HOME > 宮崎興治の日常 > アーカイブ > 2016年10月

宮崎興治の日常 2016年10月

はっぴーハロウィン♪

私が洗面台の前で手を洗っていたら、
 
 
高2の生徒二人が話しかけてきた。
 
 
 
生徒たち
 
「先生~」
 
 
 
「ん?どしたの?」
 
 
生徒たち
 
「今日の部活でコレを作ったんです」
 
 
 
 
何やらビニール袋に入った
 
 
オレンジ色の物を二人とも持っている。
 
 
 
 
「おお~!すごいねぇ!ところでコレ、なぁに??」
 
 
生徒たち
 
「ハロウィンなんで、カボチャでランプを作りました!」
 
 
 
「へぇ~~、すご~~~~!」
 
 
生徒たち
 
「ちゃんと灯りもつくんですよ♪」
 
 
 
「そーなん!!」
 
 
生徒たち
 
「下のボタンを押すとつきます♪♪」
 
 
 
「ほぉ~」
 
 
生徒たち
 
「ちなみに、カボチャの中の種は食べました(笑)」
 
 
 
「そーなんじゃ!食べたんじゃ!」
 
 
生徒たち
 
「はい(笑)。コレ、先生にあげます(^^)」
 
 
 
「え、いいの!?」
 
 
生徒たち
 
「多分、3日はもつと思います」
 
 
 
「なるほど~、ありがとね♪♪」
 
 
 
 
というわけで、
 
 
手作りランプを2つもらった♪♪
 
 
 
早速、夜になって真っ暗な中で
 
 
ランプをつけてみたところ、
 
 
うっすらと灯りがともり、
 
 
何ともいえない幻想的な感じになった。
 
 
 
 
 
 
え?
 
 
あなたも見たいって?
 
 
しょーがないなー、ちょっとだけよ(笑)。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
点灯前↓↓↓
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
点灯後↓↓↓
 
 
 
 
 
ね、幻想的でしょ♪
 
 
 
素敵なランプをありがとね~(^^)
 
 
 
 

熱い話をありがとうございました!!

昨日、素敵な2人の方が、
 
 
わざわざ東京から宮崎塾に来てくださった。
 
 
 
株式会社アイデアガレージ
 
代表取締役社長 西尾竜一さん
 
 
と、
 
 
日本数学検定協会
 
理事 高田忍さん
 
 
だ。
 
 
 
お二人が来る前日に、
 
 
「明日は大切なお客さんが来るからね~」
 
 
ということを生徒たちに伝えていた。
 
 
すると、高2の生徒の何人かが、
 
 
かわいいウェルカムペーパーを作ってくれた。
 
 
 
それがコチラ↓↓↓
 
 
 
 
作ってくれてありがとね。
 
 
 
 
西尾さんも高田さんもすごく喜んでくれた♪
 
 
お二人が宮崎塾まで来てくださったのには、
 
 
もちろん理由がある。
 
 
詳しいことは書けないけど、
 
 
ざっくり言うと、
 
 
「みんなでもっと数学を盛り上げていこう!」
 
 
ということだ。
 
 
 
宮崎塾で1時間半ほどいろいろと話し、
 
 
そして、塾が終わったあとにも、
 
 
場所を変えて5時間ほど熱く話した。
 
 
 
お二人とも考えていることがすごくて、
 
 
もっと日本を良くするには、
 
 
もっと数学を楽しくするには、
 
 
ということを本気で考えていて、
 
 
その話の内容にしびれまくった。
 
 
 
人として、男として、
 
 
2人に惚れた。
 
 
 
私も、
 
 
生徒たちがもっとハッピーになるには、
 
 
数学を楽しく伝えるには、
 
 
成功や幸せとは何か、
 
 
ということをいつも考えていたので、
 
 
気付けば私も熱く語っていた。
 
 
 
私よりも年齢が一回り以上も上なのに、
 
 
そんな私の話しを真剣に聞いて受け止めてくれたので、
 
 
器がでかいっていうのはこういうことなのか、
 
 
と感じた。
 
 
 
そして、
 
 
「宮崎さんは熱くて面白いね!
 
