HOME > 宮崎興治の日常 > アーカイブ > 2014年4月

宮崎興治の日常 2014年4月

試験1週間前!!

今日、前期第一中間考査の1週間前になった。

試験の時間割を確認するため、

各学年の生徒たちに聞き込みをしたのだが、

ほとんどの生徒が時間割を把握していなかった。。。

唯一、確認ができたのは高1だけ。

高2や高3の生徒に聞いても、

「あ、メモするの忘れました~」

とか、

「その内、友達から聞くので今は知りません」

とか、そのような返答ばかり。

はぁ~~、こんなんで大丈夫か?


とりあえず、断片的な情報を組み合わせて、

おそらく正しいであろう時間割を作成。

それをもとに塾の試験対策の時間割を作った。

とりあえず。

もちろん、学校の正しい時間割はきちんと明日聞くけどね。


今回の試験対策で、

高2の時間を特に多くとった。

勉強をしている生徒としていない生徒の差が激しいから、

もう、全員で勉強をしようぜ、という考え。

ちなみに高2については、

ある一定の点数を取れなかった生徒に対して、

毎日自習室に来ることを義務化しようと思っている。

次の定期テストまでの数か月間だけね。

で、また次の定期テストである一定の点数を取れなかったら、

次の定期テストまで毎日自習室に来なさいよ、と。

まずは勉強を毎日する習慣が大事。


勉強に対する取り組みが甘い生徒は、

高2の内にしっかり勉強をしておかないと、

高3になったときに取り返しがつかなくなる。

受験という意味でね。

高3になったとき、

生徒の泣き顔だけは見たくない。

だから、何と言われようと自習室に来てもらうつもりだ。

そのために移転までして自習室を大きくしたのだから。


まぁ、まずは目先の定期テスト、

しっかり勉強をして、

納得のいく点数を取ってほしい。

入学式の次の日の課題考査結果

今年の新高1は、真面目な生徒が多い。

もちろんいい意味で。

ずーっと自習室で勉強し続けている生徒もいれば、

毎日欠かさず自習室に来てくれる生徒もいる。

そんな新高1が入学式の次の日に受けた、

課題考査の結果をようやく集計した。

学校の平均点がわからないから何とも言えないけど、

とりあえず宮崎塾の平均点を発表しようと思う。



では、宮崎塾新高1課題考査の数学の結果を発表します!


ダカダカダカダカダカダカダカダカ(←ドラムロールの音)

ダカダカダカダカダカダカダカダカ

ダカダカダカダカダカダカダカダカ

ダカダカダカダカダカダカダカダカ

ダカダカダカダカダカダカダカダカ

ダカダカダカダカダカダカダカダカ

ダカダカダカダカダカダカダカダカ

ダカダカダカダカダカダカダカダカ

ダカダカダカダカダカダカダカダカ

ダンっっ!!



(新高1の課題考査の結果)

   高1全体平均 89.2点

   高1難関大クラス平均 90.7点

   高1標準クラス平均 87.6点



いやー、よく頑張って勉強していると思う。

入学式の次の日にある課題考査は、

尾北から与えられた課題から出題されることが多い。

そのテストで点数がいいってことは、

真面目な証拠だと思う。


ちなみに、試験は、数学・英語・国語の3教科あったのだが、

新高1の宮崎塾全体平均は、

   数学 89.2点(100点満点中)

   英語 71.6点(100点満点中)

   国語 77.3点(104点満点中)


数学の点数がいいことはすごく嬉しいのだが、

大学受験を考えたときに、

英語の点数がちょっと不安になる。。。

まぁ、これからの3年間で、

良くもなるし悪くもなるので、

自分の努力次第なんだけどね。


この真面目な姿勢が、

3年間続いたらすごいことになるだろうなぁ~。

運動になるぜ

今日も自習室で頑張っている生徒たちに

チョコを配って回ったのだが、

前の塾に比べて体力がいるようになった。

もう少ししたらブログやホームページで

塾の内部を紹介するつもりだが、

階段がけっこう急なのだ。

だから、1階にチョコを取りに行って、

1階、2階、3階とチョコを配って、

また1階にチョコを置きに行くと、

それだけで息切れしてしまう。

「ぜぇ・・ぜぇ・・・・」

って感じで。

まぁ、前の塾でも2階から4階まで配ると

息切れしてたんだけどね(^^;)


今はそこそこ若いから何とかなっているけど、

60歳とかになって配れるかなぁ。

階段に腰かけて休んでるかも・・・。

いや、逆に毎日階段の往復をしすぎて、

ムキムキじいちゃんになってるかも!

