HOME > 宮崎興治の日常

宮崎興治の日常

試験勉強開始!!


ついに前期期末考査の1週間前!

ということで、

ガッツリ試験対策開始だ!




試験対策中↓↓↓





今週は3連休があるとはいえ、

先週まで生徒たちは体育祭に向けて

一生懸命だったため、

早めに頭を勉強へシフトしなければならない。


ということで、

勉強量を確保するために、

3連休も毎日対策をやっていきましょう!

もちろん、

3連休の自習室はいつも通り

朝8時から夜21時50分まで開けるので、

どんどん利用してほしい。


さて、

いつもブログは宮崎が書いているのだけど、

今回は阪田先生に登場してもらいましょう!


拍手~~~~!!




(ここからは阪田先生が書きます)

英語に関しては、

1学期まではまずコミュ英の長文対策を

日々の音読を通して鍛えていくことに

重点を置いていました。


みんな毎日英語トレーニングをがんばってきたので、

Loqlogでの徹底的な反復演習や音読を繰り返すことで、

少しずつ

「解ける!」

という感覚が体感できたかと思います。


徐々に余裕ができてくると思うので、

今度はワークや構文、文法まで

しっかりと手をつけていき、

盲点のない学習へとつなげていきましょう!


日々の継続的な学習は決して自分を裏切りません。

これまでしっかりがんばってきた人も、

体育祭などのイベントや

部活でなかなか手が回らなかったという人も、

定期テストをまずは目標への一里塚として、

継続的な努力を身に付けていきましょう!


ひとまずあと2週間、

一緒にがんばっていこうね。



(ここからは宮崎に戻ります)


阪田先生、

素敵な文章をありがとう(^^)


阪田先生が書いている通り、

毎日の音読を通して、

確実に英語力はアップしている。


ある高2の生徒と

模試の結果について話していたとき、

英語の偏差値が爆上がりしていた。

理由を尋ねると、

「毎日の音読の効果です!」

と胸を張って答えていた。


筋トレと同じで、

日々の積み上げが

すごい効果を生んでいるのだと思う。

(宮崎に筋肉は少ししかありませんが)


さて、

今回の試験も

みんなでバリバリがんばっていきましょう!!


その努力する過程こそが、

あなたの人生の糧になるからね(^^)



今年も北高の体育祭へ行ってきた!


今日は北高の体育祭。

ということで、

阪田先生と応援合戦を見てきた!


北高の体育祭の目玉は

学年別対抗の

「応援合戦」

だ!


1年、2年、3年とすべて見たけど、

今年も本当に素晴らしかった!!


私は一生懸命がんばっている人が大好きだ。

応援合戦は、

まさにがんばりの結晶のようなものなので、

本当に感動した。


写真を撮ったので、

雰囲気を感じてもらえればと思う。

(顔が見えないように画像処理しています)


1年生↓↓↓




2年生↓↓↓





3年生↓↓↓




私は北高出身で、

当時は応援リーダーをしていた経験があるので、

どんな風に練習をしてきて、

どんな風に本番を迎えるか

よく知っている。


それに、

日々、

宮崎塾で生徒たちと話す中で、

どんなに生徒たちが

練習をしていたかを聞いている。

「今日は朝7時30分から朝練でした!」

「演舞を覚えるまで居残りでした!」

「炎天下の中、放課後ずっと踊っていました!」

などなど。


だから、

この体育祭本番に向けて

どれだけ練習してきたか

よくわかるのだ。


どの学年も、

本当に素晴らしいものだった。


北高の最も良いところは、

一生懸命がんばることを

みんなが肯定しているところだ。

よく中学生とか

「がんばることはかっこ悪い」

みたいな空気感を出すけど、

がんばることは絶対にかっこいい。


北高はみんながみんながんばっているので、

がんばることが当たり前になっているのだ。

これは本当によい文化だと思う。

だって、

がんばることがかっこいいと思って学生時代を過ごせば、

そのままがんばることがかっこいいと思って

社会に出ていけるから。


卒業生と話すと

「他の高校って、北高ほどがんばっていないんですね」

ということをよく耳にする。

大学に入って初めて

北高がどれだけがんばることに対して一生懸命かに

気づくのだ。


そして、

がんばることに前向きな姿勢で高校時代を過ごせたら、

社会に出ても、

がんばることに前向きな姿勢で努力できると思うのだ。


私は大人になって気づいたのだけど、

人間というのは、

がんばっている人を応援したくなる

習性がある。


高校野球にあんなに人気があるのは、

高校球児たちが

全力でがんばっているからだ。


だから、

社会に出たときに

がんばれる人だったら、

応援してくれる人が増えるから、

幸せになれる可能性が上がると思うのだ。


応援合戦は本当に大変だったと思う。

でも、

大変だった分、

がんばる経験をしたんだと思う。



今日は疲れただろうから、

授業はなし!

