HOME > 宮崎興治の日常 > アーカイブ > 2017年1月

宮崎興治の日常 2017年1月

新高1の募集について

新高1の募集について、
 
 
大変多くのお問い合わせをいただきまして、
 
 
本当にありがとうございます。
 
 
 
入塾試験の申込みの詳細が
 
 
いつホームページで公開されるのか、
 
 
というお問い合わせが多いのですが、
 
 
現在、高3の受験の対策、面談、質問等で、
 
 
非常に多忙であるため、
 
 
なかなか手が回らない状況です。
 
 
 
大変申し訳ないのですが、
 
 
もう1週間ほどお待ち頂ければと思います。
 
 
 
 
新しいご縁があることを
 
 
楽しみにしています。
 
 
 
 

受験はまだ半分残っている

みんな、昨日、今日と、
 
 
センター試験を本当によくがんばった。
 
 
でも、「お疲れさま」とは言わない。
 
 
まだセンター試験が終わっただけで、
 
 
受験が終わったわけではないからだ。
 
 
これから私立受験が約2週間後に、
 
 
国公立二次試験が約6週間後にあるのだから。
 
 
 
センター試験で2日間も集中し続けたから、
 
 
相当疲れていると思う。
 
 
ただ、次の試験が控えているから、
 
 
生徒たちには勉強道具を持って
 
 
自習室に来るように言ってある。
 
 
今、高3は全員、
 
 
私立受験、国公立二次試験に向けて、
 
 
自習室でガリガリ勉強している。
 
 
 
 
センター試験が終わったら自己採点をするが、
 
 
早いに越したことはない。
 
 
どのような結果であったとしても、
 
 
自分のセンター試験の結果が早くわかれば
 
 
その分、気持ちの整理も早くつく。
 
 
それに、出願大学のことも早く考えることができる。
 
 
 
もうすぐ今年のセンター試験の解答がわかるので、
 
 
これからみんなで塾で自己採点を行う。
 
 
何時になっても、
 
 
日付が変わろうとも、
 
 
しっかり生徒たちの気持ちを受け止めるつもりだ。
 
 
これまでどれだけみんなが全力で頑張ってきたか、
 
 
ずっとずっと見続けてきたのだから。
 
 
 
自己採点が終わったら、
 
 
次の試験に向けてできる限りのことをしよう。
 
 
みんなと勉強できるのも
 
 
あと1カ月と少しになったけど、
 
 
一緒にがんばろうね。
 
 
 
 

受験するみんなへ

今、センター試験前の最後の授業が終わった。
 
 
最後の話しの中で伝えたことをしっかり実行して、
 
 
センター試験に挑んでほしい。
 
 
それだけでも、
 
 
合格する可能性は一気にアップするからね。
 
 
 
また、私自身がそうであったように、
 
 
センター試験は緊張する。
 
 
センター試験独特の雰囲気がある。
 
 
だから、力を出しきるために、
 
 
緊張のことをこんな風に受け止めてほしい。
 
 
 
まず、緊張が取れることはほとんどない。
 
 
人間だから、緊張はしてしまう。
 
 
では、なぜセンター試験は緊張してしまうのか?
 
 
それは、あなた自身が、
 
 
それだけセンター試験のことを大切だと思っているからだ。
 
 
そして、合格しようとしているからだ。
 
 
どうでもいい試験だったら緊張はしない。
 
 
ましてや、合格するつもりがなかったら
 
 
緊張なんてするはずがない。
 
 
だから、
 
 
「こんなに緊張するくらい、合格したいんだ」
 
 
「こんなに緊張するくらい、頑張ってきたんだ」
 
 
そう思って、優しく緊張を受け止めてほしい。
 
 
そして、
 
 
「よし、やるぞ!!」
 
 
と、緊張を前向きに捉えてほしい。
 
 
 
もし、それでも緊張が取れないようなら、
 
 
今日みんなに配った秘密兵器を使ってね。
 
 
そしたら顔がほころんで
 
 
リラックスできるでしょ(笑)。
 
 
 
 
やるだけのことはやってきたんだから、
 
 
あとは今まで通りやるのみ。
 
 
 
 
 
 
どうか、みんなが力を出し切れますように。
 
 
 
 
 

たくさん卒業生が来てくれた♪

今日もいつものように、
 
 
センター数学の演習問題を解いていると、
 
 
教室の外からクスクスと笑い声が聞こえてきた。
 
 
『?』と思って、
 
 
測っていたストップウォッチの時間を止めて
 
 
教室の外に出てみたら、
 
 
卒業生が4人もいてビックリした!
 