まぁ、どちらにしろ、

チョコを配れるって幸せだと思う。

生徒たちがいないと配れないからね。


さて、明日の階段往復運動のために、

帰ってお風呂に入って足をほぐすかね~。

心の時代

年月が流れるにつれ、

求められるものは変化する。

その変化を捉えていれば、

必要とされる人間になれるのだと思う。


戦後の日本には物がなかった。

だから、大量に物を作って安く売れば、

どんどん物が売れた。

つまり、大量生産、大量消費の時代だ。


時代は流れ、

今の日本には物があふれるようになった。

食べ物も、着るものも、

コンビニやネットなどですぐに手に入る。

こんなに物があふれている時代だから、

大量生産するだけでは物は売れなくなった。

つまり、求められているものが変化したのだ。


では、今、求められているものは何か?

これは私の個人的な考えだが、

物があふれている時代だからこそ求められているもの、

それは「心」なのだと思う。

今は「心の時代」。


例えば、ごはんを食べに行くとする。

ごはんを食べるところなんてたくさんある。

おいしいとか安いとか、

もちろんそういうことも大事なのだが、

もしもお店の人がものすごく愛想のいい方だったら、

私はそのお店に通うと思うのだ。

笑顔で愛想よく、

「いらっしゃい!今日も来てくれてありがとね!」

って言ってくれるお店と、

無愛想なお店だったら、

愛想がいい方がいいよね。


ものがたくさんある時代だから、

消費者は選ぶことができる。

同じようなものがたくさんあるなら、

感じのいい店を選ぶ。

だから、今は「心の時代」だと思うのだ。


生徒たちには、

人間力のある大人になってほしい。

「悪口は言わない方がいいよ」

とか、

「みんなで仲良くしようね」

とか、

ものすごく当たり前のことを生徒たちに言い続けるのは、

そういう理由があるからだ。


頭が良いことが最優先ではなく、

人間力が高いことが最優先になる時代が、

もうすぐ来るのだと思う。

高1が熱い!!

高1って、

入学したばかりでまだ勉強への意識が高くないはずなのに、

高1の中の何人かがものすごく頑張っている。

毎日自習室に来る生徒が何人もいるし、

今日はお昼の14時から夜21時50分まで、

ずーーーーーーっと勉強している生徒が2人もいた。

本当にすごいと思う。

なんか、受験生と同じようなオーラが少し出ている。


ただ、人間は継続することが難しい。

これから部活であったり、学校行事であったり、

いろいろと忙しくなってくる。

そんな中でも、

今と同じように勉強を続けていくことができれば、

尾北のトップレベルに確実になれる。

だって、勉強量がすごいからね。

確実になれるね。


高校時代のたった3年間、

勉強をやるかやらないかで人生は大きく変わる。

せっかく努力して尾北に入学したのだから、

どうかこの努力を継続してほしい。

そのために自習室を広くしたのだから。

3年後、どれくらい成長しているか楽しみだ♪♪

やっぱり塾の先生って楽しいな~~。

録画システムが・・・

昨日、パソコンの内の何台かがおかしくなり、

授業の録画を見ることができなくなってしまった。

で、復旧をしようと、

今日は昼から配線を変えてみたり、

ソフトをアップデートしてみたり、

ipアドレスを振りかえてみたりと、

いろいろといじっていた。

その結果、半分以上のパソコンが見れなくなってしまった・・・。

な、なんで?(T_T)


連日の塾作りだけでもきついのに、

録画システムまで吹き飛ぶ始末。

もうね、心が折れる。。。

録画を見に来た生徒に、

「今日は録画の調子が良くなくて見れんのよ。。」

と伝えるのがすごく申し訳なかった。

ごめんよ。


私が青ざめた顔でパソコンを復旧していると、

後ろの方から生徒たちが、

「せんせー、がんばれー!!笑」

と言ってくれた。


そう。

そうなんだよ。

自分が頑張るしかないんだよ。

自分がやらなければ何も進まない。

何とか明日には録画が見れるような状態にしておきたい。

もう、、、やるしかない。


本当に申し訳ないのですが、

メールの返信はもう少し待ってください(T_T)

素晴らしい生徒たちに感謝(T_T)

前の塾よりも今の塾の方が総面積が増えたため、

掃除がものすごく大変になった。

で、自習室の利用時間は21時50分までなのだが、

そこから残ったみんなで掃除をしようということにした。

もちろん強制することはできないので、

希望者だけで。


この案を考えた当初、

生徒たちが手伝ってくれるのか少し不安だった。

だって、普通に考えたら、

自習が終わったらすぐに帰りたいに決まっているから。

掃除なんてやりたくないじゃん。

普通に考えたらね。

で、新しい塾に移転して4日が経つのだが、

な、な、な、なんと、

残った生徒全員が掃除をしてくれているのだ!!


