HOME > 宮崎興治の日常

宮崎興治の日常

宮崎、冬のみかん祭り


今日は

山崎、春のパン祭り

ではなく、

宮崎、冬のみかん祭り

の開幕日だった!


というのも、

保護者の方が

生徒たちのために

大量のみかんをくださったのだ!!


もう、ほんとーーーに

ありがたい!!!


ビタミン大事。


そのみかんたちがこちら↓↓↓




別角度からの神々しいみかん様たち↓↓↓




張り紙をそえて↓↓↓




生徒たちが塾に来ると、

みんな口々に

「おぉぉーーーー」

「うぉぉおおーーーー」

「ふおぉぉおおーーーーー」

と言って、

みかんを食べていた。


中には凍らせて

冷凍ミカンを作るツワモノまで(笑)。


あまりにも

みんなが一斉にみかんを食べていたので、

一時、塾内がめっちゃ爽やかなにおいに

包まれていた。


私は授業に行き、

授業が終わって箱の中を見てみると

な、な、なんと!

予想通りの結果に!!




















からっぽ↓↓↓



まぁ、

高校生たちにかかれば、

一瞬ですよね。

なくなるの、

早かった(笑)。



たくさんのみかんを

本当にありがとうございました!

みんなすごく喜んで食べていました(^^)

心より感謝いたします!


病気になって想った3つの事


ここ数日、

情けないことに

熱やら腹痛やらで

ダウンしていた。


やっと回復してきたのだけど、

病気になって想ったことが3つある。


1つめ。

ありきたりだけど、

病気になって

改めて健康の大切さがわかったということ。


病気になりながらも、

家でできる仕事をやろうとしたのだけど、

まっっったくはかどらなかった。

そもそも頭が回らん。。


毎日働かせてもらうことができるのは、

健康という土台があってのこと。


健康でいるときは

健康が当たり前だと思ってしまいがちだけど、

たまに病気になるから、

健康の大切さがわかる。


だからまぁ、

たまに病気になるのは

必要なことなのかもしれない。

進んでなりたくはないけどね。


同じように、

たまに人生で起こる良くないことというのは

幸せを感じるために

必要なことなのかもしれない。


苦しいとき、

どうにもならないときというのは、

誰もが経験する。


それを

ただ苦しいととらえるよりも、

幸せを感じるために

必要な経験ととらえた方が

少しは気持ちが楽になると思うのだ。


だから、

いいことも、そうでないことも

ぜーんぶひっくるめて人生ということだ。


話が少しそれた(笑)。


次、2つめ。

2日間、

ずっとダウンしていて、

3日目に少しだけ元気になったので

高3の授業を半分くらいした。


体はしんどいはずなのに、

生徒たちを前にして授業をすると

やっぱり楽しいわけ。


寝るのと、

働くのと、

楽なのは寝る方なのだけど、

楽しいのは働く方だと私は思う。


だって、

寝てたって誰もハッピーになってない。

自分一人が楽をしたって、

誰も喜んでくれない。

だから私はつまらないと思ってしまう。


働くって、

誰かの問題を解決するってことだから、

そこには感謝が生まれるわけ。


その感謝を受け取ることこそが

私にとっては喜びだから、

やっぱり働くことは楽しい。


「働くことはしんどい」

という風潮があるけど、

もちろんそういう側面もあるけど、

私は

「働くことは楽しい」

と思う。


ダウンして、

改めてそう思った。



最後、3つめ。

これが一番大きいのだけど、

阪田先生のありがたさ。


私は7年間、

たった1人だけで塾を経営してきた。


卒業生はウンウンとうなづいてくれると思うけど、

私が風邪などでダウンしたとき、

ダウンしたまま塾に行っていた。

だって、

私1人だったから。


で、

授業はお休みにして、

自習室だけを開けるわけ。


菌をうつさないように、

授業室に入って、

内側からカギをかけて

生徒たちが入れないようにして

何枚ものひざかけにくるまって

イスを並べてうなされながら寝ていた。


そして、

生徒たちが帰宅したら、

塾内を換気して、

フラフラしながら帰っていたわけ。


しかし!