と、いいたいところだけど、

授業はやる!

だって、

がんばることに意味があるからね。

ただ、

一生懸命体育祭をがんばったので、

みんなにあるものを買ってきた!

それがこちら!











大量のアイーーーーース↓↓↓





これを食べて、

みんなで授業をがんばろう!!!

応援合戦も、

体育祭後の塾での授業も、

その1つ1つが

将来に役立つ経験になるからね。


ということで、

今日も一緒にがんばりましょう( ̄▽ ̄)



卒業生たちからの報告


数週間前から大学が夏休みに入り、

連日、

たくさんの卒業生が宮崎塾に来てくれる。

卒業してもこうして話しに来てくれて、

本当にありがたい。


何十人と話したのだけど、

ぜんぶのエピソードを書いていたら

本1冊分になってしまうので、

特徴的な3人のエピソードを書こうと思う。


1人目の卒業生は、

タイやラオスやカンボジアに

ボランティアや旅行で何度も

海外に行っているらしい。

海外といっても、

人によって

アジア、ヨーロッパ、アメリカなど

それぞれの好みがあるようで、

この卒業生は

アジアが気に入っているみたい。

で、

この卒業生、

先日

タイで

ある国際免許を取ってきたとのこと。


その国際免許っていうのが、

なんとなんと!



『ゾウ使い』



国際免許だから、

就職活動のときに

履歴書に書けるらしい(笑)。

もし私が面接官で

履歴書に「ゾウ使い」って書いてあったら

すぐに採用してしまいそうだ。


素晴らしい免許取得、

本当に

おめでゾウ!!
(↑まぁまぁ面白くね?)



2人目の卒業生。

就職活動のときに

第一希望の会社の面接官から

「あなたに一番影響を与えた人は誰ですか?」

と聞かれた、と。

それで、

本当にありがたいことに

「高校のときの塾の先生」

と答えてくれた、とのこと。

色々と私との

エピソードを話したみたいで、

他にもいくつかの質問に答えて

その日の面接は終わったみたい。

その数日後、

なんと第一希望の会社から内定をもらった、

とのこと!

おめでとう!!


そして、

数日後の懇親会のときに

面接官の方から

「実は、あなたの高校のときの塾のホームページを見たんだよ」

と言われたらしい!

も、もしかして、

それで内定が出たのか(笑)?

ちゃんとホームページを作っててよかった!

内定、本当におめでとう(^^)



ラスト、3人目の卒業生。

先日、

この卒業生から連絡があって

次のように聞かれた。

「今度、

 大学の授業で

 最も尊敬する人を

 英語でプレゼンしないといけないんですけど、

 宮崎先生のことを紹介していいですか?」

と。


・・・そんなん、

もちろんオッケーだ!


ということで、

私のことを

大学でプレゼンしてくれたらしい。

で、

プレゼンを聞いた

大学の教授のコメントが

「オーラがある先生だね!」

と言ってくれたとのこと!

ありがたやー。

ちゃんとオーラを出しててよかった!


とても嬉しかったので、

そのときのプレゼン資料を

ブログに載せていいか聞いてみた。

すると、

名前を出さなければOKということだったので、

名前のところだけ消して載せようと思う。

ただ、

ぜんぶ英語で書いてあるので、

がんばって読ましょう(笑)。


↓↓↓プレゼン資料
尊敬する人.pdf


みんな、

素敵なエピソードをありがとう!





