HOME > 宮崎興治の日常 > アーカイブ > 2013年3月

宮崎興治の日常 2013年3月

ちょうど1年

宮崎塾の前に、桜の木が1本ある。

ちょうど塾の窓から見えるのだ。

忙しくて今まで気がつかなかったが、

いつの間にかキレイに咲いていた。





そして今日、宮崎塾を作ってからちょうど1年が経った。

去年の今頃も桜が咲いていたことを覚えている。

あのときは生徒が誰もおらず、

自習室の席は12席だけしかなかった。

生徒がいないのに席がたくさんあっても仕方なかったからね。

生徒が来るかどうか不安な中、

とにかく来てくれた生徒を全力で大切にしようと心に決めていた。

それがたった1人の生徒であっても、

その1人の生徒のために全力を尽くそう、と。

目の前の生徒を大切にして大切にして、

今日まで全力で突っ走ってきた。


気付けばあれから1年。

早かったような、遅かったような。

今、たくさんの生徒たちに囲まれて、

私は本当に幸せだ。

この前卒業した生徒からのメールに、

「宮崎塾の1期生なんだって、誇りに思う」

と書いてあった。

今来てくれている生徒からも、

「宮崎塾に来て本当によかった」

と言ってもらえている。

もし「全国幸せ選手権」という大会があったら、

私はかなり上位に位置すると思う。

1億2000万人中、1000位以内にはおそらく入っている。


開塾当初に心に決めたこと、

「来てくれた生徒を全力で大切する」。

何年経っても、このことを貫いていこうと思う。

今日も2人来てくれた

学校の先生をしていたときの生徒が2人来てくれた。

私が数学の授業担当だった生徒たちで、

今年度受験を終えたばかりの学年だ。


当時教えていた生徒たちの進路については何もわからなかったため、

誰がどんな進路を取ったのかがずっと気になっていた。

だから、今日来てくれた2人にわかる範囲で教えてもらった。

当時教えていた生徒たちのそれぞれの進路を聞いて、

みんな1年間よく勉強したんだな、と思った。

本当に立派だ。


進路以外にも、

修学旅行、文化祭、卒業式のときの話しなど、

話しをしていてすごく懐かしかった。

学校の先生のときも楽しかったなー、と。

お世話になった先生方に会いたくなってしまった。


わざわざ尾道まで来てくれただけでも嬉しいのに、

さらに私にプレゼントまでくれた。

学校の生徒たちのアルバム(?)とタオル。

タオルはトイレにかけたりしてよく使うので助かる。

しかも、私は買わないであろうタオルだったので、

塾の生徒たちの癒しになると思う。


タオル↓↓



今日は来てくれて本当にありがとう。

疲れると計算ミスが・・・

新高1春期講習5日目が終わった。

春期講習は午前と午後にやっており、

夕方からはいつものように通常授業をやっている。


というわけで、朝から晩までずっと授業をしている。

そして夜22時過ぎから次の日の予習スタート。

こんなスケジュールを5日間連続でやっていたので、

さすがに疲労がたまってきた。


今日は朝起きた瞬間に、自分の疲労感がわかった。

『疲れが取れてないなー』と思いながらも、

朝9時30分に塾を開け、

いつものように朝10時30分からテンションを上げて授業開始。

授業内容が計算中心だったのだが、

なんと計算ミスを2回もしてしまった・・・。

さらに問題を写し間違えて解いてしまった・・・。

申し訳ない。

普段はあまりしないミスだったので、

疲れているとダメだなぁ、と思った。

きちんと寝ないといかんですね。


日曜日は授業が入っていないので、

1週間分まとめて予習をしておこう!

そうすれば寝れる!!



ゴミ箱に空き瓶の山ができましたとさ(^_^;)