 
 友達になろうぜ!」
 
 
と言ってもらえた。
 
 
なんかこう、
 
 
自分がこれまで貫いてきたことを肯定された気がして、
 
 
涙が出そうだった。
 
 
 
これからどのような形になって
 
 
世の中に出ていくかはまだ予想できないけど、
 
 
少なくとも、
 
 
こんなすごいメンバーで仕事ができるのは、
 
 
本当に、最高に幸せだ。
 
 
 
私たちで
 
 
日本の数学をもっと素晴らしいものに
 
 
変えていきましょう!
 
 
 
お話しができてすごく楽しかったです!
 
 
本当にありがとうございました!!
 
 
 
(左:高田さん) (右:西尾さん)
 
 
 
 
 
 
 

嬉しい報告♪

今日も授業が終わり、
 
 
いつものようにみんなで掃除をしていると、
 
 
ある高3の生徒が来てこんなことを言ってくれた。
 
 
 
生徒
 
「先生!高3専用自習室の新しいイス、めっちゃいいです!!」
 
 
 
「おーー!!嬉しいこと言ってくれるね!!」
 
 
生徒
 
「本当に快適なんですよ♪」
 
 
 
「どんな風に快適なの?」
 
 
生徒
 
「わたし、肩こりがひどいんですけど、新しいイスになって肩こりが治りました!」
 
 
 
「そーなん!!」
 
 
生徒
 
「はい~♪買い替えてくれて本当にありがとうございました♪」
 
 
 
 
イスを買い替えて1週間と少し経つのだが、
 
 
これまで高3からは何の意見もなかったので、
 
 
正直、買い替えて正解だったのかわからなかった。
 
 
 
 
もし、イスを買い替えて
 
 
逆に勉強しにくくなったってことになったら、
 
 
ショックで1週間塾を閉める。
 
 
そして1週間泣きながら酒を飲む(T_T)。
 
 
 
だから、今日、高3の生徒が
 
 
新しいイスを快適って言ってくれたから、
 
 
すごーーく嬉しかった♪♪
 
 
あー、買い替えて良かった~\(^▽^)/
 
 
 
 
快適なイスで、
 
 
みんなでバリバリがんばりましょう!!
 
 
 
 
 

イスの組立て終了~~~~

今日は朝早くからひたすらイスの組立て。
 
 
箱から出すとこんな感じ↓
 
 
 
 
 
もうね、先が長すぎて笑いが出る
 
 
 
 
 
 
ただまぁ、手を動かせば少しずつでも終わるので、
 
 
地道に一個ずつ、一個ずつ、一個ずつ、、、
 
 
組み上げていった。
 
 
 
で、仕上がったイスをポイポイ
 
 
転がしていってたんだけど、
 
 
気付いたらイスが塾に攻め込んできたみたいにっっ!!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いや、もう、
 
 
人間 VS イス
 
 
って感じですわ(笑)。
 
 
 
で、生徒が来る前の
 
 
ギリギリの時間に全部組立て終わって、
 
 
精根尽き果ててぐったり( ´△`)アァ-
 
 
 
生徒たちが来てくれて、
 
 
みんなに協力してもらって、
 
 
イスたちを3階まで運んでもらった。
 
 
 
では、高3専用自習室の
 
 
ビフォー・アフターをご覧ください!
 
 
 
 
ビフォー↓↓↓
 
 
 
 
 
アフター↓↓↓
 
 
 
 
高級感が増した感じがする!
 
 
 
快適そう♪♪↓↓↓
 
 
 
 
 
高3のみんなの勉強がはかどりますように\( ̄▽ ̄)/
 
 
 
 

高3の勉強効率を上げるために

以前、ブログに書いたけど、
 
 
イスって大事だなと思っている。
 
 
ずっと座って勉強をしているわけだから、
 
 
イスが快適だったらもっと勉強効率が上がると思うのだ。
 
 
 
で、快適そうな高級イスを1脚だけ買って、
 
 
高3の生徒たちに実際に座ってもらって
 
 
数日間試してもらっていた。
 
 
いろんな生徒に座ってもらって
 
 
様々な意見を聞いたのだが、
 
 
ついに結論が出た。
 
 
 
 
 
買おう!!!!!!
 
