HOME > 宮崎興治の日常 > アーカイブ > 2013年11月

宮崎興治の日常 2013年11月

数学検定1級

このブログを読んでいる方は知っていると思うが、

私は先月までの数か月間、

塾以外の時間をすべて捧げて本を書いていた。

その本の内容は、

数学検定1級の過去問集。


私は24歳のときから、

数学検定1級を受験し続けていた。

数学のプロとして、

自分の実力を試すためにね。

しかし、仕事が忙しくなり、

ここ3年間はぜんぜん受けることができなかった。

ただ、数か月前に本を書いていたとき、

せっかく数学検定1級の本を書いているのだから、

時間が取れればまた数学検定1級を受けたいなー、

と思っていた。

で、試験の日程を確認したら、11月2日(土)。

土曜日は生徒たちが朝から自習室に来るので、

こりゃ今回も無理だな、と思っていたのだが、

尾北の日程表を確認したところ、

なんと高1、高2、高3、全学年が模試だった!

しかも数学検定の試験会場が隣町の福山ではないか!

奇跡だ・・・。

ということで、11月2日(土)に、

車を飛ばして行ってきました。

数学検定1級の試験。


あー、懐かしいなー、この感じ。

とか思いながら、試験開始。

数学検定1級を受けたことがある人はわかると思うが、

とにかく1級1次試験は時間が全然足りない。

60分で7問を解かなければならないのだが、

その7問の計算量がものすごいのだ。

しかも合格するためには5問以上正解しないといけない。

数年前までは、

うおおぉおぉお、やべぇぇ、時間がねえぇぇぇ!!!!

って感じでバリバリ解いていたのだが、

今回は力をセーブして解いた。

というのも、試験の後に高3の授業があったので、

エネルギーを残しておきたかったのだ。

数学検定に合格はしたかったが、

それよりも高3の授業の方が私には大事だった。

で、エネルギーを節約しつつ、

カリカリと解いていたのだが、

あっという間に試験終了。

1問だけ解けなかった問題にモヤモヤしつつ、

答案用紙を提出。

で、提出と同時にダッシュで塾に戻った。

授業があったからね!


そして今日、数学検定1級の結果がポストに届いた。

ドキドキしながら封筒を開けてみると・・・、

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

無事合格!!!




よかった~~~~。

数学検定1級の本を出版するのに、

私が数学検定1級に落ちてしまってはダメだろう、

と思っていたので。

これで胸を張って本を出版することができる。

よかったよかった(^^)

類は友を呼ぶ?

今日は、ある塾経営者の方とお話しをさせて頂いた。

ブログに載せていいかどうか聞くのを忘れてしまい、

本名を出せないので、

A先生(仮名)と呼ぶことにする。


A先生とは何度かお話ししたことがあるのだが、

実に熱い先生だ。

私とは授業スタイルが違うのだが、

経営の信念が同じというか、

生徒たちに対する想いが同じだと私は感じている。

だから、話していて共感できることが多いし、

何より話していて楽しい。

私は人並み以上にバリバリ働いているつもりだが、

A先生はそれ以上にバリバリと働いているので、

本当にすごい。

まさに寝る間も惜しんで生徒たちのために働いている。

A先生に教えてもらっている生徒は幸せだなー、と思う。



宮崎塾を始める前までは、

勤めていた職場に上司や同僚や後輩がいた。

しかし、宮崎塾を開塾してからは、

私一人しか職場にいないため、

大人同士の会話がめっきり減ってしまった。

一応、宮崎塾の従業員にルンバくんが2台いるが、

ルンバくんに話しかけていたら、

私はいよいよ末期だろう・・・。

あ・・・、話しがそれてしまった。

ルンバくんのことは置いといて、

A先生のように、

同じ想いを持った方と話せることはとてもありがたい。


ちなみに、今度2人で焼肉に行くことになった!

ここ最近で一番うれしい。

仕事に没頭する時間も大切だが、

こういう時間も大切にしていきたいと思う。


私は熱い人が大好きなので、

素敵な先生に出会えて幸せだ~♪♪♪

終わったーー

明日で尾北の後期中間考査は終わりだ。

だから、試験対策は今日で終わり!!