宮崎塾の前の教え子

私は宮崎塾を開く前、

私立進学校の教員をしていた。

そして今日、突然その時の卒業生が来てくれた。


新高1の春期講習の最中に、

ひょっこりドアの窓から顔をのぞかせてきた。

約1年ぶりに見る顔だったので、

あまりにも驚きすぎて、

「おおぉっっ!!!!」

と大きな声が出てしまった。

授業中にも関わらず・・・。

新高1の生徒たちが「???」という顔で私を見ていた。

ごめんよ。


とりあえず授業中だったので授業が終わるまで待ってもらい、

授業後にいろいろと話した。

あまり時間がなかったので少ししか話せなかったのだが、

「大学生活がすごく楽しい!」と言っていたので良かった。


こうして私に会いに来てくれるのはとても嬉しい。

成長した姿を見ると、実に感慨深いものがある。


これからもたくさんの卒業生が会いに来てくれるように、

人間としての魅力を磨いていこうと思う。


今日はわざわざ来てくれて、本当にありがとう。

またいつでも来てください^^

初、リピート アフター ミー

勉強は五感を使ってやることが望ましい。

視覚・聴覚・嗅(きゅう)覚・味覚・触覚の5つだ。

この五感を使えば使うほど、記憶に残りやすくなる。

だから私の授業では、

五感を働かせるために、

重要事項はみんなで繰り返し発声をしている。

高3や高2は度々発声をしているので生徒側も慣れているのだが、

今日、初めて新高1の授業でこの発声をやってみた。



「次数の低い文字に着目して因数分解、
 これは大事なことじゃけー、みんなで言いましょう!
 はい、リピートアフターミー!」

(?顔の生徒たち)


「言うことで記憶に残るから、
 大事なことは何度も言いましょう!
 はい、リピートアフターミー!」

(照れながらも何かを決意した表情の生徒たち)



「次数の低い文字に着目して因数分解!!!はいっっ!!!」

生徒全員
「次数の低い文字に着目して因数分解!!!」


「次数の低い文字に着目して因数分解!!!はいっっ!!!」

生徒全員
「次数の低い文字に着目して因数分解!!!」


「次数の低い文字に着目して因数分解!!!はいっっ!!!」

生徒全員
「次数の低い文字に着目して因数分解!!!」


・・・とまぁ、こんな感じ。

道行く人が聞いたら、何かの宗教だ。

あっはっは。


発声をすると記憶に残りやすくなる、というメリットの他に、

眠気がなくなる、という効果もある。

さらに授業にリズムが出る。

これをやらない手はない。


新高1のみんな、

数学で発声って、楽しいでしょ(笑)。

オーストラリアのおみやげ

語学研修でオーストラリアに行っていた生徒が、おみやげをくれた。

マカダミアというクッキー(?)とチョコとカンガルージャーキー(←初めて見た)





カンガルージャーキー・・・、

やはりカンガルーの肉が使われているのだろうか・・・。

とりあえず今日の晩ごはんにしようと思う。

今日の晩ごはんはなんと、

トウフとカンガルージャーキー!!!

やべー、超国際的。


そして明日の朝ごはんはなんと、

マカダミア!!!

やべー、もはやオーストラリア人になってしまうかも。

楽しみにいただこうと思う。


このおみやげ以外にも、

「みんなにあげてください」と言って、

ダンボール箱でオーストラリアのクッキーやチョコを大量にくれた。

授業後に生徒たちに配ったのだが、

すぐにそのクッキーを食べた生徒いわく、

「バターの味がする」

だそうだ。


おみやげ、ありがとうございました^^

ダントツ先取り春期講習スタート!!

今日から新高1の春期講習がスタートした。

尾北の教科書、問題集を使って、

尾北に入学してから習うことを先取りする講習だ。


最初の方は中学数学の復習のようなものなので、

初日にも関わらず、ガンガン進んだ。

この前まで中学生だったにも関わらず、

スピードの速い授業に生徒たちは食らいついてくれた。

実に頼もしい。

この調子で春期講習をやっていけば、

尾北の入学式までにかなりの知識を持つことになる。

ふっふっふ、いい感じだ。


授業後、生徒たちに感想を聞いてみると、


・こんなに書くとは思わなかった

・授業がサクサク進んで良かった

・復習をしっかりやります

・わかりやすかった


などなど、色々な感想があった。


さて、授業前に新高1の生徒たちから聞いたのだが、

入学式までの宿題に「データの分析」が出たらしい。

「データの分析」という30ページほどある書き込み式の冊子を、

教科書や参考書を見ながら自分でやってこい、という宿題。

最初の方は簡単なのでいいのだが、

分散とか標準偏差とか、後半は自力ではなかなか難しい。

意味を理解していないと応用できないから。

だから急きょ春期講習で「データの分析」の授業をすることにした。

今やっている単元が一段落したら、

「データの分析」という単元の授業をする。


こんなことができるのは尾北専門だからだ。

生徒たちが効率良く勉強できるので、

尾北専門という経営方針にしてよかった。


明日も朝から晩まで授業授業。

新しい出会いに感謝して、

これから明日の予習をしようと思う。

新高1のみんな、最初からぶっちぎろうぜ!!!

自習室をより快適に!