阪田先生がいてくれるおかげで、

何も心配せずに

家で寝ていることができるようになった。


阪田先生から

「大丈夫ですか?」

「塾のことは任せてください」

などメッセージが届くことが、

1人だけで突っ走ってきた私にとって

どれだけ心強いか。


もう、ほんと感謝だ。

ありがたやー。



そんなことを想いながら、

ダウンしていた3日間でした。


本当にご迷惑をおかけしました。

もう大丈夫です。

すみませんでした。


【連絡】本日、11月8日(金)の授業は時間を変更させてください


今日は高3の授業なので、

ちゃんと回復して授業をしようと

努力をしたのですが、

ダメでした。。。


万全ではありませんが、

少しだけ授業ができると思うので、

次のようにさせてください。






振替として、

11月19日(火)に授業を行います。

本当に申し訳ないです。



一応、近況の報告です。


頭痛、腹痛、発熱あたりがあるのですが、

ノド、鼻に異常がないので、

食中毒だとお医者さんが言っていました。


熱は引いたのですが、

腹痛が常にある感じです。。。

食べ物が食べれないので、

3日間、

ほぼリンゴとポカリだけの食生活で、

体力が底辺という状況です。


点滴を打ったり薬を飲んだりして

体調は良くなっていますので、

明日以降の授業からは

おそらく大丈夫だと思います。


ご迷惑をおかけして

本当に申し訳ございません。


【連絡】本日、11月7日(木)の授業はありません


本当に申し訳ないのですが、

宮崎が体調不良のため、

本日11月7日(木)の

高2の授業はお休みさせてください。


振替として、

11月18日(月)に授業を行います。


今日の音読はいつも通りあります。
(阪田先生が来てくれます)


毎週木曜日にやっている小テストですが、

1週間分ずらして行います。

来週の木曜日に、

今日の範囲を行います。


また、

高2の数学Ⅲの授業を受講している生徒は

次回11月11日(月)に

関数・極限(前半)

の確認テストを行うので、

しっかり勉強しておいてください。




病院に行って検査しましたが、

インフルエンザではなかったので

安心してください。


早く治るよう、がんばります!


本当にごめんなさい。

10月30日(水)から本屋をオープンします!


前回のブログで書いたけど、

本屋さんをオープンします!


まぁただ、

塾の生徒たちが最優先なので、

開業時間は

とりあえず

毎週水曜日の

16時~20時の4時間だけ。

つまり、

1週間で4時間しか開かない

ナゾの本屋さんだ(笑)。


ということで、

まずは

10月30日(水)の

16時に初開店します!!


場所は

宮崎塾のすぐ隣!!


店の名前は

「となりの宮崎塾の人がやっている本屋さん」(笑)。








本は

最初の画像にあるように

1冊1冊一生懸命、

私が手書きで書き込んだ本たち。


実は

まだあんまり本を

作れてはいないんだけど、

まずは開店して、

店をやりながら

本をじっくり仕上げていければ

いいかなと考えている。


ぶっちゃけ

まだ3割くらいしかできてないので、

もし店に来たら

「あ~、ほんとにまだ3割だな( ̄▽ ̄)」

と思ってください(笑)。



本の良さを広めて

たくさんの人にハッピーになってほしいので
(特に卒業生と生徒たちに)

一生懸命がんばります!


興味のある方、

ぜんぜん買わなくていいので

まずは店に来てみてください!

お待ちしております('ω')ノ



幸せな人を増やすために ~その2~


(前回の続き)

2つ目は、

もっとたくさんの人を

幸せにしたい

ということについて。


年に数回、

数学の研修会などで

宮崎塾以外の生徒たちに

数学を教えることがある。


ほとんどの生徒は

普通に授業を受けるだけなのだが、

中にはその1回の授業をきっかけに

数学に目覚める生徒たちが

何人かいた。


それまで定期テストが

40点くらいだったのに、

数学が楽しくなったようで

80点以上取れるようになった

生徒もいた。


そのような嬉しい報告を頂く度に、

もっと多くの生徒たちに

数学の楽しさを届けたいと

思うようになっていった。


もちろん、

一番大切なのは

目の前の生徒たち。

これは何があっても変わらない。


だから、

宮崎塾の仕事は今まで通りで、

自分が休んでいる時間を

もっと多くの人に

数学の楽しさが届くような時間に

なればと思うのだ。




だから、結論。

ユーチューバーになります!!