いやー、いつも思うが、

試験期間中は体感時間が長いねー。

まぁ、実際に生徒たちと会っている時間が長いので、

体感時間が長くなるのは当たり前なんだけどね。


明日は高1の数学1のテスト。

試験範囲は「三角比」。

サイン、コサイン、タンジェント、ってやつだ。

いつものように模擬テストをやったのだが、

ほぼ満点近く点数を取る生徒もいれば、

40点くらいしか取れない生徒もいた。

本番のテストは明日なので、

今日中にどれだけやりこめるかが大事だ。

なんせ、本番のテストに出る確率の高い問題は、

すべて模擬テストに出題しているのだから。


これで後は生徒たちが試験結果を持ってくるのを待つのみ。

生徒たちの平均点が

私の今回のテストの点数みたいなものなので、

良い結果だといいなー。


さて、昨日のブログに書いた「至福のココア」についてだが、

ブログを読んだ何人かの生徒が、

「絶対飲まんーーー!!」

って言っていた。

ほぅほぅ、なるほど。

それはまだまだおいしさが足りないということですな(@_@)

ということで、

チョコレートパウダーをかなり増量しておいた。

おいしさアーーーーッップ!!!

これで飲みたくなったでしょ(笑)。

今日も高2模擬テスト + 至福のココア

今日、高2の数学の一つ目のテストが学校で行われた。

自習室に来ている高2の生徒に話しを聞いてみると、

まぁ、大体模擬テストと同じだった、と。

ただ、残念ながら、

数学3の問題で1問だけ見たことがない問題が出たらしい。

その問題の内容を詳しく聞いてみたが、

一般的にあまり出題されないタイプの問題だったので少し驚いた。

あー、その問題が出たかー、と。

うーむぅ。


一方で、なんと模擬テストとまったく同じ問題が出たらしい。

数字も何もかもまったく同じ!

もちろん答えも同じ!

いやー、偶然ってスゲーなー。


とりあえず、あまり数学が得意でない生徒が、

「今日の数学はすごくできました!!」

と目を輝かせて言っていたことが、とても嬉しかった♪♪

初めてあなたの口からそんな言葉を聞いたよ~(ToT)


さて、明日も高2は数学のテストがあるので、

今日もひたすら模擬テスト。

眠い目をしながらも一生懸命に問題を解いている姿を見ると、

私が代わりにテストを受けてあげたくなる。

でも、それはムリだから、

私は応援することしかできない。

どうか、みんなが納得のいく点数を取れますように。


話しは変わるが、

生徒たちが自習室にいる時間が長いためか、

給湯室の飲み物がすごい勢いで減っている。

特に、現在一番人気の「至福のココア」

確か5個ほど在庫があったはずだが、

今日すべてなくなってしまった・・・。

はやっっ!!

他の飲み物はまだたくさんの在庫があるので、

ちょっといたずらをしてみた。

・・・くっくっく。


え?

何をしたか気になる?

それはねー、至福のココアの袋に、

別のミルクココアの粉を入れたのだ!!

いやー、悪いねー。

悪い男だねー。

ただ、そのままじゃ面白くないので、

ちょっとだけ工夫をした。

至福のココアの成分をみるとチョコレートが入っていたので、

ミルクココアの粉の中に、

チョコレートパウダーを混ぜてみたのだ!!

これでもう、

ミルクココアは至福のココアになったも同然だ。

誰も気づくまい。

はっはっはー!

今日は高2の模擬テスト

今日、高1の数学Aのテストが学校で行われた。

午後から生徒たちがワラワラとやってきたので、

高1の生徒何人かに話しを聞いた。



「今日の数学のテスト、どうじゃった!?」

生徒
「できましたよ~~。」


「おぉ、それは良かった!!
 で、模擬テストから全部出た?」

生徒
「はい、ほぼ模擬テストから出ました。」


「よし!!
 で、今までに見たことない問題が出てた?」

生徒
「それはなかったです。」


「お~~~~、じゃ、他の生徒も大丈夫じゃね。」

生徒
「はい、多分。」


ということで、

とりあえず高1の数学Aの模擬テストは、

学校のテストから大きくはずれてはいなかったみたい。

数学Aのテストについては一安心だ。


さて、明日は高2の数学のテストがある。

理系は数学2の積分、数学3の関数・極限、

文系は数学2の積分、数学1Aの復習

という内容。

できる限り、

出そうな問題を中心に模擬テストを作ってみたけど、

果たしてどれくらい当たるか。

あと、模擬テストをやってみてわかったと思うけど、

積分は計算ミスに要注意だ。

とにかく見直しあるのみ。

できるだけ早く問題を解いて、見直し見直し!