これからも尾道の空の下から

応援しています。

またいつでも帰っておいでね(^^)



【連絡】8月15日(木)の自習室について


台風が来ていますが、

塾に教材を置いている人が

いると思いますので、

いつも通り自習室を開けます。


ただし、

安全が確保できない人は

自宅でお願いします。


くれぐれも

安全第一でお願いします。


【連絡】台風のため8月15日(木)の授業は14日(水)になります


台風接近のため、

8月15日(木)の授業はなしとします。


振替として、

14日(水)に高2数学の授業を行います。

数学Bの教科書を持ってきてください。


授業の最初にやる

いつもの小テストはやりません。


以下、8月14日(水)の日程です。

7:00~9:20 高2数学

9:30~11:00 高2英語

11:10~13:30 高1数学


来れない人は録画で大丈夫です。



音読はありません。


自習室はいつも通り開けるので、

自習室を使う人は

安全第一でお願いします。


私も日々勉強

 
いつも言っていることだけど、

私は数学を教えたくて

塾を作ったのではない。

生徒たちに幸せになってほしくて

塾を作った。


私が塾を作ろうと思った

最初のきっかけは、

株式会社アビリティトレーニング代表の

木下晴弘先生が書かれた本だった。


いつか木下先生と

お会いしたいと思っていたのだけど、

本当にありがたいことに、

去年お会いすることができた。

それから何度かお会いさせていただき、

授業や経営など

さまざまな相談をさせていただいた。

本当にありがとうございます。



さらに、

私にはもう一人会ってお話したい人がいる。

それが、

聡明舎という塾を創設し、

「手紙屋」や「上京物語」

など、多くの本を出版されている

喜多川泰先生だ。


喜多川先生の塾は

「勉強という道具を使って人間性を磨く」

という理念で、

私が考えている塾の形にとても近いのだ。


そう思っていたとき、

喜多川先生が

教師塾という実践講座を

神戸で開催するということで、

昨日、弾丸で参加してきた。


教師塾↓↓↓




全国から様々な方が参加されていて、

最初に自己紹介があった。

そこで私は

「生徒たちをもっと幸せにしたくて参加しました!」

と本心を伝えた。


詳しい内容が書けないのが残念だけど、

喜多川先生に約3時間教えてもらい、

「勉強を通して人間性を磨く」

という実践的なことを学び、

かなり衝撃を受けた。


私の授業ではこれまで、

数学だけを教えるのではなく、

人間性の大切さについても

一生懸命伝えてきたのだけど、

もっと伝えていった方がいいのだと

率直に思った。


だって、

勉強だけができても、

幸せな人生を送ることはできないから。


「めっちゃ勉強できるけど、

 めっちゃ仕事できるけど、

 性格が最悪だよね」

って周りの人たちに言われたら

それって幸せじゃないよね。



保護者の方も

生徒たちも

私たち先生も、

目に見える点数や偏差値など

短期的な結果を求めすぎてしまう。


もちろん

その結果も大切なのだけど、

保護者の方が願っている心の奥は、

『子供が幸せな人生を歩むこと』

だと思うのだ。

そのための点数であり、

偏差値であり、

大学合格だと思うわけ。


勉強会が終わった後

懇親会があったのだけど、

喜多川先生の隣に座って

いろいろと質問をさせてもらった。

「授業の進度はどう確保すればいいか」

「もっと生徒たちに伝わる話し方は」

「生徒たちに接する在り方は」

などなど。

どの質問にも丁寧に答えていただき、

心から納得できた。


日帰りの弾丸勉強会だったのだけど、

本当に良い学びになった。


生徒たちをもっと幸せにできるように、

私自身が

もっともっと勉強していこうと思う。




一緒に写真を撮ってもらい、

ブログに載せて大丈夫と

許可をいただきました♪



喜多川泰先生と↓↓↓





喜多川先生、

本当にありがとうございました!!


夏期講習中!


現在、

絶賛夏期講習中だ。


阪田先生が来てくれてから、

宮崎塾では5教科ができるようになった。

事前に生徒たちに

どの教科のどの分野に困っているか

アンケートを取り、

多くの生徒たちが困っている部分に対して

講習を行っている。


今回は、

・高1現代文
・高1古典
・高2現代文
・高2古典
・高2化学
・高3現代文
・高3古典
・高3化学
・英検準2級対策
・英検2級対策

を開講している。


どの講習を受講するかは任意なので、

それぞれの生徒が

自由に講習を取っている。



夏期講習↓↓↓




また、

自習室は毎日開けているので、

みんな一生懸命勉強をしている。


自習室の様子↓↓↓




みんな毎日よくがんばっていて、

本当に素晴らしい(^^)


講習は阪田先生がやってくれているので、

私は

トイレ掃除をしたり、

消臭スプレーやティッシュなどの備品の補充をしたり、

プリンターのメンテナンスをしたり、

生徒たちの質問に答えたり、

お菓子を配ったりしている。


阪田先生、本当にありがとうm(_ _)m


あと、

来年度から

センター試験に変わって

共通テストが始まるので、

現時点で世の中のに出ている

問題集を解いたりなど。


例えばコレ↓↓↓



解く宮崎(略して「解く崎」)↓↓↓





お盆期間も休むことなく塾を開けるので

どんどん利用してほしい!