 
 
 
 
なかなかな値段がするイスなのだが、
 
 
高3の生徒たちの勉強が少しでもはかどるなら、と思い、
 
 
高3専用自習室のイスを
 
 
すべて入れ替えることにした。
 
 
先日、その高級イスを大量に発注して、
 
 
そしてようやく今日届いた。
 
 
 
 
大量のイス↓↓↓
 
 
 
 
もはや壁↓↓↓
 
 
 
 
まぁ、これだけじゃなくて、
 
 
上の階にもまだ置いてあるんだけどね。
 
 
 
このイスは組立て式で、
 
 
前回は1脚組立てるのに1時間かかってしまった。。。
 
 
それがこんなにたくさん!!
 
 
まぁ、慣れれば組立ては早くなるだろうから、
 
 
何とかなるっしょ(笑)。
 
 
 
とりあえず、
 
 
明日はかなり早起きをして、
 
 
ひたすらイスを組立てようと思う。
 
 
やったるでーーーーー(`・ω・´)ノ
 
 
 
 

高2の前期期末テストの結果

高2の授業日だったときに、
 
 
前期期末テストの結果を高2の生徒に聞いた。
 
 
 
今回は
 
 
「平面ベクトル」と「微分」という2つのテストがあったのだが、
 
 
学校の平均点は不明。
 
 
言われてないらしい。。。
 
 
 
 
では前期期末テストの宮崎塾高2数学の結果を発表します!
 
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ(←ドラムロールの音)
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダンっっ!!
 
 
 
 
(高2の前期期末テストの結果)
 
 
【平面ベクトル】
 
 
   高2全体平均 86.5点
 
 
   高2難関大クラス平均 91.1点
 
 
   高2標準クラス平均 81.9点
 
 
 
【微分】
 
 
   高2全体平均 85.4点
 
 
   高2難関大クラス平均 87.3点
 
 
   高2標準クラス平均 83.7点
 
 
 
 
 
平均点がわからないけど、
 
 
点数を見るだけではかなりすごい。
 
 
 
最近、高2の雰囲気がとてもいい。
 
 
 
2年前の生徒で、
 
 
高2の10月から受験勉強を開始して、
 
 
ぶっちぎりのE判定から第一志望大学へ合格した話しをしたのだが、
 
 
それから高2の雰囲気が受験モードになった感じがする。
 
 
 
受験勉強はいつスタートをしてもいいので、
 
 
早いに越したことはない。
 
 
一気にスタートダッシュをしよう!
 

センター試験まで100日を切った

ついに、
 
 
センター試験まで100日を切った。
 
 
これから冬が来て、
 
 
そして春が来れば受験は終わりだ。
 
 
 
これまでの卒業生たちに、
 
 
「受験でいつが一番しんどかった?」
 
 
って聞くと、ほぼ全員が、
 
 
「10月~1月です」
 
 
と答える。
 
 
 
私も十数年前に受験を乗り越えたが、
 
 
10月、11月が一番しんどかった。
 
 
高3の5月に部活を引退してから必死に勉強したので、
 
 
自分の実力がどれくらいで、
 
 
合格するにはどれくらいのことをやらないといけないのか、
 
 
10月くらいには何となくわかったのだ。
 
 
で、今のままじゃ確実に落ちることが
 
 
10月くらいにわかったわけ。
 
 
10月の時点で削れる時間は全て削って、
 
 
そして猛烈に勉強をしていたのに、
 
 
どう考えても今のままじゃ間に合わない。
 
 
そして、私が取った最終手段は、、、
 
 
睡眠を削ること。
 
 
(睡眠を削るのはオススメできません)
 
 
それまで5時間睡眠だったけど、
 
 
3時間睡眠にすることにした。
 
 
深夜2時に寝て、早朝5時に起きる。
 
 
10月最初から、11月が終わるまで。
 
 
そんな無茶な勉強をしたから、
 
 
2か月の間に、2回病院に運ばれた。
 
 
でも、そうするしか方法がなかった。
 
 
倒れてでも勉強するしかなかった。
 
 
このままじゃ落ちることがわかってしまったから。
 
 
だから、あの2か月は
 
 
人生の中で一番と言っていいほどきつかった。
 
 
 