 
(そしてその後、もう1人の卒業生が合流)
 
 
 
そこまで時間が取れなかったけど、
 
 
色んな話しをすることができて、
 
 
そして、
 
 
それぞれの進路で楽しそうにやっていることがわかって
 
 
嬉しかった(^^)
 
 
 
一通りみんなの話しを聞き終わった後、
 
 
大学生が絶対に読んだ方がいい1冊の本を紹介した。
 
 
その本を読むと、
 
 
自分自身のことがよくわかるから、
 
 
進路選択をする際に回り道をしなくてよくなる。
 
 
普通、いろんなことを経験する際に、
 
 
何となく楽しいとか、
 
 
何となく楽しくないとか、
 
 
そういうことを感じて、
 
 
じゃあ自分の進路はこっち方面かな、
 
 
と進路を決めていく。
 
 
でも、今日紹介した本を読めば、
 
 
何で楽しく感じるのか、
 
 
何で楽しく感じないのか、
 
 
ということが自分自身で客観的にわかるから、
 
 
論理的に進路を決めることが可能になる。
 
 
だから、
 
 
今日来た卒業生のみんな、ぜひ読んでみてね♪
 
 
 
私の夢は、
 
 
「一人でも多くの人を幸せにしたい」
 
 
ということなので、
 
 
宮崎塾を卒業した後も、
 
 
その生徒が幸せになってほしいと願っている。
 
 
 
なので、
 
 
今年度の受験が終わった後くらいに、
 
 
卒業生のためになるようなプランを立てている。
 
 
とりあえずそのプランを実行するので、
 
 
卒業生のみんなは期待していてね(^^)
 
 
 
今日は本当に来てくれて本当にありがとね。
 
 
またいつでもおいでね~♪
 
 
 
↓↓↓卒業生たちが書いてくれた絵(笑)
 
 
 
 
 
 

元旦ダッシュ

明けましておめでとうございます!
 
 
 
さて、世間は元旦だが、
 
 
そんなものは関係ない。
 
 
センター試験直前のこの時期、
 
 
勉強あるのみだ。
 
 
 
元旦マーク演習↓↓↓
 
 
 
 
 
 
 
 
元旦というこの日に、
 
 
高3が塾に来るのは当然なのだが、
 
 
高2や高1の生徒も、
 
 
十数人来て自習室で勉強していた。
 
 
本当に素晴らしい。
 
 
人と同じことをしていては、
 
 
結果は人と同じようなものになってしまう。
 
 
人と違う行動を取るから、
 
 
結果が差別化されたものになるのだ。
 
 
 
 
生徒たちも言っていたし、
 
 
私もそう感じたのだが、
 
 
宮崎塾の雰囲気は元旦って感じではなく、
 
 
いつもの平日という感じだ。
 
 
いつも来る生徒たちが、
 
 
いつものように自習室で勉強をしているから。
 
 
こんな生徒たちに囲まれて、
 
 
私は本当に幸せだと思う。
 
 
元旦から仕事ができるって、
 
 
すごくありがたい。
 
 
 
 
さぁ、センター試験まであと少しだから、
 
 
みんなで一緒に乗り越えていこうね。
 
 
もちろん、私も頑張る。
 
 
今日も明日もあさっても、
 
 
受験終了までは休みなくずーっと自習室を開けるから、
 
 
どんどん利用してね。
 
 
 
バリバリ頑張ろうぜーヾ(`Д´)ノ
 
 
 

1

« 2016年12月 | メインページ | アーカイブ | 2017年2月 »

このページのトップへ