HOME > 宮崎興治の日常 > アーカイブ > 2013年12月

宮崎興治の日常 2013年12月

1年を振り返って。

今日で今年の授業がすべて終わった。

次回の授業は、1月1日の高3マーク演習だ。


気付けばもう今年が終わり。

毎日をがむしゃらに走り続けてきたので、

この1年が長かったのか短かったのか、

そんなことさえよくわからない。

ただ、1つだけ言えることは、

「今年もいい1年だった」

ということだ。


私の大尊敬する人の中の1人に、

斎藤一人さんという方がいる。

知っている方も多いと思うが、

日本一の高額納税者だ。

私が住んでいる家にはってあるカレンダーは

斎藤一人さんのカレンダーなのだが、

カレンダーに書かれている言葉の一つに

こんなことが書いてある。


「いい日とは自分にありがとうを言える日」


カレンダーは玄関にはってあるので、

毎日この言葉を見て家を出て、

毎日家に帰るとこの言葉を見る。

そして自分に問う。

今日はいい日だったか、と。


この1年を振り返り、

私は自分にありがとうを言える。

自信を持ってね。

だから、本当にいい1年だったな、と思える。


ただね。

それは生徒たちに恵まれたおかげだからだと思うのだ。

良い生徒たちばかりだから、

毎日楽しくがんばることができた。

もちろん、面倒なことや辛いこともたくさんあったけど、

生徒たちの笑顔を見ていると、

そんなことは吹き飛んでしまうのだ。

良い生徒たちを育てて下さっている保護者の方にも、

感謝の気持ちでいっぱいだ。


保護者のみなさん、生徒のみんな、地域のみなさん、

本当にありがとうございました。

そして、これからもどうぞよろしくお願いします。

では、来年も良い1年となりますように。


追伸
12月30日、31日のブログはお休みします。
次回は1月1日に書きますね。

ありがとね

今日も卒業生が2人来てくれた。

授業中だったので少ししか話せなかったが、

元気そうな顔を見れて嬉しかった。

ま、若干金髪になってて驚いたけど(笑)。


一年前の今頃、

あの子たちも目を血走らせて勉強をしていた。

だから、一年後の今頃は、

今いる高3の生徒たちも大学生になって、

「先生、大学ちょ~~楽しいっす!」

って言っているんだろうなぁ、と思う。


そんな風にして、

何年もかけてどんどん卒業生が増えていったら、

どうなるんだろう。

宗教のできあがり?

情熱集団、宮崎教。

・・・こわっ!!


そんな話は置いといて、

こうして卒業生が来てくれるのは本当に嬉しい。

20年後も30年後も来てくれるといいなぁ。

みんながたくさんくれたおみやげは、

ほとんど高3に配ったよ。

高1や高2には申し訳ないけどね。

「君たちの先輩も君たちのことを応援しとるよ!!!」

って。


今日は来てくれて本当にありがとね。

またいつでも来てね(^^)