もちろん、
 
 
みんながみんな、
 
 
私のようにやる必要はない。
 
 
ただ、どんな受験生でも、
 
 
これからの時期は
 
 
大なり小なりプレッシャーがかかってくる。
 
 
 
今、受験勉強がしんどいと感じている人、
 
 
それはあなたが本気で勉強をしている証拠だから、
 
 
本気で志望大学に受かろうとしている証拠だから、
 
 
どうか、そのしんどさを誇りに思ってほしい。
 
 
そして将来、
 
 
「あんなに頑張ることができたんだから、何だってできる」
 
 
と思える日が来る。
 
 
 
 
きついのはよくわかっている。
 
 
全力で勉強をしているのもよくわかっている。
 
 
それでも、あえて言うよ。
 
 
 
 
『がんばれ』
 
 
 
 
 
 

高1の前期期末テスト結果

昨日は高1の授業の日だったので、
 
 
生徒たちに前期期末テストの点数を書いてもらった。
 
 
今回のテスト範囲は
 
 
「場合の数、確率」
 
 
の2つの分野。
 
 
 
ちなみに、学校の平均点が
 
 
b2講座(4段階の上から2番目の講座)で、
 
 
場合の数が67点、確率が58点らしい。
 
 
 
では、宮崎塾高1前期期末テストの数学の結果を発表します!
 
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ(←ドラムロールの音)
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダンっっ!!
 
 
 
 
(高1の前期期末テストの結果)
 
 
場合の数、確率の順に、
 
 
   高1全体平均 81.0点75.7点
 
 
   高1難関大クラス平均 86.4点80.3点
 
 
   高1標準クラス平均 76.2点71.4点
 
 
 
 
学校の平均点と比較すると、
 
 
かなり頑張ってくれたと思う。
 
 
しかも、前日の塾の模擬テストでほとんど点数を取れなかったけど、
 
 
本番では高得点を取ってくれた生徒が何人かいた。
 
 
テストの前日にものすごく努力をしたんだろうと思う。
 
 
素晴らしい(^^)
 
 
ただ、一方で、
 
 
得点が思うように取れなかった生徒もいた。
 
 
 
授業で話したけど、
 
 
本気で勉強を始めてから、
 
 
点数に結びつくまでにはタイムラグがある。
 
 
それはだいたい約3カ月。
 
 
その期間が最も苦しい。
 
 
必死で勉強しているのに、
 
 
上がっている感覚がないから。
 
 
でも、そこを超えれば、
 
 
勉強が楽しくなったり、
 
 
自分自身が成長したことがわかったり、
 
 
見える世界が変わってくるので、
 
 
どうか頑張ってほしい。
 
 
そして、家であんまり集中できない人は、
 
 
どんどん自習室を利用してほしい。
 
 
 
みんなでがんばろうね!
 
 
 
 
 

ついに実写化か!?

ドラゴンボールとか、
 
 
デスノートとか、
 
 
面白い漫画って実写化されるよね。
 
 
 
だから何って思うかもしれないけど、
 
 
まぁ、聞いてほしい。
 
 
 
 
いつも生徒たちに、
 
 
イラスト付きのチョコをくださる
 
 
素敵な保護者の方がいる。
 
 
そして、そのクオリティがどんどん高くなって、
 
 
最終的にはプロ並みのイラストになったわけ。
 
 
 
こんな感じ↓↓↓
 
blacksunder4-4.jpg
 
 
 
すごくない!?
 
 
もう、私にはまったくない才能なので、
 
 
ただただすごい。
 
 
これをもらった生徒たちは
 
 
すごーーーく喜んで、
 
 
いまだに自習室のロッカーに保存している生徒がいるくらい、
 
 
喜んでくれたのだ。
 
 
 
そして先日、その素敵な保護者の方が、
 
 
またプレゼントをくださった。
 
 
本当に本当にありがたい。
 
 
そして、中を見てビックリ!!
 
 
 
いただいたチョコ↓↓↓
 
 
 
 
つ、つ、ついに実写化されたーーー!!!!
 