テニスと同じで、

ミスをしなかった人が勝つ。

わからない問題を捨ててでも、

見直しを重視しようね。


みんなが満足のいく点数を取れますように。

高1模擬テスト

明日から尾北は試験開始。

そして、第一日目に高1の数学Aがある。

数学Aのテスト範囲は

確率、平面図形、論理、

という3つの分野があるにも関わらず、

試験時間は50分というテストらしい。

ということは、広く薄く、ということが予想できる。

つまり、簡単な問題が大半を占めている。


だから、今日おこなった高1の模擬テストには、

難しい問題は入れていない。

・・・と、思った?

そんなことがあるわけない。

難しい問題もけっこう入れている。

しかも、学校の試験時間が50分なのに、

模擬テストは110分!!

プリントの枚数にして8枚!!!


「獅子は小虫を食わんとてもまず勢いをなす」

ということわざがある。

(意味)
獅子は、小さな虫のようなものにさえ油断せずに、
全力を尽くして立ち向かう


まさに今回の模擬テストのことだ。

簡単な問題ばかりで模擬テストを作り、

80点を狙うこともできるが、

そんなんじゃダメだ。

簡単な問題を取るのは当たり前として、

1問、2問くらい出題されるであろう難しい問題も取り、

100点を目指す!

どうせやるなら、目指せ100点だ。


今回の模擬テストを完璧にできれば、

90点以上は確実に取れるはずだ。

(計算ミスとかをしなければね)

数学のプロである私には、

出る問題が大体わかるので。


テスト問題を予想して、

生徒たちに模擬テストという形で提供するまでが私の仕事。

その模擬テストを活かし、

自分の知識にして点数を取るのは生徒たちの仕事だ。

明日の高1数学Aのテスト、

それぞれの生徒が納得のいく点数を取ることを願っている。

がんばれ、みんな!!!!

最近の飲み物ランキング

給湯室に4リットル入りのポットを2つ置いているのだが、

今日はなんと12リットルものお湯を消費した。

みんな、すげー飲んでる・・・。

まぁ、朝10時から夜10時まで

ずっと勉強している生徒が何人もいるし、

入れ替わり生徒たちが自習室を使っているので、

12リットルのお湯を消費しても不思議ではないが。

しかし、、、12リットルって、500mlのペットボトル24本。

たった1日でペットボトル24本!!

よく飲んだなぁ。


さて、新しい飲み物を追加したので、

よく飲まれている飲み物ランキングが変動した。

これまではぶっちぎりで抹茶ミルクだったのに、

なんとトップが入れ替わった!


では、発表します。

現在の飲み物ランキング!!!


第1位 至福のミルクココア

第2位 抹茶ミルク

第3位 ロイヤルミルクティ

第4位 梅こぶ茶

第5位 キャラメルミルクティ


至福のミルクココア、強し!!!

ちなみに、「しょうがココア」は圏外。

毎日ほとんど減らない。

というか、飲まれているのか??


あ、でも、何人かの生徒がしょうがココアを飲んだみたいで、

感想を聞いてみると、

「はじめはココアで後味がしょうがです」

とか

「冷めると苦い」

とか

「苦い」

という感想。

ちなみに、私はまだ飲んでいない。


もうちょっと至福のミルクココアを買っておけば良かったなー、

と思う今日この頃(@_@)

試験範囲が広~~い

今回の後期中間テストは、

試験範囲がべらぼうに広い。

生徒たちに聞くと、

試験範囲が広いのは数学だけでなく、

他の教科も試験範囲が広いとのこと。


数学の試験範囲が広いということは、

生徒たちが大変なのはもちろんのこと、

私が毎回作っている模擬テストも大変になる。

この3日間をかけて高1の模擬テストを1つ作ったのだが、

試験範囲が「確率」「平面図形」「論理」と3分野もあったため、

模擬テストがなんと8枚にもなってしまった。

さすがに頭からケムリが出そうになった。

プスプスプスプス・・・。

まぁ、その8枚を解く生徒も大変だけどね(^^;)


高3の試験については、

講座によって試験範囲がバラバラなので、

模擬テストは作らない。

だから、あと高1の模擬テストを1つ、

高2の模擬テストを2つ作れば終わりだ。

高1の模擬テストを1つ作るだけで3日間かかったのに、

果たしてあと3つも作れるのか!?