宮崎塾の自習室にはパソコンが置いてあり、

そこで授業の録画を見ることができる。

これまでは自習室の机の上にデスクトップ型のパソコンを置いていた。

だから録画を見ないときにその机を使うには、狭くてきゅうくつだった。

『そこを何とか改善したい』と常々思っていたのだが、

ようやく改善することができた。


机の上にちょっとした台を置き、

その台の下にノートパソコンを収納しておく。

録画を見ないときは広々と勉強することができる。

録画を見るときはノートパソコンを取り出せばよい。


うん、文章で伝えようと思ったけど、よくわからないね。

写真を撮りました。



録画を見ないとき↓↓↓↓



録画を見るとき↓↓↓↓



これで生徒たちはもっと快適に自習室で勉強することができる。

ノートパソコンを何台も買ったのでかなりのお金が吹き飛んだけど、

生徒たちが快適に勉強できるのでオールオッケーだ。

どんどん自習室を使ってほしい。

テンションが上がる

今日の新高3難関大クラスの授業で、

「区分求積法」という公式を導いた。

この「区分求積法」という公式は、

x軸と曲線で囲まれた面積をn等分して長方形を作り、

その面積和を求めてnを無限大に吹き飛ばすと、

元のx軸と曲線で囲まれた面積と等しくなる、

という内容だ。

(↑↑↑ 読者を無視して内容を書いてみました)


この「区分求積法」、数学好きにはヨダレが出るほど楽しい一品だ。

ちなみに、私が高校数学の中で一番好きな公式がこの「区分求積法」。

毎年のことなのだが、

「区分求積法」を教えるときは、

楽しすぎてテンションが上がってしまう。

今日の授業でもテンションが上がってしまって、

私一人が「すごいじゃろ~!」「楽しいじゃろ~!」

って言いながら授業をしていた。

何人かの生徒は、

私の「すごいじゃろ~!」に反応して、

愛想笑いをしながらうなづいてくれたのだが、

まぁ、基本的に私一人がはしゃいでいた(笑)。


「区分求積法」は数学Ⅲの教科書の最後の方にあるため、

もう数学Ⅲが終わってしまう・・・、という寂しさが出てくる。

高校数学の中で一番楽しいのが、この数学Ⅲなのに!

残り数回の授業でもう数学Ⅲは終わりだ。

あと少しだが、楽しく数学Ⅲの授業をやりきろうと思う。

ありがとう!数学Ⅲ!!!

あなた達と出逢えて幸せでした

卒業生と色々な話しをするのだが、

他塾では卒業パーティーなるものをやっているらしい。

みんなでご飯を食べに行ったり、遊んだり。

もちろん私も卒業生たちと一緒に何かしたかったのだが、

大学合格がまだ決まっていない生徒が何人かいたので、

その生徒たちのことを考えると何もすることができなかった。

だから少し寂しいけど、今年は何もせずに終わるつもりだった。



今朝、3人ほど卒業生が塾に来てくれた。

嬉しくて色々と話しをしていたのだが、

私は別の生徒と面談があったので、

話しを中断して面談をしていた。

その面談が終わり、昼前になった。

卒業生の内の1人が、

「先生~、ちょっと来てもらっていいですか?」

と言ってきたので、私はその卒業生と一緒に塾の1階へ降りた。



びっっっっっっくり!!!!!!!



なんと、1階でたくさんの卒業生が私を待ってくれていたのだ!!

ほぼ全員集合して!!

本当にすごく驚いた!!

・・・そして、・・・すごく嬉しかった。


卒業生たちに話しを聞くと、

学校の卒業式の日にみんなで打ち合わせをしたらしい。

宮崎塾のみんなで宮崎先生に会いに行こうって。

私にだけ内緒で。



とりあえずみんなで授業教室へ移動した。

自習室にいた後輩の生徒に頼んで、

みんなで写真を撮った。

初めての集合写真。

みんな笑顔だった。


写真を撮り終えた後、

卒業生たちは全員席に座った。

まるでこれから授業を受けるかのように。

突然だったので何も準備をしていなかったのだが、

私はいつものようにみんなの前に立ち、

自分の想っていることをそのまま話し始めた。


なんで私が宮崎塾を作ろうと思ったのか、

宮崎塾を作るのにどれだけ不安だったか、

そんな不安の中、あなた達が宮崎塾に来てくれてどれだけ嬉しかったか、

あなた達がどれだけ大切で大切で大切な存在か、

私が今どれだけ幸せか、

そして、あなた達が幸せな人生を歩むのに必要なことは何か。


話しながら涙が出た。

1人1人の生徒の顔を見ていると、

言葉にならなかった。

ありがとう。

ありがとう。


あなた達と出逢えて、

あなた達と一緒に勉強できて、

あなた達と一緒に笑い合えて、

私は本当に本当に幸せでした。

みんなからもらった色紙は私の一生の宝物です。

本当にありがとう。

あなた達が幸せな人生を歩めるよう、ずっとずっと祈っています。

1234

« 2013年2月 | メインページ | アーカイブ | 2013年4月 »

このページのトップへ