 
なんと、今回はイラストではなく、
 
 
私が実写化されたのだ。
 
 
す、すげぇ。
 
 
 
とりあえず、並べてみた。
 
 
 
 
 
うん、なんかすごさが増したね(笑)。
 
 
私がいっぱい( ̄▽ ̄)
 
 
 
このたくさんの私を、
 
 
高3の生徒たちに配ったのだが、
 
 
みんな爆笑していた。
 
 
高3の生徒のみんな、
 
 
辛くなったらこのチョコをみて、
 
 
元気になってほしい(笑)。
 
 
 
顔に落書きされたらどうしよう、
 
 
とか、
 
 
ゴミ箱に大量の私が捨てられたらどうしよう、
 
 
とか、
 
 
少し頭をよぎったけど、
 
 
どんなことでも受け入れようと思う(笑)。
 
 
 
 
みんなすごく喜んでいました♪
 
 
素敵なプレゼントを、
 
 
本当にありがとうございました(^^)
 
 
 
 
 
 

生徒たちが掃除をしてくれる理由

本当にありがたいことに、
 
 
今、宮崎塾はほぼ生徒たちで運営されている。
 
 
教室や廊下の掃除も、
 
 
ホワイトボードを拭くのも、
 
 
トイレ掃除も、
 
 
ポットに水を入れるのも、
 
 
飲み物の粉を補充するのも、
 
 
お茶を作るのも、
 
 
ゴミ捨ても、
 
 
他にもたくさん、
 
 
すべて生徒たちがやってくれている。
 
 
もう、本当に感謝だ。
 
 
 
実は、こうなったのには理由がある。
 
 
最初、宮崎塾を駅前に移転したときに、
 
 
生徒たちと一緒に掃除をしようってことを決めた。
 
 
それで、生徒たちはみんなで教室や廊下を掃除してくれるようになった。
 
 
その他の、ゴミ捨てであったり、
 
 
トイレ掃除であったり、
 
 
そういうことは、当たり前だけど、
 
 
すべて私がやっていた。
 
 
そして、それでいいと思っていた。
 
 
自習室が終わって生徒たちが帰ったあとに、
 
 
私一人がぜんぶやっていた。
 
 
まぁ、もちろんそれが当然なんだけどね。
 
 
 
ただ、2年前のある日、
 
 
いつものように私が
 
 
わっせわっせと掃除やなんかをやっていたら、
 
 
一人の高3の生徒がこう言ってくれた。
 
 
「先生はただでさえ忙しいんですから、
 
 
 これからは私がぜんぶやります!」
 
 
それで、その日を境に、
 
 
その一人の生徒が本当にぜんぶやってくれるようになった。
 
 
ゴミ捨てから、何から何まで。
 
 
高3で受験勉強が忙しいにも関わらず、だ。
 
 
しかも、センター試験の直前も、
 
 
第一希望の大学の試験の直前も、
 
 
卒業するまでずーーーーっと一人でやってくれた。
 
 
もう、ものすごく助かった。
 
 
 
で、その生徒が卒業するとき、
 
 
後輩たちがみんなで作業できるように、
 
 
ゴミ捨ても、ホワイトボードを拭くのも、
 
 
紙にやるべきことの一覧を書いてくれて、
 
 
やり方をすべて後輩たちに伝えてくれたのだ。
 
 
「宮崎先生が1人でやるのは大変だから、
 
 
 みんなで協力して助けてあげて」って。
 
 
 
そこから、
 
 
生徒たちが塾の運営のほとんどを
 
 
やってくれるようになった。
 
 
だから、その最初に手伝い始めてくれた生徒にも、
 
 
今、一生懸命手伝ってくれている生徒たちにも、
 
 
すごく感謝をしている。
 
 
本当にありがとう。
 
 
 
で、色々ある作業の1つに、
 
 
トイレ掃除がある。
 
 
トイレ掃除をしてくれる生徒の手が汚れないように、
 
 
使い捨ての手袋を常備していたのだが、
 
 
「先生、あの手袋、すぐに破けてしまいます・・・」
 
 
という事を言われて、
 
 
ちゃんとしたゴム手袋を用意することにした。
 
 
 
日ごろの感謝を込めて、
 
 
感謝たっぷりのゴム手袋にした。
 
 
 
みんな、本当にいつもありがとね(^^)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

1

« 2016年9月 | メインページ | アーカイブ | 2016年12月 »

このページのトップへ