してくれた。



想いが詰まった消しゴム↓↓↓



横から見た消しゴム↓↓↓




もうね、感動。

ほんと感動。

特定の仲が良かった後輩に対してではなく、

大阪大学を受験する後輩に、

ほとんど話したこともないであろう後輩に、

わざわざ大阪から消しゴムを買って帰ってきてくれたのだ。

応援するために。


で、この消しゴムを、

今年大阪大学を受験する生徒たちに渡したら、

ものすごーーーーく喜んでいた。

だって、自分が行きたい大学の

第一志望大学の消しゴムだからね。

それはものすごく励みになるよね。


直接その卒業生にお礼を言うことはできないから、

このブログを通して

お礼を言ってもらうことにした。


後輩からのお礼↓↓↓






こうやって、

応援の輪が受け継がれていくのって、

本当に素晴らしいと思う。


国公立前期試験まで

あと16日。

みんなで全力でやり抜こう!





感謝感謝です!


数日前のブログで

生徒たちが、みかんが大好きであることを書いた。

そしたら、

それを読んでくれたある保護者の方が、

生徒たちのために

な、な、なんと、

たくさんのハッサクを下さったのだ!!


もう、感謝感謝だ(´;ω;`)ウッ…


そのありがた~~~~いハッサクがこちら↓↓↓











もうね、ほんとありがたい。


写真のように、

給湯室にハッサクの箱を置いていたのだけど、

塾に来た生徒たちが

歓声をあげていた(笑)。

「え、めちゃうまそう!」

「ハッサクじゃーん!」

って!


で、たくさんの生徒たちがハッサクを食べだして、

給湯室がすごーい爽やかな匂いになっていた(笑)。

三階までカンキツの香り♪

その後の授業も、

生徒たちからカンキツの香り♪

もう、「全日本爽やかな塾選手権」があったら、

ぶっちぎりで1位!!

ってくらいね( ̄▽ ̄)


まぁ、それくらい

生徒たちはハッサクをおいしそうに食べていた♪


その日の授業がすべて終わり、

生徒たちを全員帰した後に、

おそるおそる箱の中をのぞいてみた。

そしたら・・・、

あんなに大量にあったハッサクがほとんどなくなっていて、

わずか1日で箱の底が見えていた。。。

おそるべし、高校生の食欲!!


みんな喜んでくれてよかった♪

たくさんのハッサクを下さり、

本当にありがとうございました!





生徒さんの募集について

様々な学年の方から

たくさんのお問い合わせをいただき、

本当にありがとうございます。


新高1の方につきましては、

ホームページのお知らせのところに

「ダントツ先取り春期講習」

というリンクがありますので、

詳細はそちらをご確認頂ければと思います。


新高2、新高3の方からも

たくさんのお問い合わせを頂いております。

大変申し訳ないのですが、

追加の募集はできない状況です。

私が1人だけでやっている塾ですので、

教える人数に限界がございます。

たくさんの生徒さんを受け入れることは可能なのですが、

それだと一人一人の生徒に目が届かなくなってしまいます。

私の経営方針が

一人一人を大切に育てていくことですので、

どうしても少人数になってしまうのです。


たくさんのお問い合わせを頂いているにも関わらず、

受け入れができないことは

本当にものすごく心苦しいのですが、

どうかご理解いただければと思います。


また、

「今後、追加で募集はしないのですか」

というご質問についてですが、

これまでのことを考えると

今後も退塾する生徒さんはいないと思いますので、

追加の募集はございません。

こちらも合わせて

ご理解頂ければ幸いです。





1

« 2018年1月 | メインページ | アーカイブ | 2018年3月 »

このページのトップへ