ちなみに、

お盆期間中も

がっつり数学や英語の通常授業があるので、

しっかり勉強していきましょう!


みんなで暑い夏を

乗り切っていくぞー!

をーーーーー(゚Д゚)ノ



経験こそが大事


先日、ある卒業生が塾に来てくれた。

何年も前に卒業した生徒で、

もう社会人として働いている。


この卒業生の子(Aさんとしよう)は、

高3の1年間で急激に偏差値が伸びて、

第一志望大学に合格した。

宮崎塾の歴代の生徒たちの中でも、

トップ3に入る偏差値の伸びだった生徒だ。


急激に偏差値が伸びた

という結果からわかる通り、

1年間、

とにかく塾の自習室にかじりついて

毎日塾が閉まる最後の最後まで

猛烈に勉強していた。


大げさではなく、

Aさんは

宮崎塾で人生を変えた。


宮崎塾の環境や、

私の授業が貢献できたことも

少しはあったかもしれないけど、

95%以上はAさんの努力だ。




『なんで勉強しないといけないんですか?』

おそらく、

1回は思ったことがある疑問だと思う。


数学や理科なんて将来使わないし、

なんのためにやるの?

って。


いろいろな答えがあると思うけど、

私は努力するその過程にこそ

意味があると思う。

結果ももちろん重要だけど、

それ以上に、

努力したというその経験こそが

最も重要だと思うのだ。


努力した経験があれば、

社会人になって

どんな仕事をしたとしても、

その努力した経験を適応できるから。


だから、

別に勉強じゃなくてもいいわけ。

ピアノでも、

サッカーでも、

絵でも、

一生懸命努力できるなら、

その努力の過程を経験できるからね。


ただ、

やっぱり何にでも適応できやすいのが

勉強だと、私は思う。



話を戻そう。

Aさんは受験を通して、

努力する経験を学んだ。


今は社会人1年目として、

多くの壁にぶち当たっていると思う。

でも、

Aさんには

壁を乗り越える力がある。

あんなに努力できたんだから、

きっと大丈夫だ。



そんなAさんが

「塾を掃除させてください!」

と言ってくれた。

もちろん大歓迎だ!


空気清浄機や廊下や階段など、

たくさん掃除をしてくれた。


掃除してくれるAさん↓↓↓



本当にありがとね♪♪



せっかくなので、

Aさんに

今の気持ちを書いてもらった。


努力をするという経験が

社会に出てどう役に立つのか、

このブログを読んでくれている人に

知ってほしかったからね。


では、Aさんの気持ちをどうぞ↓↓







素敵な文章を本当にありがとう!!

またいつでも塾に帰っておいでね(^^)


保護者懇談会、その後、感涙の出来事


7月13日(土)に、

高1、高2の保護者の方を対象に、

保護者懇談会を行った。


内容は、

・4月からの進度や成績など、1学期の総括

・夏期講習について

・センター試験に変わる共通テストについて

・個別相談

だ。


高1、高2の保護者の方だけが対象だったのは、

今年度から英語の音読を新しく始めたことと、

共通テストが来年度から始まるから

その説明のため。


高3の保護者の方は、

冬に進路個別面談を行う予定です。



今回、

保護者懇談会を行ったのは、

保護者の方に

少しでも安心してほしかったから。


今年度から阪田塾と合併したこと、

センター試験が共通テストに変わることなど、

ご不安なことが多いだろうと思い、

私たちにできる精一杯を

お伝えさせていただいた。



正直に言うと、

保護者の方がどのように思われるのか、

どのように受け止められるのか、

私も阪田先生も

内心ではかなり緊張していた。


そのため、

懇談会の前日の

7月12日(金)は、

私と阪田先生の2人で

深夜24時近くまで話し合った。


資料を作ったり、

どのような話をするか考えたり、

役割分担したり。


どうすれば、

保護者の方が

安心して下さるだろうって。


まぁ、、、

懇談会本番は、

会場が直前まで開かなかったり、

プロジェクターを写すスクリーンが壊れたり、

個別相談の時間が押しまくったりと、

私たちの至らないことが多くて

本当に申し訳なかったです。。。


そんなこんなで

4時間にわたる懇談会を終え、

いろいろなご意見や、

たくさんの感謝の言葉をいただいた。

とてもありがたかったです。



懇談会が終わって

さすがにヘロヘロになり、

「今の我々には糖分が足りない・・・」

と言って、

コンビニのチョコクレープを

阪田先生と食べた。

(↑2人とも甘いの大好き)