ユーチューブなら、

自分の休みの時間に

動画を撮ることができるし、

どんな人でも

いつでも見ることができる。


ただ、

普通に数学の動画を羅列しても

あまり意味がない。

すでに

たくさんの数学動画が

ユーチューブに存在するからね。


そこで考えたわけ。

自分が世の中に対して

できることは何だろうと。


私はこれまで

数学検定の本を

6冊執筆している。

あと、

数学検定1級を持っている。

そして、

現時点で

日本に6人しかいない

「数学シニアインストラクター」

という資格を持っている。


だからこう思ったわけ。

数学検定の動画を撮ろう!

と。


というわけで、

早速交渉へ。

2カ月前に東京に行ったとき、

数学検定協会様の方に

「数学検定や数学の楽しさを

 ユーチューブで広めたいので、

 数学検定の過去問を使用できる

 許可をください!!」

とお願いした。


もちろん、

数学検定の問題は

日本数学検定協会様に

著作権がある。


しかしながら、

私が

日本数学検定協会認定の

数学シニアインストラクター

であることと、

これまで数学検定の本を

6冊執筆しているという理由から

「宮崎さんなら!」

とおっしゃってくださり、

特別に許可を頂くことができた。

本当にありがとうございます!!


つまり私は、

日本で初の

『数学検定ユーチューバー』

になれる許可をいただいたのだ!!


しかも、

阪田先生の紹介で、

最強のユーチューブパートナーが

味方になってくれた!!

もうね、

私が動画を撮った後の

編集作業などは

そのパートナーの方に

ぜーんぶ丸投げできる(笑)。


だから

かなり時間を短縮して

動画を作成することができるわけ♪


睡眠時間を削りながら

ちょこちょこ動画を作成・編集していて、

近々動画をアップロード

することができると思う。


動画を公開できたら

また報告します!


これで、

日本中の

数学検定に合格したい人や

数学を楽しく学びたい人を

ハッピーにできるし、

数学検定協会様にも

数学検定を広めることができるので

恩返しができる。

さらに、

塾の生徒たちも

数学の復習になるし、

保護者の方にも

私がどんな風に教えているのか

届けることができる。


まぁ、

何度も何度も言うけど、

私にとって一番大切なのは

宮崎塾の生徒たちだ。


本屋もやるし、

ユーチューブもやるけど、

これまで通り

目の前の生徒たちが最優先だ。


感覚的には

100の時間があったとして、

塾→94

本屋→3

ユーチューブ→3

という感じ。


まぁ、

実際には

私の休みや睡眠を削るので、

塾→100

本屋→3

ユーチューブ→3

なんだけどね(笑)。


そして

受験シーズンになったら、

本屋もユーチューブも

お休みになると思う。


どれだけできるかは

わからないけど、

私が死ぬときに

たくさんの

「ありがとう」

を言ってもらえるよう、

これまで以上に

がんばっていこうと思う。


そして、

私の背中を通して、

働くことは楽しいのだと

生徒たちに伝わればいいな、

と思う。



いろいろなご意見が

あると思いますが、

どうかどうか

応援していただければ

幸いです(^^)



幸せな人を増やすために ~その1~


いつも言っていることだけど、

私は数学を教えたくて

塾を経営しているのではない。

人を幸せにしたくて

塾を経営している。


私は数十年後にこの世からいなくなる。

その死ぬまでの間に

どれだけの

「ありがとう」

を集めたかが、

私にとっての人生の幸せの尺度だ。


たくさんの「ありがとう」を集めるために、

つまり、

たくさんの人を幸せにするために、

自分に何ができるだろう?

