HOME > 宮崎興治の日常 > アーカイブ > 2014年11月

宮崎興治の日常 2014年11月

毎年恒例のアレに行ってきた

行かなければ、行かなければ、
 
 
そう思いつつ、
 
 
なんだかんだで先延ばしにしていた。
 
 
しかし、もう11月の中旬に差しかかろうとしていて、
 
 
これ以上先延ばしにはできない。
 
 
塾にいるみんなに迷惑がかかっちゃいけないから。
 
 
で、本日、意を決して行ってきました!
 
 
毎年恒例のインフルエンザの予防注射!!
 
 
短縮すると・・・「注射」!!
 
 
 
宮崎塾を開塾して3回目の冬。
 
 
つまり、3回目の注射。
 
 
移転前の宮崎塾のお隣の、
 
 
毎年お世話になっている湯浅内科さんへ行ってきた。
 
 
いつものように簡単な質問に答え、
 
 
問診をしてもらい、
 
 
いつものあの黒いイスに座る。
 
 
そして、いつも私に注射をして下さる看護師さんがいて、
 
 
「今年も来ましたね」
 
 
という心の声が聞こえてきそうだった。
 
 
もう3回目だから大丈夫だろうと思っていたのだが、
 
 
アルコールで腕を拭かれると、
 
 
『これから鋭利な金属が私の皮膚を貫くのか』
 
 
という恐怖が頭の中をかけめぐる。
 
 
ゾッ・・・。
 
 
 
「は~い、準備はいいですか~」
 
 
と言いながら、
 
 
鋭利な金属を私の皮膚に近づけてくる看護師さん。
 
 
針が近づいてくる感覚がわかる。
 
 
数センチまでせまったその瞬間、
 
 
とっさに腕をひっこめた。
 
 
「ちょ、ちょ、ちょっと待ってください!」
 
 
懇願する私。
 
 
ニヤリとする看護師さん。
 
 
数秒の後、2度目の挑戦。
 
 
またまた
 
 
「は~い、準備はいいですか~」
 
 
と言いながら、
 
 
鋭利な金属を私の皮膚に近づけてくる看護師さん。
 
 
も、もう逃げるわけにはいかない。
 
 
ここで逃げたら、
 
 
去年のように新たな看護師さんを呼ばれ、
 
 
うでを取り押さえられてしまう。
 
 
覚悟を決める私。
 
 
 
・・・ぷすぅ。
 
 
 
ぬうぅぅああ!!!!!
 
 
『え、え、鋭利な金属が私の皮膚を貫いてきたーー!!!』
 
 
あわわわわ・・・。
 
 
あわあわわ・・・。
 
 
・・・。
 
 
 
「はい、終わりましたよ~」
 
 
終了を告げる看護師さん。
 
 
よ、ようやく今年もコレが終わった。。。
 
 
今年は新しい看護師さんを呼ばれて
 
 
うでを取り押さえられなかった分、
 
 
去年よりも成長したな。
 
 
ふっふっふ。
 
 
この調子でいけば、
 
 
40年後には普通に注射が打てるかもね。
 
 
ふぅ。。。
 
 
 
 

可能性

「不可能」という言葉がある。
 
 
ではその「不可能」は、いったい誰が決めるのか?
 
 
家族?
 
 
友達?
 
 
先生?
 
 
どれも違う。
 
 
「不可能」とは、自分の心が決めるのだ。
 
 
あれはできるがこれはできない。
 
 
あれは可能だがこれは不可能。
 
 
可能か不可能かを決めているのはいつも自分だ。
 
 
不可能だと思った時点で、
 
 
そのことは絶対に達成することができない。
 
 
 
私が新人サラリーマンをしていたとき、
 
 
先輩がこんなことを言っていた。
 
 
「俺はもう先が見えている。
 
 
 このままこの仕事を続けて、
 
 
 課長か部長になれればいいところかな、ははは」
 
 
私は会社に入ったばかりでやる気に満ち溢れていたので、
 
 
この言葉にショックを受けたのを覚えている。
 
 
一方で、部長と話しをする機会があったときに、
 
 
「俺はまだまだ上を目指すぞ」
 
 
と言っていたのも覚えている。
 
 
当時の私は無知だったので、
 
 
いろんな考えの人がいるんだな、
 
 
くらいにしか思っていなかった。
 
 
今になって思い返してみると、
 
 
部長は部長になるべくしてなったのだというのがよくわかる。
 
 
だって、その人は会社のトップを目指しているのだから、
 
 
部長にはすぐになれるはずだ。
 
 
一方、課長か部長になれればいいや、と思っていたら、
 
 
会社のトップにはなれないだろう。
 
 
 