ありがたいと思える

今日は15時30分から22時まで

ぶっ通しで授業があった。

数年前の私なら、

「あ~~、疲れた~~」

としか思わなかっただろうけど、

今は、ありがとうって思える。

話し続けてノドが痛いし、

体もフラフラするけど、

こんなに教えることができて幸せだなと思う。


当たり前だが、

塾を開いたときは生徒数は0だった。

だから教えたくても教えることができなかった。

1日中何もすることがない日がたくさんあった。

あのときの辛さに比べれば、

たくさん授業をして疲れることくらい何でもない。


さて、冬期講習は残り2日。

気力を振り絞ってがんばろう。

嬉し懐かし

今日の昼過ぎに、去年卒業した生徒が来てくれた。

あまりにも突然すぎて、

「おおぉーーー!!」

と声が出てしまった(笑)。


話しによると、

今日から冬休みで、

早速尾道に帰ってきたとのこと。

しかもまだ実家にも帰っていないのに、

直行で塾に寄ってくれたみたい。


お互いにあまり時間がなくて、

ほんの数分しか話すことができなかったのだが、

元気そうに大学生活を楽しんでいるみたいで良かった。

大学生活に慣れて、

たくさん友達ができたみたいなので、

これからもっともっと楽しくなるね。

こうして楽しそうに話しをしてくれる卒業生を見ていると、

すごく嬉しくなる。

がんばって受験を乗り越えて良かったね、って。


去年の卒業生。

宮崎塾を開塾して初めての卒業生だったから、

すごく思い入れがある。

本当に大切な大切な生徒たちだ。

あの生徒たちがいたから、

今、宮崎塾は存続できているとさえ思う。

当時まったく無名だった宮崎塾に、

高3という大切な時期に来てくれたのだから。

感謝感謝だ。


センター試験前で少しバタバタしているけど、

またいつでも来てね。

あなたたちの元気そうな顔を見ることが、

私の人生の楽しみの1つだから。

あ、でも忙しかったらムリはしなくていいよ。

多分あと30年くらいは生きれると思うので、

気長~~~~~に待ってます。


Hくん、今日は来てくれてありがとう。

「みんなに配ってください」

ってくれたおみやげは、

高3の生徒たちに配るね。

「君たちの1つ上の先輩からだよ」って。

本当にありがとう。


あと6回

センター試験まであと23日。

塾で行うセンター対策は、

1月1日に実施するマーク演習を含めて、

残り6回になってしまった。

センター試験までしか数学が必要のない生徒は、

あと6回授業を受けたら私の授業を受けることはなくなる。

毎年のことで慣れているはずなのに、

毎年のように寂しい気持ちになる。


大学受験は人生の通過点でしかない。

だから、大学受験は結果も大事だけど、

努力するその過程の方がもっと大切だと私は思う。

だから、毎回の授業で一所懸命話していることは、

受験だけでなく、人生で使えるようなことを話している。

できるだけね。

もし高3の生徒がこのブログを見ていたら、

これまでの話しを思い返してほしい。


鉄板の話、リンゴの話、アメーバの話、1つ上の先輩の話、皿回しの話、GIGOの話、暗記の話、

そして今日話した、ウサギとカメの話。

どれも受験という視点で話しをしているが、

ほとんどの話しを人生という視点でとらえ直すことができる。

受験を終えた後にも、

これらの話しが人生の役にも立ってほしいからね。



どうか、みんなが後悔なく受験を終えれますように。

どうか、みんなが自分らしい人生を歩めますように。

メリークリスマスイブ

今日はクリスマスイブ。

この日に授業をするのは生徒たちがイヤかな、と思い、

今日の授業はすべて2日前の日曜日に振り替えた。

だから今日は授業がない。


といっても、

確認テストの追試を今日にまとめたため、

昼からいろんな生徒たちが追試を受けている。


今日がクリスマスイブということと、

授業がないということで、

がんばってみました!!!

少しでも生徒たちが喜んでくれればと思い、

サンタになってプレゼントを配ってみた。

え?

コンビニの店員みたいに、

赤い帽子をかぶっただけじゃないかって?

いやいやいやいや。

もうね、服の上下にひげとベルトまでつけて、

がっつりサンタになったのだ。

んで、でっかい袋に大量のお菓子をつめて、

自習室で勉強している生徒たちに配ったのだ。


さすがに私のイタイ写真を載せることはできないので、

でっかい袋の写真だけでも載せようと思う。


でっかい袋↓↓↓



中にはお菓子がいっぱい↓↓↓



最初はみんな驚いたような顔をしていたが、

プレゼントを渡すと喜んでくれた。

よかったよかった。

ただ、何人かの生徒たちが笑いながら

「先生、イタイですよ。」

と言ってきた。

はっはっは。

そんなこと、知っとるわい!

今日1日だけなので許しておくれ。


明日からまた授業がガッツリあるので、

サンタになってお菓子を配るのは今日1日だけだ。

今日塾に来た人、運が良かったね♪

1年に1回くらい、こんな日がないとね(笑)。

また明日からがんばろうねー。

では、メリークリスマスイブ!!

なんやかんや買ってきた

昼ごはんを食べに出たついでに、

近くのスーパーで買い物をしてきた。

何か目新しい飲み物はないかな~、

なんて思いながら商品を見ていると、

あるじゃないですかっっ!!

目新しい飲み物!!


飲み物コーナーはいつも通りのラインナップだったのだが、

そこからはずれた一角に、

なぜかそれは置かれていた。

その飲み物とは、

「ホットチョコレート」





やべぇ。

おいしそうな感じがプンプンする。

普通よりもけっこう割高な値段だったのだが、

生徒たちが喜ぶかもしれないと思い、

とりあえず1個だけ買ってみた。

で、パッケージをよく見てみると、

スペインから直輸入された商品みたい。

なんか写真の左下の方に書いてあるでしょ?