そう考えたときに、

それが私にとっては、

数学を教えることだったのだ。

だから宮崎塾を創業した。


今年で宮崎塾を経営して

8年目になるけど、

いつも思っていたことが2つある。


1つ目は、

卒業生や生徒や保護者の方を

もっと幸せにしたいということ。


2つ目は、

もっとたくさんの人を

幸せにしたいということ。


それで、

何年も考えた結果、

次のような結論に至った。


まず1つ目の、

卒業生や生徒や保護者の方を

もっと幸せにしたい

ということについて。


卒業生と話していると、

「大学生や社会人になると、

あまり勉強をしなくなりました」

ということをよく聞く。


実際、

政府の統計データによると

社会人の平日の平均勉強時間は

なんとなんと、

たった6分だというのだ!


つまり、

私が卒業生たちから感じていた感覚は

そんなに間違っていなかったわけ。


でもね、

逆に言うと、

大学生や社会人になっても

勉強をし続けることができれば、

一気に成功できる確率が上がるわけ。


じゃあ、

何の勉強をするの?

ってことだけど、

最もコスパがいいのは

ダントツで

『本を読むこと』

だと私は思う。


私は本を大量に読んで実行することで、

まさに人生が変わった。


だから、

卒業生にも生徒たちにも、

もっと本の素晴らしさについて

知ってもらいたいのだ。


これまで

ホームページ上で本紹介をしたり、

卒業生や生徒たちに

お勧めの本を貸したりしてきたけど、

なかなか本の良さを伝えきれなかった。


だから、結論。

本屋を開業します!!

もちろん、

これまで通り

塾を全力でやりたいので、

本屋の営業時間は

1週間で4時間ほどの予定だ。

まぁ、水曜日の16時~20時

って感じかなぁ。



そして、

目的は本の良さを伝えることなので、

まず、

私が厳選した最高の本しか置かない!

加えて、

その厳選した本1冊1冊に

私が書き込みをする。

良いと思った箇所にマーカーを引き、

私はこんな行動をしたから、

こんな結果になった、

というように。

大体1冊につき12箇所の書き込みだ。

そうすることで、

普通に本を読むよりも、

もっと楽しんで

本を読むことができると思うのだ。


これはもともと

キングコングの西野さんが考案した

「しるし本」

というアイデアだ。

ただ、

西野さんがブログで

「アイデアは共有財産だからOK」

ということを書いていたので、

その「しるし本」を形にして

お店にすることにした。


そして、

本屋をやることで、

保護者の方とのコミュニケーションを

もっと増やせればいいな、と思う。

保護者の方は

気を遣って塾に入りにくいと思うのだけど、

本屋なら気軽に入れると思うのだ。


もちろん、

本を買わなくて、

ただ話に来ましたっていうのでOKです!


卒業生や生徒たちには

もっと本に興味を持ってもらうことができるし、

保護者の方とは

コミュニケーションを増やすことができる。

そして、

近隣の一般のお客さまにも、

本に興味を持ってもらうことができる。


だから、

赤字は目に見えているのだけど、

というか、

そもそも1週間で4時間しか

営業するつもりがないので、

どう考えても大赤字なのだけど、

それでもやる価値はあると思うのだ。


だって、

卒業生や生徒たちや保護者の方の

ハッピーを増やすための

本屋だからね。



2つ目は、

もっとたくさんの人を

幸せにしたいということだけど、

長くなったのでまた次回~。


(続く)


【連絡】本日、10月23日(水)の授業はありません


阪田先生が発熱のため、

本日の授業はありません。

11月3日(日)に

振替授業を行います。

ごめんなさい。


本日の

音読、確認テストのアゲインは

宮崎が見ます。


字が汚いですが、

詳しくは次の写真を見てください。






高1の前期期末テストの結果

高1の生徒たちに

前期期末テストの点数を書いてもらい、

今日、点数の集計が終わった。
 
 
今回の数学のテスト範囲は
 
「論理、場合の数」、「確率」。


英語のテスト範囲は

単語や教科書など。

教材もたくさんあって、

数学のような明確な範囲がない。

うむむ。
 


ちなみに、

学校の全体平均点は、


(数学)
論理、場合の数 65.4点

確率 53.7点


(英語)
コミュ英 70.0点

英語表現 不明


だったらしい。


英語表現の全体平均は

言われてないみたい。

 
 
では、宮崎塾高1前期期末テストの

結果を発表します!
 