そして

懇談会が終わった3日後、

なんとなんと、

ある生徒の保護者の方から

お手紙をいただいた!!


お手紙↓↓↓




このお手紙を読んで、

嬉しくて涙が出そうになった(T_T)


ブログ掲載の許可をいただいたので、

プライバシーの部分はふせて

お手紙の内容を載せようと思う。



いただいたお手紙↓↓↓






もうね、ほんと感動。。。



私が宮崎塾を創業したのは、

『1人でも多くの人を幸せにしたい』

という想いからだ。


目先の点数や成績ももちろん大事だけど、

何より、

生徒たちに幸せな人生を歩んでほしい。


ただ、

塾を創業して8年目になるけど、

教育に絶対的な正解なんてないから、

未だに手探りなわけ。


生徒たちのことを想って

授業も、

自習室の環境も、

テスト対策や受験対策も、

一生懸命やるんだけど、

うまくいくこともあれば

うまくいかないことも多い。

8年間、

毎日毎日試行錯誤の日々なわけ。


そんな中、

「宮崎塾の塾生はみんな幸せそう」

というお手紙をいただいたので、

そりゃもうね、

めちゃくちゃ嬉しいよね!


だって、

私は生徒たちを幸せにしたくて

塾を作ったわけだから。

最高の誉め言葉だ。


素敵なお手紙を

本当に本当に

ありがとうございました。

これからも

試行錯誤の日々ですが、

ご期待に添えるよう、

尽力致します。






高2の前期第二中間テストの結果

今日は高2の授業の日。
 
生徒たちに前期第二中間テストの

点数を書いてもらった。
 
 
今回の数学のテスト範囲は
 
「指数対数」、「数列」。
 

英語のテスト範囲は

単語や教科書など。

昨日の高1のブログと同じく、

英語って

数学のような明確な範囲がないよね・・・。


 
ちなみに、

学校の平均点は、

講座によってかなりバラつきがあるので

何を基準にしていいのやらわからん。


学校の数学の平均点は

「指数対数」「数列」

の順に、


(学校の理系の1番上の講座)
66.4点  70.8点


(学校の文系の1番上の講座)
48.0点  50.0点


文系の一番下の講座は

20点台かもしれないので、

学年の全体平均予想は

45点  47点

くらいかなぁ。



次に、

学校の英語の平均点は

「コミュ英」「英語表現」

の順に、



(学校の上から2番目の講座)
43.0点  45.0点


上から2番目の講座平均が

全体平均と同じくらいだとしたら、

学年の全体平均予想は

43点  45点

くらい?


なぞ。


 
 
では、宮崎塾高2前期第二中間テストの

数学と英語の結果を発表します!
 
 
ダカダカダカダカダとカダカダカダカ(←ドラムロールの音)
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダンっっ!!
 

(数学)
 指数対数  66.1点


 数列  71.9点
 


(英語)
 コミュ英  68.0点

 英語表現  67.6点


 


試験直前に

「数列」を一気に仕上げたにも関わらず、

生徒たちはよくがんばってくれた。


嬉しかったことは、

英語の試験で

前置詞や和文英訳をする際、

音読をしていたおかげで

リズムで答えがわかりました!

と何人もの生徒が言っていたことだ。


模試のリスニングについても

以前よりはるかに聞き取れるようになりました、

とも言っていた。


毎日の音読効果、すげぇ。



思うような点数が取れた人、

そうでなかった人、

色々な想いがあるだろうけど、

前に進み続けるしかない。


1つ1つは

小さな一歩だとしても、

踏み出し続ければ、

必ず目的地に到着できるからね。


また次の試験に向けて、

そして、

大学受験に向けてがんばりましょう!!


ちなみに、

高3は理系も文系も、

講座によってもテストがぜんぜん違うので、

平均点にほぼ意味がない。

よって、割愛です。


12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