はてさて、いったいどんな味がするのやら。

え?

自分で飲んでみろって?

いやいや、これ以上糖分を取ったら、

完全に糖尿病になってしまう。

チョコレートをばくばく食べているので、

飲み物までチョコレートになってしまったら、

私の体はフィニッシュだ。

生徒たちに感想を聞いてみて、

良さそうな反応なら、

大量購入しようと思う。


で、飲み物を買ったついでに、

眠気覚まし商品も購入。





ガムやらフリスクやら。

授業中にどーーしても眠くなってしまうとき、

あるよね。

うんうん、よくわかるよ、その気持ち。

でも大丈夫!

眠くなったら投与してあげるからね!

がんばろうねー。

なんか・・・ふわふわ・・・

今日は15時30分から22時まで授業をしていたのだが、

体の感覚が少しおかしかった。

振り向いたとき、

ふわっとするというかなんというか。

体の向きを変えるたびに、

ふわっとしたのだ。

で、ふわっ、ふわっと何度かしている内に、

それが徐々にエスカレートしてきて、

ふらっとしてきた。

体の向きを変えるたびに、ふらっ・・・と。

倒れそうにもなったのだが、

授業中だったので気合いで踏ん張った。


これはもしかして・・・、熱?

熱があるのか?

いや、でも、今おでこをさわってみても、

特に熱いわけではない。

いつも通りの体温だ。

じゃ、これはなんだ?

空が飛べるようになる前兆か?

魔女の宅急便的な。


うーむむ、

とりあえず授業がやりにくくて仕方なかった。

今日は早く帰って寝ようと思う。

まだまだ現役バリバリなので、

一晩寝たら治るでしょう。

明日になったら空が飛べるようになってますよ~に。

あ、間違えた。

体調が良くなってますよ~に。

楽しかったみたいで嬉しい

今日から高2難関大理系クラスの冬期講習スタート。

内容は「整数論」。

この「整数論」という分野は非常に論理的で、

答えをどんどん絞り込んでいって、

最終的な答えを出すイメージだ。

理屈がゴリゴリな分野なので、

数学が嫌いな人はかなり嫌いだと思うが、

数学が好きな人はかなり好きになる。

え?私?

私はもちろん好きだ。

ノリノリで授業をしたしね♪♪


で、授業が終わった後に、

「整数論、楽しかった?」

と何人かの生徒に聞くと、

みんなニコニコしながら

「楽しかったです!」

と言ってくれた。

そう言ってくれると、かなり嬉しい。


今日は授業の最後に

京都大学の問題をみんなで解いたのだが、

何人かの生徒が完答していた。

う~ん、素晴らしい!

成長を感じるね。

さぁ、明日は大阪大学の問題からスタートだ。

冬期講習はたった6日間しかないが、

短期集中で、整数論のスペシャリストに育てちゃるぜ!!

明日から冬休み

尾北は明日から冬休み。

ということで、明日から冬期講習スタートだ。

私が1人でやっている塾なので、

冬期講習といっても、

全てのクラスをできるわけではない。

というか、午前中は学校の補習があるため、

実質的には1クラスしかできない。

高3はセンター試験直前なので、

数学ばっかりやっても効率が良くない。

だから、今回は高2理系難関大クラスに

冬期講習を行うことにした。

内容は「整数論」。

京都大学や一橋大学の実際の入試問題を約50問。

これを6日で仕上げる予定だ。

一気に入試レベルまで引き上げたい。


冬期講習と並行して、

もちろん通常授業もある。

とりあえず12月30日までは

ノンストップで塾を開けるので、

ガンガン自習室を利用してほしい。


貴重な冬休み。

勉強?部活?遊ぶ?寝る?

何を選択するかはそれぞれの自由だ。

でも、その1つ1つの選択の積み重ねが、

人生を作っていく。


野球の練習をせずにプロ野球選手になれる人はいない。

何かを手にいれるためには、

それ同等以上の努力をしないとね。

充実した冬休みになることを願っている。

123

« 2013年11月 | メインページ | アーカイブ | 2014年1月 »

このページのトップへ