HOME > 宮崎興治の日常 > アーカイブ > 2016年8月

宮崎興治の日常 2016年8月

社会人というフィールド

この数日間、たくさんの卒業生が来てくれた。
 
 
学校の先生をしていたときの卒業生も来てくれて、
 
 
早いもので、その子たちはもう社会人になっていた。
 
 
 
生徒たちと話していると、
 
 
「大人になりたくないー」
 
 
とか
 
 
「子供のままでいたいー」
 
 
などという発言をよく聞く。
 
 
まだ大人になっていない生徒たちが
 
 
このような発言をするということは、
 
 
周りの大人たちが大変そうに見えるからだと思う。
 
 
 
いろいろな考え方があると思うが、
 
 
私は社会人こそ、
 
 
もっとも楽しい時だと思っている。
 
 
だって、仕事ができるんだから。
 
 
私の中で仕事とは、
 
 
どれだけ人に喜んでもらえるか、
 
 
どれだけ人の役に立てるか、
 
 
そういうことだと思っている。
 
 
そして、その感謝された総量が、
 
 
お金という形で返ってきているわけ。
 
 
 
 
「あなたに会えてよかった」
 
 
「あなたがいたから、今の私がいます」
 
 
そのような感謝をもらって、
 
 
嬉しくない人は絶対にいない。
 
 
だから、人に感謝してもらうことは、
 
 
そのまま自分の幸せにつながっている。
 
 
 
つまり、仕事を通して人に喜んでもらえば、
 
 
相手もハッピーになるし、
 
 
自分もハッピーになる。
 
 
 
学生の間は仕事なんてできない。
 
 
大学生ならアルバイトはできるだろうけど、
 
 
そこまで深い仕事はできない。
 
 
だから、社会人になって仕事ができるってことは、
 
 
人生の中で一番楽しいことだと思うのだ。
 
 
 
私たち大人がイキイキと生きていれば、
 
 
きっとそれを見た子供たちは、
 
 
「早く大人になりたいー」
 
 
「自分も仕事がしてみたいー」
 
 
ということを言いだすと思うのだ。
 
 
 
私がイキイキと働いて、
 
 
その背中を卒業生や生徒たちに見てもらって、
 
 
大人ってこんなに楽しいんだぜ!
 
 
仕事ってこんなにハッピーなんだぜ!
 
 
そんなメッセージを伝えていきたい。
 
 
 
 
 
 

会いに来てくれてありがとう

大学生が夏休みに入り、
 
 
卒業生たちが連日塾に来てくれる。
 
 
しかも、5年前に私が学校の教員をしていたときの
 
 
卒業生まで来てくれる。
 
 
それも1人ではなく、何人も。
 
 
本当にありがたい。
 
 
 
色々な話しが聞けるのはもちろん楽しいのだが、
 
 
何より、
 
 
卒業してからもまた会いに来てくれるのがすごく嬉しい。
 
 
私が忙しくてなかなか会えないのが申し訳ないのだけれど、
 
 
会いに来てくれるその気持ちが嬉しい。
 
 
 
私は数学を教えることが目的ではなくて、
 
 
数学を教えることを通して、
 
 
生徒を幸せにすることが目的だ。
 
 
だから、
 
 
こうして会いに来てくれるってことは、
 
 
少しでも生徒の心に何かを残せたのかな、
 
 
と思う。
 
 
 
今日も5人の卒業生が来てくれたのだが、
 
 
「ブログに載せたいから何か書いて」
 
 
と言って紙とペンを渡すと、
 
 
快く書いてくれた。
 
 
1人は夜遅かったからお願いできなかったけど、
 
 
とても素敵なことを書いてくれた。
 
 
 
本当にありがとう。
 
 
またいつでもおいでね(^^)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ナイスプレゼント!

今日のお昼に、卒業生が来てくれた。
 
 
いろいろ話せて安心したんだけど、
 
 
最後に卒業生がプレゼントをくれた。
 
 
 
本当にありがたいことに、
 
 
おみやげをもらうことは多い。
 
 
ただ、プレゼントをもらうことは滅多にないので、
 
 
嬉しいのと同時に、
 
 
すごくビックリした!
 
 
 
で、プレゼントを開けてみてさらにビックリ!
 
 
 
これ↓↓↓
 
 
 
 
なんだかわかる?
 
 
これ、円周率の本!
 
 
中を見てみてさらにビックリ!
 
 
 
 
 
 
な、なんと、ひたすら円周率が書いてあるではないか!!
 
 
しかも値段が・・・
 
 
 
 
 
314円という徹底ぶり。
 
 
おもろー!
 
 
ツボを押さえたプレゼント、
 
 
本当にありがとう(^^)
 
 
宮崎塾の本棚に並べとくね~♪
 
 
 
 
 
 

1

« 2016年7月 | メインページ | アーカイブ | 2016年9月 »

このページのトップへ