 
ダカダカダカダカダとカダカダカダカ(←ドラムロールの音)
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダンっっ!!
 


(数学)
 論理、場合の数  78.9点

 確率  63.2点
 

(英語)
 コミュ英  73.2点

 英語表現  75.6点


 

難しい問題が多い中、

生徒たちはよくがんばってくれた。

特に、

数学の確率のc講座問題は

大学入試で良く出る

確率の最大値が出題されていて、

おそらく北高の1年生は

ほぼ壊滅だったと思う。

それくらい

確率は難しいテストだった。



今回のテストで

思うような点数が取れなくて、

涙を流している生徒がいた。


それはとても尊いことだと私は思う。

だって、

必死にやったから、

悔しいという気持ちが

生まれるわけだからね。


手を抜いている人は、

悔し涙なんて絶対に流さない。


もし思うような点数が取れなかったとしても、

涙を流している時点で、

あなたはすごくがんばってきたんだよ。

その努力と悔しい気持ちは

次回のテストにきっと活きてくるし、

あなたの人生にきっと活きてくるからね。


今回のテストで、

そして、

最近返却された模試結果で

みんないろいろ思うことがあると思う。


でも、

魔法のように成績が上がることはない。


一歩一歩積み上げて、

少しずつ成績を上げていくしかない。


努力できる環境は整えてあるから、

またみんなで一緒に

がんばっていきましょう!



高2の前期期末テストの結果

今日は高2の授業の日。
 
生徒たちに前期期末テストの

点数を書いてもらった。
 
 
今回の数学のテスト範囲は
 
「微分積分」、「平面ベクトル」。
 

英語のテスト範囲は

単語や教科書など。

英語って

明確な範囲がないから困るよね。


 
ちなみに、

学校の平均点は、

講座によってかなりバラつきがあるので

何を基準にしていいのやらわからんし、

そもそも最近は平均点を出してくれない。


学校の数学の平均点は

マジで不明。

どの講座も教えてくれなかったらしい。。。

ショック!

まぁ、何となくだけど、

全体平均が55点くらい?

わからんけど。



次に、

学校の英語の平均点は

これまた不明。

平均点を出してくれぇぇぇー!(絶叫)


ただ、唯一、

コミュニケーション英語の平均点を

言ってくれた講座があったみたい!


学校の上から3番目の講座が

39点だったとのこと。


全体平均は、

なぞ。


ほんとなぞ。


果たして、

学校平均がわからんのに、

塾平均を出す意味があるのか。

うーむむむ(-_-)
 
 
まぁ、気を取り直して、
 
宮崎塾高2前期期末テストの

数学と英語の結果を発表します!
 
 
ダカダカダカダカダとカダカダカダカ(←ドラムロールの音)
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダカダカダカダカダカダカダカダカ
 
 
ダンっっ!!
 

(数学)
 微分積分  75.7点


 平面ベクトル  82.3点
 


(英語)
 コミュ英  64.1点

 英語表現  64.4点


 


点数だけを見ると

本当よくがんばってくれている!

ただ、学校平均がまったくわからんので、

どうなのかわからん!!


うむむ。


今回点数が良かった人も、

そうではなかった人もいると思うけど、

私は結果よりも

過程に意味があると思っている。


つまり、

どれだけ努力できたか。


自分の胸に手を当てて、

『これ以上できない』

と思えるくらいまでできた人は、

点数が良くてもそうでなくても、

それだけで素晴らしいと思う。


その積み重ねこそが、

将来のあなたの

努力できる素地に繋がるからね。


今回、

限界まで努力することができなかった人は、

次回のテストでがんばりましょう!


勉強で努力する過程を通して、

あなたが幸せな人生を歩めるように。



ちなみに、

高3は理系も文系も、

講座によってもテストがぜんぜん違うので、

割愛です。


高1は集計中なので、

しばしお待ちをm(_ _)m




12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