「せんせ~、自分は何をしたらいいですか?」

「先生、ぞうきんはどこにありますか?」

「掃除機はどこですか?」


などなど、みんな積極的に掃除をしてくれる。

・・・あ、ありがとう(T_T)


はっきり言って、

今、もんのすごく忙しい。

新しい塾にまだまだ不備がたくさんあって、

それを解決していかないといけないから。

日々、ホームセンターや百均に走り回っている。

塾内ネットワークの構築もしないといけないし。

でも、日中の仕事が増えたからといって、

授業などの通常の仕事が減るわけではないので、

ただ、ひたすら忙しい。

だから、生徒たちが掃除を手伝ってくれていることが、

超超超超超超~~~助かっている。

20人でやって10分で終わる掃除でも、

1人でやったら200分もかかってしまうから。


もう、本当にいい生徒たちばかりで、

自分はなんて恵まれているのだろうかと思う。

本当に本当にありがとう。

バリバリ働いて、早く塾を完成させるね。

がんばるぞ、をーーーー!!!!!

えんそく

今日は高2、高3が遠足だった。

高2は香川、高3は愛媛に行ってきたらしい。

山に登ったりして疲れているはずなのに、

今日もたくさんの生徒たちが自習室に来てくれた。

まだバタバタしていて

塾の中がほとんど片付いていないのだが、

前の塾にいたときよりも自習室の利用率が格段に上がったので、

今の塾を作って良かったな~、と思う。

まぁ、、、本当にまだまだ片付いていないんだけどね。




今日はたくさんのおみやげをありがとう。

その心遣いが嬉しいです(^^)





なんか最近もらってばっかりで、

本当に感謝感謝だ。

自分も頑張って返していこう!



新しい塾の詳細は、

塾がある程度片付いたら

ブログやホームページに載せようと思ってます。

しばらくお待ちを。

たくさんのお祝いをありがとうございます

移転をしてから、

本当にたくさんのお祝いをいただいた。

保護者の方、地域の方、業者の方、など、

たくさんの方々からいただいた。

今日はそのありがた~~い品々を紹介しようと思う。


まずは、お花。




この写真を見てわかるように、

何人もの方からお花をいただいた。

花屋さんが配達に来られたり、

ご本人様が直接私に届けて下さったりと、

そのたびに感謝の気持ちでいっぱいになった。




次に、たくさんのお菓子。






ダンボールの中を写しただけなのでわかりにくいが、

すごく大量のお菓子がある。

これは公表してもいいと思うので公表するが、

この大量のお菓子をくださったのは、

「むらちゃん」さんだ。

移転のお祝いに生徒たちに配ってください、と。

というわけで、

給湯室にお菓子を並べて、

自由に食べていいということにした。

みんなすごく喜んで食べていた♪♪

中には歓声を上げる生徒もいた(笑)。

いやー、しかし、あんなにたくさんあったのに、

たった1日で半分くらいなくなっていた。

すげーぜ、高校生の食欲!



最後はこちら



これ、なんだかわかる?

実は、全部トイレットペーパー。

取り出して気づいたのだが、

すごく素敵なトイレットペーパーだった。


取り出すとこんな感じ




ね、いいでしょ、これ。

もったいなくて当分使えそうにないので、

現在はタナにきれいに並べてある。

まさに「ありがとう」だ。



こんなに素敵なものを頂き、

本当にみなさまに感謝しています。

この感謝の気持ちは、

今いる宮崎塾の生徒をしっかり育てることで、

返していこうと思います。

これからも一生懸命がんばります!!

本当に本当に本当に、

ありがとうございました!!!




追伸

メールをくださった方たちへ

返信はもう少しだけ待ってください。

ごめんなさい(T_T)

明日からはきちんと書きます

今日は生徒たちが初めて移転先の塾に来る日だったので、

とりあえず机とイスを並べて、

なんとか形にだけはした。

ただ、パソコンの設定や防犯カメラの設定、

屋上の机の組立、ゴミ箱や掃除道具などの細々したものの購入、

などなど、まだまだやることが山盛り。

完成までの道のりはかなり遠い。

ちなみに現在、激しく筋肉痛・・・。


今日はたくさんのお祝いのお花や、

お菓子や、トイレットペーパーなど、

本当にありがとうございました。

おかげさまで玄関はお花でいっぱいです。

本当に感謝感謝です。


明日からはきちんとしたブログを書くので、

今日はこの辺りで休ませてください。。。

コメントやメールの返信も明日します。多分。。。

ごめんなさい。

123

« 2014年3月 | メインページ | アーカイブ | 2014年5月 »

このページのトップへ