いや・・・、作れるか作れないかじゃない、

作るしかないのだ。

だって、、、もう試験は目の前だからね!!!

私も一生懸命がんばるので、

みんなもがんばろうね。


今日は朝10時前から

10人近くも生徒たちが自習室に来ていて感動した。

よく頑張っているな~、と。

明日も朝10時から夜10時まで自習室を開けるので、

バリバリ勉強しよう!!!

模試の結果より合格通知

高3は毎週のように模試を受けており、

その結果が返ってきている。

模試の判定が良くても悪くても、

それは模試の結果でしかない。

A判定を何度取ろうと、

E判定を何度取ろうと、

最後に合格になれば同じ合格だ。

だから、模試の結果に一喜一憂するのではなく、

自分のどこが弱点で、

どこを克服すれば合格点に届くのか、

そのことを考える方がよい。


ただ・・・、気持ちはよくわかる。

痛いほどよくわかる。

私も通ってきた道だから。

毎日毎日勉強ばっかりしていて、

勉強だけに人生の全エネルギーをつぎ込んでいる。

それが受験だ。

一生懸命がんばっているからこそ、

判定が良ければ嬉しいし、

判定が悪ければ落ちこむ。

頭ではわかっていても、心はどうしようもない。

人間だからね。

でも、判定は判定として受けとめて、

どうすれば合格できるのかをできるだけ考えよう。

その意識があるだけで全然違うから。


今、苦しいと思う。

今、辛いと思う。

私の前で泣き出す生徒もいる。

でもね。

苦しいのも、辛いのも、涙が出るのも、

一生懸命がんばっているからなんだよ。

がんばっていなければ、苦しくなんてないのだから。


センター試験まであと約2か月。

センター試験から国公立前期試験まで約1か月。

あとたった3か月で受験は終わりだ。

やるだけやってみよう。

結果は出てみないとわからないのだから。


最後に、ハーバード大学の図書館に張ってある

20か条の言葉から、

第10条を書いて今日のブログを終わろうと思う。


~ハーバード大学図書館より~

人より早く起き、
人より努力して、
初めて成功の味を真に噛みしめる事ができる

気になったので買ってみた

私は日々、色々な本を読んでいる。

といっても、本のジャンルはほぼ固定されている。

経営、マーケティング、精神論、心理、幸福論、など。

私が読む本の中には、

もちろん「受験」というジャンルもあり、

最近読んだ受験本の一番後ろのページに、

おすすめの本が何冊か書いてあった。

で、ちょっと気になったので、

すぐにアマゾンで注文し、

それが今日到着した。


まず一冊目。

大学選びのための職業・進路案内↓↓↓



この本には533もの職業が書かれていて、

それぞれの職業について、

どんな仕事なのか、どんな進路を行けばいいのか、

などが書かれている。

向いている資質とか、その職業の役割なんかも書いてある。

533も職業があるので、

俳優、着付け師、指揮者、ボディービルダーなど、

バラエティに富んだ職業が書かれている。


次に2冊目。

2014年版大学ランキング↓↓↓



この本には様々な大学のランキングがされており、

推薦入試の合格率、入試倍率はもちろんのこと、

高校からの評価ランキング、

学生生活ランキング、

資格採用試験ランキング、

社長の出身ランキング、

など、いろいろなランキングが書かれている。


この2冊の本が気になったのは、

もちろん生徒たちのため。

学校にしか行っていない生徒が、

実社会を想像するのは難しいと思う。

だから、その手助けに少しでもなればと思い、

すぐに買ったのだ。


本棚にそっと置いておくので、

興味がある人は、勉強の息抜きがてら、

読んでみるといいよ。

123

« 2013年10月 | メインページ | アーカイブ | 2013年12月 »

このページのトップへ