誤解がないように書いておくが、
 
 
社長になる人がすごくて、
 
 
社長にならない人がすごくないとは思っていない。
 
 
それぞれの立場で、
 
 
立派に仕事をすることが大切だと思うからね。
 
 
私が言いたいのは可能性のこと。
 
 
部長になろうと思わなければ、
 
 
部長になることはできないし、
 
 
社長になろうと思わなければ、
 
 
社長になることはできない。
 
 
そして、それを決めているのは全て自分だ。
 
 
 
プロ野球選手になろうと思ったことがない人が、
 
 
気づいたらプロ野球選手になっていた!
 
 
なんてことはありえない。
 
 
だから、まずは自分の可能性を想像することが大切になる。
 
 
「A大学は不可能だ」
 
 
そう思った時点でA大学は不可能になる。
 
 
「自分ならA大学に絶対に入れる」
 
 
そう思った時点でA大学への合格率は跳ね上がる。
 
 
 
どうか自分の可能性を信じてほしい。
 
 
きっとできるから。
 
 
そして、私自身も自分の可能性をまだまだ信じている。
 
 
人のために、
 
 
私にできることがまだまだあるはずだからね。
 
 
 

ひざかけポカポカ

今日、ある生徒が、
 
 
「せんせ~、ひざかけが少し臭いです・・・」
 
 
と言ってきた。
 
 
どれどれ、と臭いを嗅いでみると、
 
 
ほんのすこ~~しだけ臭いがした。
 
 
 
私が2年半前に宮崎塾を開塾したとき、
 
 
仲の良かった人生の先輩から
 
 
開塾祝いとしていただいた大切なひざかけ。
 
 
生徒たちが学校に行っている日中に、
 
 
イスにひざかけをかけてファブリーズをして干す、
 
 
ということを何度かやったことがある。
 
 
ただ、もはやそれだけではダメみたいなので、
 
 
今日は思い切って、天日干しをすることに!
 
 
 
テラスの屋根がないところにヒモを張って、
 
 
そこにひざかけをかけて、
 
 
ファブリーズをふりかけて天日干し。
 
 
ひざかけ達が、
 
 
冬の太陽の下で気持ちよさそうに泳いでいた。
 
 
 
芸術的な一枚↓↓↓
 
 
 
 
いい写真でしょ♪
 
 
 
さて、ここまで読んでくれたあなたに、
 
 
一つだけ謝らないといけないことがある。
 
 
それは・・・、
 
 
さも私が天日干しをしたかのように書いたのだが、
 
 
実はコレ、ぜんぶ生徒たちがやってくれたのだ。
 
 
自分でやったかのように書いてゴメンナサイ。
 
 
 
 
「せんせ~、ひざかけが少し臭いです・・・」
 
 
と生徒に言われた後に、
 
 
「干した方がいいですよ」
 
 
とも言われ、
 
 
「あ~、俺、そういうの苦手なんだよねぇ~」
 
 
と正直に言うと、
 
 
「知ってます!」
 
 
と言われた。
 
 
くっ。
 
 
か、返す言葉がない。。。
 
 
で、結局、
 
 
「私たちがやっておきますね~」
 
 
ということで、
 
 
生徒たち3人がワイワイとやってくれたのだ。
 
 
ちなみに、
 
 
さっきの芸術的な写真は
 
 
生徒の1人が撮ってくれたものだ。
 
 
実に美しい。
 
 
もはや芸術家の領域。
 
 
 
これでまた、
 
 
大切なひざかけがいい匂いになると思うと嬉しい。
 
 
いい生徒に恵まれて本当に幸せだ。
 
 
いつもありがとう。
 
 
 
 

1

« 2014年10月 | メインページ | アーカイブ | 2014年12月 »

このページのトップへ